塚原千恵子(つかはらちえこ) 顔画像や経歴!女子強化本部長?宮川紗江にパワハラした本人?

スポーツ・五輪

体操の日本代表選手の宮川紗江(みやがわさえ)選手の会見が話題となりました。

その中で、速見佑斗(はやみゆうと)コーチのパワハラ報道を否定する内容でしたが、

その一方で、

日本体育協会側にパワハラがあったと、大きく流れが変わろうとしています。

宮川紗江選手に言葉による暴力を行っていたのは、塚原千恵子(つかはらちえこ)女子強化本部長とのこと。

画像や経歴について見ていきます。

 

スポンサーリンク

塚原千恵子(つかはらちえこ) 顔画像や経歴!

まず、今回パワハラを行ったとされる塚原千恵子(つかはらちえこ)さんの画像はこちらです。

 

  • 名前:塚原千恵子(つかはらちえこ)
  • 旧制:小田千恵子(おだちえこ)
  • 生年月日:1947年8月12日(71歳)
  • 出身:長崎県
  • 学歴:長崎県立長崎西高等学校ー日本体育大学卒
  • 所属:朝日生命体操クラブ女子監督

どうやら、塚原千恵子さんの一家は名選手にあふれているようですね。

まず、夫は塚原光男(つかはらみつお)さんで、3大会で金メダルを獲得されています。

また、息子はアテネ体操団体で金メダルを獲得した塚原直也(つかはらなおや)さんです。

 

また、塚原千恵子さんの経歴についても見ていきます。

全日本学生体操競技選手権大会で個人総合優勝(1967年)

全日本選手権5位入賞(1967年)

夏季ユニバーシアード(東京)女子団体 金メダル(1967年)

オリンピックにも出場されています。

 

 

現在は引退し、指導者として活躍しているようですね。

朝日生命体操クラブの指導者となり、多くの五輪選手を輩出しているとのこと。

これによって、多くの実績を残したことから、日本体操協会の女子強化本部長に就任したようですね。

 

ただ噂によると、塚原千恵子さんは、自身が所属する朝日生命所属の選手が他のチームへ移る場合、移籍先チームへの圧力や、朝日生命の出入り禁止などが行われたとの話もあるようです。

現在では、塚原千恵子さんは日本の体操界において大きな影響力を持つ人物となっているようですね。

 

塚原千恵子 のパワハラの内容とは?

では、ここから宮川紗江選手が塚原千恵子さんから受けたパワハラの内容について見ていきます。

まず、宮川紗江選手が朝日生命体操クラブに入れられそうになったところ

これからも家族とともに速見コーチを信頼して一緒にやっていく

と断ったところ、

家族でどうかしている

と、終始高圧的な態度で言われたとのこと。

そのことから分かることとしては、

速見コーチの過去の暴力を理由に、速見コーチを排除して

塚原千恵子さんが所属する朝日生命に入れる目的なんだ

ということを宮川紗江さんは確信したようです。

これにより、宮川紗江さんは

とにかく絶望的な気持ちになったそう。

 

 

そして、

東京オリンピックに向けて協会主体で発足された特別強化プログラム。

速見コーチがいないそのプログラムに参加しないことを

塚原千恵子さんに伝えると、

今後、協会としてあなた(宮川選手)には協力できなくなる

と、言われたそう。

さらには

オリンピックにもでられなくなるわよ

という発言もあったそう。

これによって、宮川選手はこれまでにない恐怖を感じたとのこと。

 

 

宮川紗江 会見の動画や内容は?

宮川紗江選手の8月29日の会見の動画はこちらです。

 

 

この会見においては、速見コーチの暴力については認めつつも、パワハラについては否定していました。馬乗りになって殴られたなどといった事実は一度もないとしています。

その上で、

『塚原強化本部長』が大きな権力を持っているとして訴え、

代表選考の基準が本部長の言うことを聞くか聞かないかにある

ということを断言しています。

まさにアメフトの日大パワハラ問題を彷彿とさせる内容ですね。

 

具体的にパワハラの内容としては以下となります。

宮川は会見の中で、日本体操協会からパワハラ行為があり、塚原千恵子女子強化本部長が女子監督を務める、朝日生命体操クラブに加入させられそうになったなどと語った。

(中略)

その上で「速見コーチの聴取すら行われていない段階で、最初から過去の暴力を理由に朝日生命に入れる目的だと確信し絶望した。強化本部長が大きく関わっていたのは間違いない」などと語った。「私の意思は朝日生命に入ることではなく、コーチと一緒にやっていくことなので、心は動かなかった」とも強調した。

そして「権力のある人には、1人の選手の人生は関係ないんだと思った。言いたくても言えば、何をされるか分からない選手、コーチ、審判もいると思う。それは権力を使った暴力。純粋に強くなりたい」と訴えた。さらに「協会にはパワハラの事実を認めていただきたい。18年しか生きていませんが勇気を持って立っています」とまで言い切った。

出典:https://www.nikkansports.com

 

金メダルが有力な宮川紗江選手を朝日生命に引き抜きたいがゆえに行った行為ではないか?

と、予想されますね。

また、塚原千恵子さんの夫である塚原光男さんについても

疑惑の目が向けられているようですね。

 

 

パワハラ被害を受けた他の選手は誰?

また、会見では新たなことも明らかになっています。

というのは、宮川選手の会見では、パワハラ被害を受けたのは自分だけではなく、『他にも、そういう選手はいます』と明言しています。

この流れから考えると、

パワハラを受けた選手は宮川紗江選手のように、世界的に有力な選手であることが予想されます。

つまりは、朝日生命に所属させたいという意向があるのでしょう。

現在のところ、その選手が誰なのかについては明らかになっていません。

 

考えられる選手、エンジェルJAPANのメンバーでは、以下のメンバーが考えられます。

  • 村上茉愛
  • 笹田夏実
  • 寺本明日香
  • 井上和佳奈

こちらが、そのメンバーが衆生している日本女子団体のリオ五輪の動画になります

 

 

現在のところ、他にパワハラを受けたメンバーは手を挙げていませんが、

仮に発覚した場合は東京五輪について大きな問題となることは明らかです。

個人的には、日本体操協会は有力なコーチを潰し、火種を残し、何をしたいのか理解できません。

 

宮川紗江選手は18歳という若い年齢ながら、勇気ある会見に臨みました。

これを日本体操協会は対応されるのでしょうか。

今後、東京五輪の見方も変わるほど、大きく注目したいところです。

 

コメントをどうぞ