小平奈緒 死因と思いを背負って平昌へ 住吉都の死の真相とは?

スポーツ・五輪

ソチ五輪代表の住吉都(すみよしみやこ)さんが2018年1月20日に亡くなられましたね。

現在もその死因については明らかになっていません。

しかし、平昌五輪スピードスケート代表の小平奈緒選手は涙をこらえつつ、24日におこなわれた壮行会に出席されました。

また、2月7日には非公式ではありますが、女子500メートルにて低地リンクの自己最速となる37秒05をマークしています。

まだ現在も不安定な心境ではないかと思いますが、住吉都さんを思う気持ちが爆発して今回の結果に至っているのではないかと思われます。

 

小平奈緒 同期の住吉都の死因や真相とは?

現在もいまだ明らかにされていない住吉都さんの死去した理由。

死因が明らかになっていないのは遺族の意向であるとのこと。もし仮に自殺だとしてもオリンピックを前にその明確な理由は想像できません。

住吉都さんが何に悩んでいたのか・・はたまた何かの事故に巻き込まれたのか。壮行会で涙した小平奈緒さんは何かを知り、思いを背負っているように映りました。

壮行会では小平奈緒選手は以下のようにインタビューに答えたと報道されています。

 

小平は、住吉さんの明るい笑顔に何度も勇気づけられていた。信州大時代の同級生とのあまりに早すぎる別れ。「あの、大学…」と切り出すと、涙が止まらなかった。「4年間、一番近くで一緒にやってきた仲間がこういった形になってしまった。まだ信じられない思いがある。ものすごくスケートに一生懸命になる姿が頭から離れない。お互いに一番近くで高め合い、スケートを極めてこれた」。何度も言葉に詰まりながら、懸命に思いを語った。

引用:スポーツ報知

 

 

住吉都さんは以前から体調不良や不調にも悩んでいたとされていますが、それも関係しているのかもしれません。しかし、昨年12月末の平昌五輪代表選考会に出場しましたが、五輪切符を逃していたとされています。

視聴者の目線で考えてしまうと、五輪の出場権を逃したことが理由と考えてしまいがちですが、スピードスケートコーチの結城匡啓さんは以下のように否定しています。 

 

他にいろいろなことがあったと聞いている。スケートがダメでとか、そんな気持ちでということではないとご理解頂きたい。

 

このことから死因がなんとなくわかりそうなところですが、もし切符を逃した無念だとしてもそうでなかったとしても、その状況に追いやられてしまうほど住吉都さんの気持ちに寄り添ってあげられなかったのは、コーチとしても、小平奈緒さんにしてもとてつもない後悔となっているのではないかと心配してしまいます。

 

私自身も、一連の報道から自殺の線がかなり高いようにも思えてしまいますが、もしそうだとしたら、今回の平昌五輪代表に選ばれることが私たちには想像もできない程大きなものだったのだと言えるでしょう。

今回の平昌オリンピック出場をバネに今後もまだまだスケートを続けられるよう、活動に弾みをつけていきたい。そういった思いもあったのかもしれません。

 

 

小平奈緒が背負う思い メンタルの強さが試される

普通の人であれば、4年以上一緒にやってきた仲間が突然亡くなったとなればしばらくは普通の精神状態でいられないはず。試合前ともあれば、ボロボロの結果になってもおかしくない。

しかし、壮行会では涙を見せつつも、2月7日に行われたスピードスケートの記録会では非公式でありつつも自己最高の記録をマーク。さらに小平奈緒選手がいうにはまだ完全な状態ではなく、改善余地があるとしています。

「切れが足りなかったので休めばまだ伸びると思う」

「歓声の中で体が燃えるものがくると思うので、それを生かしたい」

引用:スポニチアネックス

そのメンタルの強さに脱帽という以外に言葉が見つかりません。

極めて冷静な走りであったし、その燃える思いには揺らぎが無いようにも見えます。

その精神面の強さは、目標をオリンピックでの金メダルにしていないところからきているようです。

金メダルはあくまでも通過点であり、目標はその先に置いていて、現在ではワールドカップへの活躍に焦点を当てているそう。

勝たないといけないとは思っていない。ベストタイムが出せれば何番でもいい

引用:日刊スポーツ

 

言葉でわかっていてもそれを体現するのはなかなか難しいと思います。しかしそれを自然に体現できるほど小平奈緒さんはオランダでの修行等で努力を重ねてきた結果が表れていると言えるのではないでしょうか。

 

 

 

亡くなった住吉都さんの思いも強いとは思われますが、小平奈緒さんは『彼女の分まで』と言ったニュアンスの言葉は一度も使われていません。

住吉都さんがどのような思いを抱いてここまで頑張り、どのような思いでこの世を去ったのかは本人にしかわからないし、それを安易に言葉に変換するのは難しい。

そういう考えを持っているようです。

それゆえ、その思いをこれからのプレーで体現しようとしているのではないかと思われます。

現在ではその気持ちは目に見えて発揮されてきていますね。

 

 

スポンサーリンク

住吉都・プロフィール

  • 氏名:住吉都(すみよし みやこ)
  • 生年月日:1987年3月19日
  • 年齢:30歳没
  • 出身:北海道釧路市
  • 身長:162cm
  • 体重:56kg
  • 最終学歴:信州大学
  • 所属:株式会社ローソン
  • 主な代表歴:ソチ五輪(500m・1000m)
  • ソチ五輪結果:500m・14位、1000m・22位

小平奈緒選手とは信州大学時代からの同級生で4年来の戦友。

スピードスケート女子短距離で2014年ソチ五輪代表の選手。オリンピックの経験はあるがメダル経験は無かった。

今回の平昌オリンピック出場を逃すと、次回は4年後ということで精神的にもかなり追い込まれていたように思える。

 

終わりに

何より、亡くなった住吉都さんには心よりご冥福をお祈りいたします。

口には出しませんが、小平奈緒選手は住吉都さんの死去の事実とその思いを胸にきっと平昌オリンピックの舞台で素晴らしい活躍をされると期待しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

こちらもあわせてどうぞ

小平奈緒 スポンサーは相澤病院で看護師?高校や大学では教師を目指していた?
平昌五輪スピードスケート日本代表の小平奈緒(こだいらなお)選手が注目されていますね。 小平奈緒さんと言えば、日本トップの実力を持つ選手なのにかわいいとも有名ですよね。最近では結婚を噂する声もあるそうです。 そんな小平奈緒さんですが、スポ...
平野歩夢 髪型キメて『金』意識?メダルを届けたい相手とは?
スノーボードハーフパイプの平野歩夢さんが平昌オリンピック開催地の韓国に降り立ったことで注目されていますね。 また、到着時に髪型がこれまでと異なっている事にもびっくり。 これまでのイケメンお兄さんとは少し違った毛先がまとまった パーマの...

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

  1. […] 小平奈緒 死因と思いを背負って平昌へ 住吉都の死の真相とは?ソチ五輪代表の住吉都(すみよしみやこ)さんが2018年1月20日に亡くなられましたね。 現在もその死因については明らかになっていません。 …ailbainpro.com2018-02-08 16:26 小平奈緒 スポンサーは相澤病院で看護師?高校や大学では教師を目指していた?平昌五輪スピードスケート日本代表の小平奈緒(こだいらなお)選手が注目されていますね。 小平奈緒さんと言えば、日本トップの実力を持つ選手なの…ailbainpro.com2018-02-06 06:43    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]