宮川泰介(日大アメフト部) 顔画像とプレー後の涙の真相とは?内田正人からパワハラも

日本大学アメフト部の選手が関西学院大学のアメフト部選手に悪質タックルを行い、全治3週間の大怪我を負わせた問題が注目されています。

タックルを行ったのは日本大学アメフト部の宮川泰介(みやがわたいすけ)選手。

プレー中は何度もそのような場面が見られ、タッチダウンが決まった直後にコート端で関西大選手が無防備な状態の時にタックルする場面は衝撃的でした。

彼はいったいどのような人物なのか。

調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

宮川泰介(日大アメフト部) 顔画像とプレー後の涙の真相とは?内田正人からパワハラも

今回の悪質タックルについては動画にて公開されています。

明らかな反則行為。

このプレーによってタックルを行った日本大学のアメフト部選手は資格剥奪(退場処分)となりました。

悪質タックルを行ったのは日本大学の宮川泰介選手です。

顔画像が公開されています。

出展:http://japan.americanfootball.jp/

プロフィールは以下のようになっています。

  • 名前:宮川泰介(みやがわ たいすけ)
  • 生年月日:1998年2月26日
  • 年齢:20歳(2018年5月現在)
  • 出身校:日本大学豊山高等学校
  • 大学:日本大学3年生
  • ポジション:ディフェンシブライン
  • 背番号:91番

現在は日本大学3年生で20歳であるとのこと。

このプレーを行う前まではU-19の日本代表にも選ばれる程の注目される選手だったそう。スポーツ記者も注目していたようですね。

この事件が発生したことにより、関東学生アメリカンフットボール連盟は、『悪質なタックル』と判断し、処分が決まるまで対外試合への出場停止を言い渡しています。

当然ですよね。

この真相が明らかになるまでに他の試合に出場させてしまっては他の有力な選手に対して同じことを行う可能性があります。

・・と、いいますか、ここまで公になってしまっては、残念ながら選手生命が断たれたといっても過言ではないかもしれません。

報道では以下のように記載されています。

関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、東京都内で6日に行われた日本大学と関西学院大学の定期戦で日大の選手が度を越したラフプレーをしたとして、追加的な処分内容が決まるまで当該選手の対外試合の出場を禁止すると発表した。日大の指導者を厳重注意とした。 

 公式規則の「(無防備な選手への)ひどいパーソナルファウル」に該当すると判断し、9日に開いた理事会で決定した。今後は規律委員会を設置し、詳細な調査を行った上で最終的な対応を決めるという。 

出展:http://www.sanspo.com

しかしながら、プレーではかなり相手選手に執着していたようにも感じました。

とても自発的な行動とは思えませんでしたが果たして・・?

日本大学のアメリカンフットボールの選手が危険すぎるタックルで関学大のQBを負傷させた問題が話題になっていますね。 どうやらその危険なプレー...

宮川泰介 退部を表明も涙・・世間からのバッシングは過熱する一方・・

その後、真相について明らかになっていない状況ですが、日本大学アメフト部の宮川泰介選手は退部する意向を明らかにしています。

アメリカンフットボールで対外試合出場禁止処分を受けた日大DLの選手が、退部の意向であることが分かった。日大関係者が15日に明らかにした。6日の関学大戦で、パスを投げ終えて無防備なQBに背後からタックルするなど3度のラフプレーで退場し、関東学生連盟から処分も騒動は拡大する一方。責任を感じて決意したという。 

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

当初はその悪質なプレーから多くの批判がネット上で拡散されており、SNS等でのバッシングに耐え切れず、退部を決意したものと思われていました。

多くのバッシングからようやく自身の行った行為に対する責任を感じたものと・・

しかしながら、一部の記事ではこのように報じられています。

 彼はここで資格没収(退場)の処分を受けた。去年の甲子園ボウルでの彼の活躍をはっきり覚えていたので、いったい何が起こったのかと感じた。フィールドから出てきた彼はスタッフに促され、ベンチ奥にあった負傷者用のテントに入った。私はそこに近づいた。

 彼は泣いていた。声を上げて泣いていた。同じポジションの選手が肩に手を置いて、言葉をかけていた。関学側に回って、テントの入り口からのぞく彼の背中を撮った。

出展:https://www.asahi.com/

宮川泰介選手がプレーを行い、反則処分が言い渡され、退場した後、日本大学のコーチ(?)から激励される姿を覚えています。

しかし、その後、負傷者用のテントに入った彼は声をあげて泣いていたそう。

その理由は明らかになっていませんが、おそらくはそのような反則行為を行ったことを悔いていたのでしょう。

本来であればそのような事はしたくなかった・・

その様な気持ちが読み取れます。

この記事が報道されたのは2018年5月22日で宮川泰介選手が会見を開く日。

個人的な意見では『報道するのが遅いよ!』と言いたいところですが、朝日新聞にも商売的な意図があったのでしょうか。

もっと早くに報じてあげれば・・・・いや、それでも、悪質なタックルを行ったことには変わりはありません。

下手をしたら人の命までも奪いかねない行為だったと言えます。アメフト経験者は口をそろえてその様に言います。

では、なぜこのような行為を行ったのか。

したくもない反則行為を行わなければならなかった理由は何なのでしょうか?

そこには監督の内田正人氏によるパワハラがあったとされています。

アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大の選手が関学大の選手を悪質なタックルで負傷させた問題。 どうやら被害者の奥野耕世(...

宮川泰介 内田正人監督にパワハラを受けていた?『反則をするなら出してやる』

現在のところ、宮川泰介選手本人の口から話が合ったわけではありませんが、どうやら宮川泰介選手は内田正人監督から試合に出るための条件を課せられていたとされています。

その条件とは、問題の試合前に

『反則するなら出してやる』

というもの。

耳を疑うような内容ですが、宮川泰介選手の試合中に何かにとりつかれたように固執し、相手選手に何度も攻撃していた様子と、

退場処分になった後に宮川泰介選手をチームのメンバーは叱るでもなく激励する姿からはその信憑性は高いものと思われます。

おそらく、宮川泰介選手は注目されていた選手なのにも関わらず、試合に出してほしければ相手選手を壊してこいと言ったニュアンスの指示が内田正人監督から受けていたのではないでしょうか。

現在のところその真相については明らかになっていませんが、試合後に内田正人監督は以下のように発言しています。

『あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任』

まさしくそのようなタックルを容認するかのような発言。

指導者の声とは思えませんね。

内田正人監督のプロフィールとしては以下となります。

出展:https://www3.nhk.or.jp

  • 名前:内田正人(うちだまさと)
  • 生年月日:不明
  • 年齢:62歳
  • 学歴:不明
  • 職業:日本大学アメフト部フェニックス監督

現在は日本大学の常務理事であり、日本大学アメフト部監督と兼任しているそう。

さらに、スポーツ畑出身と言うことで日本大学での評価も高く、次期理事長として候補にあがっているとのこと。

このような方が理事長となれば、残念ながらその大学に未来はないように思えてしまいます。

また、2016年から2017年の間に日本大学アメフト部の部員は大量に退部していることが明らかになっています。

暴力やパワハラがあったとされていますが、その可能性は高いでしょうね。

日本大学アメフト部の悪質タックル事件が注目されていますね。 宮川泰介選手が記者会見に臨み、その中で井上コーチという言葉がでてきました。 ...

宮川泰介 悪質タックルのネット反応は?

今回の日本大学アメフト部の事件でネットの声としては様々ですが、やはりそのようなパワハラがあったとしても、やってはならないことを行ったということで、圧倒的な批判の声が多く寄せられています。

更には、日本大学自体にそのような行為があったのにも関わらず、自浄体質でないことから内田正人氏の常務解任、日本大学アメフト部の解散などの声もありました。

やはり監督辞退くらいじゃ事は済みませんよね。

しっかりと真相追及してもらいたいところです。

●観戦に来てた両親も泣いてたって話だね。内田は監督辞任くらいじゃ済まされないよ。今日の会見全部ぶちまけてくれる事を期待してるよ。

●やった行為は擁護できないが、この状況を作り出した監督、何も動かなかった日本大学の責任は重大。この監督が理事として残れば、日本大学の信用は地に落ちるだろう。辞任ではなく懲戒でなければ、関係者も世間も納得できないだろう。

●やったことは選手として絶対に許されない
でも、追い込まれた心情は理解できる
退場処分になった直後、彼のキャリアが全て台無しになったことを理解したのだろう
号泣は人生賭けて取り組んだことが全て無駄になったことの心の叫びがさせたのだろう

●命令があっただろうとなかろうと反則とわかった上で実行したのは選手本人。ただ、この反則はこの試合だけではない。たまたま今までは大きな怪我をしなかっただけで問題がここまで浮き彫りにされなかった。ただ疑問に思うのは命令があったとしても実行するのは、いつもこの選手だけなのだろう?
素直に聞き入れたのがこの選手だけだったのか、他の選手は命令を無視していたのか。または、反則をしてまでの意図ではないと理解していたのか。そこはわからないが何にしても、この監督はスポーツ界からも大学からも追放するべきだ。

●悪い事と理解していても、監督の指示に従わなければ成らない気持ちと、人としての気持ちの葛藤から出た涙だと思います。許せない監督の言葉。此処まで騒動が大きく成ったからには、監督の進退だけでは収まりは就かない。

●行為自体は擁護出来ませんが、内田の指示に従うしか選択肢がない状況がそうしてしまったのなら ある意味 彼も被害者なのかも、、、とか思ってしまいます。

●加害者の選手がどのような心理状態だったのか・・・
想像もつかないレベルに追い込まれていたのか、誰が追い込んでいたのか。
今はその真実を明らかにすべきだと思います。
日大に自浄能力が無い以上、他大学は日本中の信用を失った日大との対戦を、勇気を持って拒否して頂きたい。

●もともとアンダー19の代表だったのに、監督の圧力に屈して余計なことをしたおかげで選手生命が絶たれるどころか、就職すらまともにできるか分からないし、彼にとっては何1つ良いことはなかったな
内田は年寄りだから今更辞任、退職したところで痛くも痒くもないだろうが、この加害選手は彼の将来そのものが今まさに危機に瀕している

●きちんと真実を言って欲しいですね。
ここでうやむやにすると、将来ずっと後悔することになりますよ。

こちらもあわせてどうぞ!

日本大学アメフト部の悪質タックル事件が注目されていますね。 宮川泰介選手が記者会見に臨み、その中で井上コーチという言葉がでてきました。 ...
日本大学のアメリカンフットボールの選手が危険すぎるタックルで関学大のQBを負傷させた問題が話題になっていますね。 どうやらその危険なプレー...
アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大の選手が関学大の選手を悪質なタックルで負傷させた問題。 どうやら被害者の奥野耕世(...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加