バド女子代表 41年ぶり!画像は?初登場で金メダル獲得!

導入中国の南京で行われたバドミントンの世界大会の決勝戦。

日本勢対決となったダブルス女子で、初出場の永原和可那と松本麻佑組が

19-21、21-19、22-20で前回銀メダルの福島由紀、広田彩花組に逆転勝利しました。

この種目では1977年 第1回大会の栂野尾悦子、植野恵美子組以来の41年ぶりとなる金メダルを獲得しました。

スポンサーリンク

 

 

バド女子代表 41年ぶり!画像は?初登場で金メダル獲得!

どちらが勝っても日本人選手がゴールドメダル獲得なので嬉しいですが

中々の接戦で面白い試合でしたね。

3ゲーム目のマッチポイント争いは本当に白熱しました。

バドミントンにおいて、日本人の選手はレベルが高いと評判ですが

金メダル獲得はなんと41年前!

頂点にたつというのは本当に難しいです。

いよいよ2年後に向けての東京オリンピックですが

代表選手はとても狭き門になると思います。

松本「点数を取りに行きすぎると、ミスにつながる。集中してやった」

永原「冷静になって、何をするべきか考えられた。嬉しい気持ちでいっぱい。

ここまで来たら優勝したい。」

こちらは準決勝を決めたお二人のインタビューなのですが

今回の決勝戦、プレッシャーに打ち勝つメンタルコントロールが勝利の決め手になったのかもしれません。

バド女子代表 41年ぶりの報道詳細

 日本の、いや世界のバドミントン界にニューヒロインが誕生した。中国、南京市で開催されているバドミントン世界選手権は5日に最終日を迎え、女子ダブルスの決勝戦は、初出場の松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)が2-1(19-21、21-19、22-20)の大逆転で福島由紀、廣田彩花組(トリッキーパンダース)との日本勢対決を制して初優勝を飾った。同種目で日本勢が金メダルを獲得するのは、1977年に行われた第1回大会の栂野尾悦子、植野恵美子組以来41年ぶり。

 ファイナルゲームは、相手にチャンピオンズポイントを奪われた19-20から3連続得点。中国の観衆からも割れんばかりの拍手とどよめきが起こる、壮絶な試合を制した。永原は「とにかく、今日は力を出し切って大会を終えたかった。ファイナルで20点目を取られても、最後まで力を出し切るだけと思って開き直ってプレーできたから逆転できたと思う。初めて、勝って嬉し涙を流せた」と喜んだ。

 第1ゲームから攻める姿勢を徹底した。高い球を選ばず、低い展開で勝負。序盤は、中間に打たれた球を2人が同時に返そうとしてラケットがぶつかる音が何度も響いたが、永原は「行かないより、ぶつかっても行こうと話していた。最初はぶつかったけど、修正して行けた」と気にしていなかった。

 終盤に松本のミスが続いて第1ゲームを失ったが、第2ゲームも攻める姿勢は変わらず。本来は前衛の永原がコート後方に下がる展開が続いたが、永原は構わず強打を連発。レシーブ力のある福島、廣田を追い込んでいった。相手の返球が甘くなると、本来は後衛の松本が飛び付き、高い打点から角度のある強烈なショットでシャトルを相手コートにたたき落とした。ファイナルゲームは、序盤にリードを許して苦しんだが、驚異的な追い上げで勝利を物にした。

男子を参考にし素早くスペースを突くドライブを多用

 170センチの永原、177センチの松本の「ナガマツ」ペアの武器は、高い身長を生かしたアタック力。男子を参考に、高い球を簡単に上げず、素早くスペースを突くドライブを多用。また、力強いロングレシーブで相手を後方に下げさせるプレーは、日本の男子ダブルスで2016年リオデジャネイロ五輪に出場した早川賢一、遠藤大由組を参考にしているという。

 今大会は、初戦から勢いと自信がふくらむ戦いが続いた。「一番緊張した」(永原)という初戦は、地元の中国ペアに逆転勝ち。3回戦ではリオ五輪の金メダリストである高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)をストレートで破った。

 前回大会では初出場だった福島、廣田の「フクヒロ」ペアが勢いに乗って銀メダルを獲得しており、福島は「昨年と自分たちと同じように、A代表に入って海外のツアーを回って勢いに乗り、自信を付けていると思う」と相手を評した。外国人記者からも「怖いものがないように見えたが……」と質問を受けるほど、松本、永原の攻撃姿勢は徹底していた。しかも、最後は大胆。マッチポイントを凌いで、逆にマッチポイントを迎えた際、松本は「この1点と思うと力が入ってしまう。ここから3点取りに行こうと気持ちを入れ直したことが勝利につながったと思う」と明かした。

 世界ランク上位ペアを何組も抱える日本の女子ダブルスにおいて、松本、永原の位置は第11シードで4番手だったが、2020年東京五輪の代表争いに大きく前進した。同種目は、日本勢で金、銀、銅メダルを獲得。世界一に輝いたニューヒロインから今後も目が離せない。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

バド女子代表 41年ぶりのネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●おめでとう!熱い試合で目頭が熱くなりました。おつかれさま!

●無印から金印へ! 

●いい試合でした。
どちらが優勝してもおかしくなかったですね。
東京オリンピックが楽しみになりましたが、どのチームが代表になるか全くわからないほど女子ダブルスは充実していますね。

●2年先とはいえ、女子ダブルスのオリンピック日本代表の争いが激化しそうですな。 

●フィジカル。サッカーもこのくらいの選手がでてくれば。

●彰宏さんペアを決勝で破ったのは凄いな。
優勝おめでとう。 

●あっぱれです! 日本を引っ張って欲しい 

●デカイってやっぱ大正義だな。どのスポーツにおいても。 

●接戦やったんやね!
ナイスゲームやで! 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加