長洲未来 太ももの画像は?際どい部分にタトゥーが入っているのは本当?

平昌オリンピックのフィギュアスケート団体戦、女子フリーにて、アメリカ代表の長洲未来選手がトリプルアクセルを成功させたとして話題になっていますね。

なんでも五輪の女子でトリプルアクセルを決めたのは史上3人目だとか。過去の成功者は伊藤みどり、浅田真央さんのみだったそう。

また、その長洲未来さんがトリプルアクセルを成功させたことで、別の部分にも注目が集まっています。

その部分というのは太もも。

なぜ?と思うかもしれませんが、その理由は演技中、太ももにタトゥーが入っているように見えているそう。

詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

 

 

長洲未来 太ももの画像は?タトゥー入ってるのは本当?

では、長洲未来選手の画像を見ていきましょう。

引用:デイリー

こちらが今回の平昌オリンピックでの演技中の画像。

指先まで意識が通っていることがわかるような美しい形ですね。

太ももに注目しても、タトゥーらしきところは見当たりません。

次にこちらの画像。

あれ?確かに太ももに何かがある!

タトゥーと言うよりは帯状の何かに見えますね。

確かに際どい部分にあります。

引用:産経ニュース

最後にこちらの画像。

演技中なので、かなり引きつった表情をされていますが、そこはさておき。

太もも付近にはっきりとタトゥーのようなものが見えますね。

USAと記載されているように見えます。

長洲未来さんはアメリカ代表として出演されているので、そのことを身体に刻んでいるのでしょうか?

長洲未来 太ももの黒いモノの正体は?

長洲未来さんのこの黒いモノはタトゥーではないようです。

正体は「キネシオロジーテープ」と言って、関節などを固定する従来のテーピングとは異なり、筋肉や関節、靱帯(じんたい)などを保護・サポートする目的で開発されたスポーツテープとのこと。

アマゾンなどでもたくさん売られていますね。

米国選手団がそのように回答しているようです。

長洲未来選手以外、というか、フィギュアスケート意外でも多くのスポーツでそのテープを使用されている様子。痛めている部分を保護するために効果的なんだそう。

長洲未来選手がそれをしようしていることからかなり宣伝効果があったそうです。

元々宣伝目的で使われているようで、そのため肌色ではなく少し濃い色だったみたいですね。

そりゃ、太ももにうっすらと注目を集めるようなものがあれば注目してしまいますよね。

引用:産経ニュース

最後に、長洲未来選手の動画をどうぞ。

最後までお読み頂きありがとうございます

こちらもあわせてどうぞ!

あぶない!そう声をかけたくなるようなトラブルが発生しました。 平昌オリンピックにのフィギュアスケート団体のアイスダンスショーにて韓国ペアに...
1本80万円相当のビンテージのベース等を店に預けたが返却されない状況が起きているようです。 報道されているお店の名前は東京・杉並区の楽器店...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加