面接で転職理由に人間関係の嘘を言ったらどうなる?失敗は?

転職活動

転職活動での面接。

転職時に行われる面接にはいろいろな質問が想定されますが、中でも多いのが前職を辞めて、転職をすることになった理由ですよね。

転職の動機は言いづらいことや、大きな声では言えないこともあるかと思います。

本当の転職するに至った経緯を、面接時に本音で話すべきものなのでしょうか。

給料や仕事内容のほかにも、職場の人間関係などに対する不満があって転職を決意した人もいることでしょう。

前の職場で働いていては、家族の介護ができないからという理由を持つ人もいます。

仕事をしなければお金が稼げません。

しかし、ここで問題となるのが転職する理由を正直に言うべきかということです。

 

 

スポンサーリンク

転職理由について多くの人が誤解している間違い

いままでの仕事を辞めた理由として、ネガティブなことを言えば、新しい仕事でもまた不満があれば辞めてしまうと、採用担当に受け取られる恐れがあります。

とはいえ、実際にそれが転職理由だと思っているならば、そのような発言をすることになるでしょう。

そういった場合の転職理由としては

  • 前職がブラックだった
  • 給料が少なかった
  • やりたい仕事をさせてくれなかった
  • 上司が嫌いだった

転職理由としてありがちなのはこういった例ですよね。

これを転職理由として話してしまうと、相当印象が悪くなりそうじゃないですか?

「前職がこんなにブラック企業だったんです!」

「給料がこれだけだった!」

しかし、これは実際は良くある話なので、この話自体にはそこまでの悪い印象には繋がりません。

問題なのは、別のところです。

 

ほとんどの人が間違う理由は『退職理由』

そう、これまでの転職理由として挙げられた

「前職がこんなにブラック企業だったんです!」

「給料がこれだけだった!」

というのは、転職理由ではなく退職の理由なんですよね。

ブラック企業だったから会社を辞めた。給料が少なかったから会社を辞めた。

全て辞めるための行動です。

では、転職の理由は何でしょうか。

前職を離れ、新しく他の企業に転職する理由は?

これが、多くの人が答えられないまま転職に挑んでしまっているんですね。

ただ、面接官としては、転職によってどのようなことを叶えたいのか?という前向きな回答を期待しています。

退職理由はネガティブであってもOKなんです。

転職後に期待すること、かなえたいことはポジティブでなければこの企業に転職しようと思いませんよね。

なので、退職理由はひとまず置いておき、どんな仕事ができる会社に入りたいか?について一度考えてみてもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

面接で転職理由に人間関係の嘘を言ったらどうなる?失敗は?

嘘の受け答えをしてしまうと、質問でより深い内容を求められたときに、筋の通った内容のある話ができなくなることもありますよね。

採用担当者にいい印象を持たせるために、ある程度はネガティブな理由を別の視点でポジティブな内容にしていくことはできると思いますが、追及されると隠しきれない場合もあるでしょう。

その場合はウソは厳禁となります。

 

嘘が厳禁の理由1

まず、面接官は転職希望者以上に人を見ているため、嘘はバレます。

変な言い回しだったり、些細なしぐさや、切れ味の悪い発言、そして緊張した空気から何かを隠しているといった空気はすぐに伝わります。

なので、嘘はつかない方が賢明です。

 

ウソがトラブルのもとに

些細なウソならごまかすことは可能かもしれませんが、経歴を偽るようなウソは後々に重大な問題を引き起こす可能性が高いです。

経歴については隠したい人も少なからずいるでしょう、

その部分が無ければ経歴としても綺麗になる場合もありますからね。

例えば「解雇された事実」や「長期間の休職」です。

これらに関して隠していると、仮に内定を勝ち取った後にその事実が発覚すると、内定取り消し、最悪の場合、懲戒解雇になる可能性があります。

こういった事実に関しては隠すことなく正直に伝えましょう。

 

言いにくいことでも正直に伝えることは好印象につながります。

逆に部下が言いづらいことを隠すような人だったら一緒に仕事をしたいと思うか?を考えてみるといいかもしれません。言いづらいことでも正直に話そうとする人の方が一緒に仕事をしたいと思いますよね。

 

 

 

 

転職理由を聞く理由

転職理由についてはどこの面接でも1度は聞かれるのではないでしょうか。

ではなぜ転職理由について質問するのか?

挨拶のようなもの

仮に、面接官の気持ちになってみると分かるかもしれません。面接官だって初めて会う方と話をするのはある程度緊張もあるでしょう。

そのため、『あなたはどんな人ですか?』ということを知るために、まずは転職理由を聞いてみようとおもうのは、セオリーかなと思います。

 

入社後に止めてしまうような人物か?

最近では転職も一般的になり、転職がそこまで珍しいことでは無くなってきました。

とはいえ、やはり転職は人生で何度も行えるものではないですよね。

ここで面接官が気になるのは、今回の転職が決まり、入社が決定したとして、すぐ辞めてしまわないだろうか?ということ。

どのような理由にせよ、内定後にすぐ辞められるケースもありますからね。

軽い気持ちで辞められてしまっては困るということから、転職理由を聞いているのだと思います。

 

 

 

 

ダメな転職理由の回答例

では、転職理由の回答例について見ていきます。

他責思考

おそらくこの思考が強い人は、対人関係でも問題を抱えているのではないでしょうか。

人と人とが関わる仕事である以上、職場で少なからずそりの合わない上司や同僚はいますよね。もしくは取引先にいるかもしれません。

転職理由として取り上げた内容がそういった『会社の人や環境』の事を理由にしていると、転職先でも同じことを起こすのではないか?ということを懸念しますよね。

なので、他責思考の方は面接でかなりマイナス評価につながりやすいです。

 

 

あなたにオススメ!

もし現在、転職エージェントを探しているのであれば、以下の転職エージェントがお勧めですよ。

年収1000万以上の求人も多数募集しているクローズドな転職エージェント『Life Career Vision』さんです。

①あらゆる業種に特化したキャリアコーディネーターが在籍

総求人数約2000件、年間面談数も350件以上の各業種に特化した専任のキャリアコーディネーターが待機している転職エージェントです。

②書類審査でも求人企業の採用担当者と直接交渉を行います!

転職エージェント側の判断で、応募者の経歴が募集要項に合っていなくても、求職者様の人柄など書面では分からない点を企業に伝える事により、書類審査通過率が高くなる場合があります。

③担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます!

希望する企業の過去の面接事例や質問されるポイント、面接官の人柄や企業が求めているどんな人物像や今までにどんな採用をしているのかなど、担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます。

 

この記事を見ていただいた方だけにご紹介している転職エージェントです。

転職サポートに興味がある方はこちらからどうぞ!

※以下の非公開パスワードをご使用ください。

PASS:AA1831

 

転職エージェントに興味がある方はこちらから

 

コメントをどうぞ