サッカー日本代表 次戦相手国はベルギー!日程や注目選手は?ルカクのプレーがヤバい!

サッカー日本代表 次戦相手国 

サッカーW杯で日本は6月29日の試合でポーランドに破れました。しかしながら、コロンビアがセネガルに勝利したため、グループリーグは2位通過となりましたね。

日本は決勝トーナメント進出が決定しましたが、次戦相手国はベルギーとなったようです。

日程などは決まっているのでしょうか?

詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

サッカー日本代表 次戦相手国はベルギー!日程や注目選手は?ルカクのプレーがヤバい!

グループリーグ2位通過の日本は7月2日(日本時間3日午前3時)の決勝トーナメント1回戦で首位突破のベルギーと対戦します。

ベルギーに敗れたイングランドは2位通過で、7月3日(7月4日午前3時)にコロンビアと対戦する様ですね。

ベルギーと言えば、間違いなく強豪のイメージが強いです。

特にルカク選手やアザール選手なんかは要注意とされていますね。

しかしながら、日本とベルギーの過去の対戦成績を見てみると、実は意外と勝利していることが多かったりします。

とはいえ、現段階でベルギーはFIFAランク3位の超強豪国。

昨日敗退したポーランドはFIFAランク8位。日本は61位です。

なかなか厳しい試合になりそうですが、果たして西野監督はどのように試合を組み立てていくのか。

注目したいところです。

サッカー日本代表 次戦相手国ベルギーの注目選手は?

ベルギーの注目選手はやはりルカク選手とE.アザール、バチュアイ選手でしょうか。

チーム全体でチュニジアを圧倒する強さはありますが、その中でもルカク選手はずば抜けた強さがあると思います。

間違いなく、世界レベル。この相手に日本はどう戦うのか。注目です。

  • 名前:ロメル・ルカク
  • 身長:190cm
  • 体重:63キロ

16歳でデビューし、ベルギーリーグで最年少得点王となっています。

昨年は移籍金110億円マンチェスターUへ移籍しました。

長い年月をかけて育成に力を注いできたベルギーは今、ワールドカップで優勝候補筆頭と呼ばれるほどまでに、成長を遂げた。エデン・アザール、ロメル・ルカク、ケビン・デ・ブルイネ。世界の強豪クラブで活躍を続けている猛者たちが集結した時、レッド・デビルズは恐ろしいほどの破壊力を発揮する。

 それを証明したのは現地時間19日に行われたロシアワールドカップ・グループリーグG組第1節、パナマとのゲームである。前半、引いた相手に苦戦を強いられたベルギーだったが、後半は完全なる個の力を存分に生かし、ドリース・メルテンス、ルカクの2ゴールで最終的に3-0の完勝を収めた。

出展:https://www.footballchannel.jp

ベルギーの有力選手が次々負傷

ただ、現在のところ、ベルギーでは負傷選手が続出しているようです。

チュニジア戦では負傷のため、ルカク選手はベンチに下がる一面がありました。報道によれば左足じん帯を痛めている様子。本人としては、『治りが早い』としており、心配はないとのこと。

また、アザール選手に関しても、ふくらはぎを痛めたとのこと。

海外の報道では「エデン・アザールはふくらはぎを打った。ドリース・メルテンス(Dries Mertens)は足首に問題を抱えている。イングランド戦は大幅な変更があるだろう」とのこと。

こちらも、本人としては大した問題ではないと話しているそうですが、やはり何かしら問題や影響は出てくるでしょうね。

相手チームながら気になります。

サッカー日本代表 次戦相手国ベルギーとの試合について

今回、ポーランドの試合で終盤は勝ちにこだわり、深追いせずにパス回しを行い、大ブーイングが起こりましたね。

応援するファンとしては”何やってんだよ”と思いますが、結果を出すという意味では正しい判断だったと思います。

気になるのは、セネガルとコロンビアの試合でコロンビアが勝つことに頼るような戦略だったため、ファンからの反感を買ったことは間違いないでしょう。

もちろん、気にしているのは選手たちも同じ。

そういった状況下で次の試合へのモチベーションをどのように調整してくるのかが気になるところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加