転職の履歴書の書き方 気づかずに使用しているヤバい書き方とは?

転職活動

転職の履歴書の書き方って迷いますよね。

転職を始めようにも、転職エージェントに登録しようにも、最初に求められるのは履歴書や職務経歴書の作成です。

なんとなく書き方は分かるものの、その書き方は正しいのか、印象としてはどうなのか?

気になっている人は多いのではないでしょうか。

今回の記事ではその転職の履歴書の書き方について記載していきます。

 

スポンサーリンク

履歴書は見られている

履歴書はいつ使われる?

まず初めに、記載した履歴書はいつ使用されるのか?について考えてみると、主に書類選考時と面接時ですよね。

ココで見られるのは、応募者に『会ってみたいかどうか』が判断されます。

採用側は全国から送られてくる多くの履歴書に目を通しています。そのため、限られた時間内で履歴書に記載された文面上だけでその人の人柄を判断する必要があります。

文字が汚かったり、適当や雑な書き方をしていたりすると、そのままの印象が採用側に伝わります。

そうなると書類選考にも通らない可能性があるので注意しましょう。

 

履歴書の入手について

履歴書は様々な形式があり、無料でダウンロードすることも可能です。

履歴書・職務経歴書の書き方【Word形式を無料ダウンロード】
履歴書・職務経歴書の書き方やサンプル・テンプレートのフォーマットを無料・登録等不要でダウンロードできます。

市販のものを購入使用することには問題ありません。

注意すべきなのは、アルバイト用の簡易的なものと、社員用のものがあるため、そこは間違わないようにしておきましょう。

転職エージェントなどから見本をもらうことも可能です。

 

 

 

 

履歴書提出前のチェックポイント

  • 誤字脱字が無いか
  • 実績が定量的・相対的・具体的に記載されており、わかりやすいかどうか
  • 自己PRや志望動機がしっかりと記載されているか
  • 面接時に突っ込ませたい情報が記載されているか(上級)
  • 履歴書を使いまわししていないか
  • 雑な書き方をしていないか
  • 文章に熱意が込められているか
  • 職務経歴や在籍期間、学歴等に偽りはないか
  • ですます調とである調が混在していないか

 

 

転職の履歴書の書き方 気づかずに使用しているヤバい書き方とは?

ここでは、転職の履歴書の具体的な書き方について記載していきます。

履歴書の確認事項:誤字脱字が無いか

『誤字脱字くらい…』っていう考え方はかなり危険です。

人事担当者や採用担当者は候補者が優秀な人材かどうかを判断するのが仕事です。

そのため、履歴書や職務経歴書のようなわずかな情報からでも、応募者がどのような人物かを判断します。

通常のビジネスとして考えてみるといいかもしれません。数千万規模の案件において書類に誤字脱字があれば、大きな問題に発展しかねないですよね。

また、仮に候補者二人に絞られたときに、どちらを採用するか比べられた場合、誤字脱字のようなミスで不採用になるのは嫌ですよね。

なので、誤字脱字に関しては身近でありながらもチェックを徹底すべきでしょう。

誤字脱字がないかについては、転職エージェントにチェックしてもらうことが可能です。

漢字・数字・全角・半角等についても正しく表記されているかチェックしてもらいましょう。

 

 

 

履歴書の確認事項:実績が定量的・相対的・具体的に記載

転職活動を行ううえで、見られるポイントとして、前職でどのような活躍をしてきたのか?ということころかと思われます。

果たしてこの人材は使えるのか?結局はここが注目されます。

企業が人を採用する場合においても、高い採用広告費をかけているため、より効率的かつコストパフォーマンスの高い候補者を雇いたいという思いが強いことは言うまでもありません。

そのため、候補者がこれまで二度のような活動を行い、どのような実績があるのか?については非常に通目されるポイントかと思います。

では、それらの成果や実績はどのように記載すべきなのか?

答えは単純です。成果は定量的に、相対的に、具体的に記載する事が重要です。

人によって『程度』の感じ方は異なるかと思いますが、数字などを見せて定量的に成果を記載するとわかりやすいですよね。

更に、定量的に実績を記載した後には、なぜそのような成果を出すことができたのか?を聞かれる場合が多いでしょう。

そのあたりは5W1Hを用いて具体的に回答できると、採用側も読みやすくわかりやすいですよね。

 

 

 

履歴書の確認事項:自己PRや志望動機がしっかりと記載されているか

簡単に自己PRに記載すべき内容を記します。

  • 自分の能力やスキル
  • 得意なこと
  • 人間性
  • どのように企業に貢献できるか

 

志望動機に関しては、多くの方が迷うポイントかと思います。

『なぜその企業で働きたいのか?』ということを伝える必要があります。

ただ、似たような企業も多いので、この部分に関しては表面的な経験だけでは記載出来ない場合も多いでしょう。

この部分に関しては入念な下調べと自身のキャリアの強みと、どのように貢献できるのかというところを強調して記載する必要があります。

多くの人が勘違いしているのは、志望動機ではなく退職動機である場合ですね。

以前の会社でパワハラにあって・・・

給料が安くて・・・

という、『なぜ退職したのか?』というところを無意識に記載している場合が多いようです。

『なぜその企業を志望したのか?』にフォーカスを置いて記載するようにしましょう。

 

 

 

 

 

履歴書に書くべきではない内容は?

前提として、どのような優秀なビジネスパーソンだとしても、完璧な人はいません。

何かしら人には隠したい部分はありますよね。

それらすべてを履歴書に晒す必要は不要です。

『何を言うべきかよりも、何を言わないべきか?』が大切になってきます。

例えば、TOEICのスコアです。企業によってはそれなりの高スコアが求められる場合も多いですよね。つまり定量的に測れる英語力ということで、重視している企業も少なくはないはず。

ただし、一般的にTOEICのスコアは700点以下の場合、逆効果になりやすいです。

『それしかできないの?』といった目線で見られがちということですね。

そのため、自慢できるくらいのスコア出ない場合は隠しておいた方が良いかもしれません。

 

趣味に関しても同じです。

スポーツ等、その企業自体も活動している趣味に関しては好印象を与えることが多いですが、ギャンブルや競馬、タバコなどのマイナスなイメージにつながる趣味については、記載しない方が良いでしょう。

 

 

 

 

あなたにオススメ!

もし現在、転職エージェントを探しているのであれば、以下の転職エージェントがお勧めですよ。

年収1000万以上の求人も多数募集しているクローズドな転職エージェント『Life Career Vision』さんです。

①あらゆる業種に特化したキャリアコーディネーターが在籍

総求人数約2000件、年間面談数も350件以上の各業種に特化した専任のキャリアコーディネーターが待機している転職エージェントです。

②書類審査でも求人企業の採用担当者と直接交渉を行います!

転職エージェント側の判断で、応募者の経歴が募集要項に合っていなくても、求職者様の人柄など書面では分からない点を企業に伝える事により、書類審査通過率が高くなる場合があります。

③担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます!

希望する企業の過去の面接事例や質問されるポイント、面接官の人柄や企業が求めているどんな人物像や今までにどんな採用をしているのかなど、担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます。

 

この記事を見ていただいた方だけにご紹介している転職エージェントです。

転職サポートに興味がある方はこちらからどうぞ!

※以下の非公開パスワードをご使用ください。

PASS:AA1831

 

転職エージェントに興味がある方はこちらから

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ