日本代表 W杯決勝トーナメント初戦の相手は?イングランド?ベルギー?

現在、ロシアW杯にて日本代表が勝ち点4を獲得しており、決勝トーナメント出場の可能性が高まってきました。

決勝トーナメント進出の場合、どの国と当たるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

 

日本代表 W杯決勝トーナメント初戦の相手は?イングランド?ベルギー?

6月28日に行われるポーランド戦にて引き分け以上の場合、決勝トーナメント出場が決定します。また、仮に負けたとしても、セネガルとコロンビアの試合の結果次第では進出する可能性があります。

ますます期待が高まりますね。

決勝トーナメント進出の場合、初戦はどの国と当たるのかが気になるところ。

調べてみました。

現在のところ、グループGの1位もしくは2位のチームとと衝突する可能性が濃厚であるとのこと。

現在、グループGではイングランドとベルギーが決勝トーナメント進出が決定しています。

先日のイングランドはパナマとの試合は大差で勝利していました。

また、ベルギーも安定して勝ち続けています。それぞれ得点数は8。パナマは9失点。チュニジアは7失点をしていますね。

どちらと当たってもかなり厳しい試合となりそうなところですが、日本はこの勢いのまま何とかくらいついていってほしいですね。

中にはこのような予想もあるほど、ベルギーのチームは強いイメージがありますね。

できるならばベルギーとは当たりたくはないですね。

ロシアW杯 ベルギーの注目選手は?

ベルギーの注目選手はやはりルカク選手とE.アザール、バチュアイ選手でしょうか。

チーム全体でチュニジアを圧倒する強さはありますが、その中でもルカク選手はずば抜けた強さがあると思います。

間違いなく、世界レベル。この相手に日本はどう戦うのか。注目です。

  • 名前:ロメル・ルカク
  • 身長:190cm
  • 体重:63キロ

16歳でデビューし、ベルギーリーグで最年少得点王となっています。

昨年は移籍金110億円マンチェスターUへ移籍しました。

長い年月をかけて育成に力を注いできたベルギーは今、ワールドカップで優勝候補筆頭と呼ばれるほどまでに、成長を遂げた。エデン・アザール、ロメル・ルカク、ケビン・デ・ブルイネ。世界の強豪クラブで活躍を続けている猛者たちが集結した時、レッド・デビルズは恐ろしいほどの破壊力を発揮する。

 それを証明したのは現地時間19日に行われたロシアワールドカップ・グループリーグG組第1節、パナマとのゲームである。前半、引いた相手に苦戦を強いられたベルギーだったが、後半は完全なる個の力を存分に生かし、ドリース・メルテンス、ルカクの2ゴールで最終的に3-0の完勝を収めた。

出展:https://www.footballchannel.jp

ベルギーの有力選手が次々負傷

ただ、現在のところ、ベルギーでは負傷選手が続出しているようです。

チュニジア戦では負傷のため、ルカク選手はベンチに下がる一面がありました。報道によれば左足じん帯を痛めている様子。本人としては、『治りが早い』としており、心配はないとのこと。

また、アザール選手に関しても、ふくらはぎを痛めたとのこと。

海外の報道では「エデン・アザールはふくらはぎを打った。ドリース・メルテンス(Dries Mertens)は足首に問題を抱えている。イングランド戦は大幅な変更があるだろう」とのこと。

こちらも、本人としては大した問題ではないと話しているそうですが、やはり何かしら問題や影響は出てくるでしょうね。

相手チームながら気になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加