宮川泰介 会見の日程や時間や動画は?日大アメフト部選手は内田正人監督の指示があった?

日本大学のアメリカンフットボールの選手が危険すぎるタックルで関学大のQBを負傷させた問題が話題になっていますね。

どうやらその危険なプレーを行った日本大学の選手・宮川泰介(みやがわたいすけ)さんが22日に記者会見を開く様です。

監督を辞任した内田正人(うちだまさと)氏の指示があったのかなかったのか、現在ではうやむやになっていますが、その詳細について明らかにされるものと考えられます。

スポンサーリンク

 

 

宮川泰介 内田正人 明らかになっている悪質タックルの真相は?

現時点で明らかになっていることとしては、宮川泰介選手の悪質タックルには日本大学監督の内田正人氏が深くかかわっているということです。

どうやら報道によると試合前に、『1プレー目で壊してこい』という指示があったとされています。

また、試合後に内田正人氏は宮川泰介選手に悪質なタックルをさせた理由として、

『あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任』

と試合後にコメントしています。

相手を汚させるような行動を行ったのにも関わらず、全く反省の色は無く、このような方が日本大学の次期理事長となると、そのような大学に未来は無いように思います。

動画では得点が入りプレーが止まろうとしているところ、コートの端の方で無防備な相手(奥野耕世)選手を狙って全力でタックルしている姿がしっかりと映し出されています。

調べてみると、どうやら、宮川泰介選手はパワハラを受けていた可能性があるのだとか。

というのは、問題の試合前に、『反則をするなら出してやる』という条件を出されていたようです。

宮川泰介選手はこの条件をのみ、試合であのようなタックルを行ったのでしょう。

しかしながら、

関西学院大学が日本大学から受け取った回答書の内容に関する17日の報告では、

『厳しさを求める指導と選手の受け取り方に乖離があった』

として、責任を逃れようとしているような記載がありました。

この全てを選手の責任にするような内容から『トカゲの尻尾キリ』と言うようにネットで話題になっています。

ただ、この内田正人氏の指示については日本大学の学生らには周知の事実だったことから、この回答書にたいしては大いに反感を買ったようです。

『監督が反則を指示したのになぜ指示していないと説明したのか』と抗議の声が上がっています。

監督は『我々にはそのような認識はなかった』としており、会見においてもその指示があったかどうかについては明言を避けました。

まだまだ真相は明らかになっていませんが、

この選手らの反応と、内田正人氏が反応からして、宮川泰介選手の悪質なタックルは自発的な行動ではなく、内田正人氏の指示に従った行動と言えるでしょう。

しかしながら、このような記事を書いていて思うのですが、その様な反則を指示するような監督が率いるチームの試合に何故出たいと思うのでしょうか。

マンガの世界の悪役が行うような行動ですよね。

その様な行為があると、ネット社会である今はすぐに拡散され責任問題となり、二度とアメフトが出来なくなることも考えられたはずです。

残念ながら私にはその気持ちは理解できませんでした。

反則を犯してまで試合に出たい理由について知りたいところです。

日本大学アメフト部の選手が関西学院大学のアメフト部選手に悪質タックルを行い、全治3週間の大怪我を負わせた問題が注目されています。 タックル...
日本大学アメフト部の悪質タックル事件が注目されていますね。 宮川泰介選手が記者会見に臨み、その中で井上コーチという言葉がでてきました。 ...

宮川泰介 記者会見で真相を明らかに

アメリカンフットボールの日本大学対関西学院大学の試合で日大の選手が無防備な状態の相手選手に後ろからタックルする重大な反則行為をした問題で、反則行為をした日大の選手が22日に都内で記者会見を開くことになり、監督の指示があったかなど反則行為に及んだ理由について、どのような発言をするのか注目されます。

今月6日、都内で行われた日大と関西学院大の定期戦で、日大の選手が、無防備な状態だった関西学院大の選手に後ろからタックルし、この反則行為で関西学院大の選手は右ひざなどのけがで全治3週間と診断されました。

この問題をめぐって、日大アメリカンフットボール部の内田前監督は19日、「一連の問題はすべて私に責任があり、監督を辞任します」と述べ、監督を辞任しましたが、反則行為を指示したかについては明言を避けています。

この問題で反則行為をした日大の選手本人が、22日午後、都内で記者会見を開き、今回の経緯について説明することになりました。

選手の弁護士によりますと、「問題となっている監督・コーチの指示の有無、具体的状況について、できるかぎり事実をつまびらかにしたい」としています。

出展:https://www3.nhk.or.jp

宮川泰介 会見の日程や時間や動画は?日大アメフト部選手は内田正人監督の指示があった?

現在のところ、21日に日本大学の選手の代理人が発表している内容としては、

日大の守備選手が22日に東京都内で記者会見し、監督の指示の有無などについて説明する

ということのみです。

時間については午後とされており、明確には明らかになっていません

動画については公開され次第、こちらに掲載していきます。

おそらく実際に悪質なプレーを行った宮川泰介選手も、今となっては大いに反省していることは間違いないでしょう。

とはいっても、チーム内でどういった指示があったのか、どういった認識と忖度があったのかについて明らかにせず、その事実を闇に葬ろうとしている内田正人氏に耐え切れなかったのではないかと思われます。

しっかりとその真相について語ってほしいものです。

宮川泰介 記者会見にネットの反応は?

宮川泰介選手が会見を開くとなり、その事実が明らかになれば、内田正人氏の更なる責任の落としどころについて求められると思います。

このまま理事長になったとしても、大学の信用は地に落ちるでしょうね。

●被害者側が警察に被害届を出したから
自分が常任理事をしている大学で、自分が監督をしているチームから傷害犯を出すことになるかもしれないけど
本当に監督の辞任だけで済むと思いますか?
時期理事長らしいからなんとしても逃げ切り、ほとぼりが冷めたころに理事長になるつもりだろうが
そんなやつが理事長の大学に行きたいと思うやつはいないと思う。
全部生徒に責任を押し付けて守ろうとしてくれないのがわかってるから

●監督の指示はなかったって圧力かけられてる可能性が十分ある。
他のアメフト部員達が同席した方がいい。

●内田氏に忖度するのか?正直に話すのか?
本当に当該選手の人生を左右する会見になると言っても過言ではないと思う。

●学校側から、色々口止め・指導された上での会見だろうなぁ。
かわいそうだと思ってしまう。
ただ、日大の考えたシナリオは陳腐で破綻するであろうから、自分の言葉で本当のことを話した方が後々の自分のためになると思うよ。

●口裏合わせを強要されて、意図しないことを話されられるんだろうなぁ。
そういう背景が顔に出て、さらに炎上するのが想像できてしまう。
DLの選手もある意味被害者なんだよね

●もう、説明とか会見とか要らない。
「期限を定めず、もう日大とは試合をやらない。仮にタイトルの掛かった決勝であっても、我々は棄権する。」他のチームが皆こう主張すれば良い。
日大に何を言っても無駄。言ってる方が疲弊するばかり。

●なんで選手が、相手チームに対してでなく、記者会見になるの?
監督は立ち説明???
ほんま大丈夫か、この大学?

●選手に会見させるのか!ひどい話だ。監督、部長、大学。先に説明しなければならない人々や組織があるだろう

●これ、独断でやったと言っても指示されましたと言っても大学はドツボにハマるよな。
もっと早い時期に監督と二人で説明すれば良かったのに。
ひどい大学だなあ。

●これは 憶測やけど 学校と裏取引してるかもね
内田をかばったら 学校からの圧力があったと
思うし これは明日が見ものやと思う
内田は終わってるな 先に加害者の選手を表に出して かばう気無しやな
最低な 指導者やわ

こちらもあわせてどうぞ!

日本大学アメフト部の悪質タックル事件が注目されていますね。 宮川泰介選手が記者会見に臨み、その中で井上コーチという言葉がでてきました。 ...
日本大学アメフト部の選手が関西学院大学のアメフト部選手に悪質タックルを行い、全治3週間の大怪我を負わせた問題が注目されています。 タックル...
アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大の選手が関学大の選手を悪質なタックルで負傷させた問題。 どうやら被害者の奥野耕世(...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加