シロナガスクジラ 国内初!画像は?最大の絶滅危惧種が由比ヶ浜に

5日に神奈川県鎌倉市で見つかった体調10メートルほどのクジラ(発見当初はヒゲクジラとされていた)は

シロナガスクジラであることが判明しました。

打ち上げられたのは今年生まれたと推定されるオスの赤ちゃんで

発見時にはすでに絶命していました。

国内の海岸に打ち上げられたのは初めてのことで、世界的にも大変珍しいということです。

スポンサーリンク

 

 

シロナガスクジラ 国内初!画像は?最大の絶滅危惧種が由比ヶ浜に

シロナガスクジラが由比ヶ浜に打ち上げられるという、珍しいニュースが飛び込んできましたね!

打ち上げられたのはまだ子どもということなので、親がまだ近海にいるかもしれません。

日本海域で普段は目にすることのない場所での生物が

相次いで目撃されているような気がします。

ここ最近では、富山県で珍しいツノシマクジラが出現したり

ミナミバンドウイルカの群れが目撃されています。

そういった珍しい生き物を発見した直後には、巨大地震が来る!

そういった話がありますよね。

シロナガスクジラは本来、全海域に生息しているので

どこにいてもおかしくはないですが、海岸に打ち上げられるというのは非常に珍しいことです。

異常気象の影響か、何かの前触れか…気になるところですね。

シロナガスクジラ 国内初の報道詳細

 神奈川県鎌倉市の海岸に5日、体長10メートルあまりのクジラが打ち上げられているのが見つかりましたが、国立科学博物館などによる調査で、シロナガスクジラのオスの赤ちゃんと判明しました。

 世界最大の動物として知られるシロナガスクジラが海岸に打ち上げられたのが確認されたのは日本では初めてで、世界的にも珍しいということです。

 クジラはすでに死んでいて、6日午後にも死骸を埋める作業を行うということです。(06日11:08)

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

シロナガスクジラ 国内初のネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●迷子になっちゃったのかな?かわいそうに。手厚く葬ってあげてくだしい。

●赤ちゃんクジラって言っても大きいけど、海も荒れてたからうまく息継ぎで浮上できなかったのかな、 

●まだ赤ちゃんだったんだ…
異常気象も関係してるのかな?
お母さんと離れて寂しかっただろうね。
天国でいっぱい泳いでね。 

●地上は猛暑だけど、海の中にも何か異変があるのかも。きちんと死因を調べて欲しい気がするけど? 

●台風の逆モーションといい、異常気象の犠牲だったら、なおかわいそう 

●やっぱりそうか。ニュースで見た時、ひと目でシロナガスクジラだと思ったが、ヒゲクジラと報道されて、え?って思ったんだよな。

それにしても、大きく育って欲しかったな。

●由比ガ浜にクジラなんて初めて聞いた。
これは地震の前触れかもしれない。 

●バリ方面の噴火や地震が間接的に影響している気がする。

●本来の自然が残っていて豊富に生き物が住む砂浜ならば、クジラは漂着したら大量の鳥や昆虫のエサになる。定期的に起こるクジラや魚の漂着は海中の生態系と陸上の生態系のエネルギー循環を繋ぐ存在として極めて重要。
かわいそうというけど、なくてはならないこと。 

●陸に埋めるのではなく沖合いに戻して欲しいな。海の生物は海の中に戻してあげたい。 

●何故こんなところにシロナガスが?
赤ちゃんということは、近くにまだ親がいる可能性もありますね。
神奈川は今年は珍しい現象が続いてるから、何か起きなきゃ良いが。 

●可哀想だけど早く埋めてあげないと台風も来てるし何より破裂しちゃうんだよね~
腐敗が進んで内部にガスが溜まって
丁重にお願いします 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加