小平奈緒 スポンサーは相澤病院で看護師?高校や大学では教師を目指していた?

スポーツ・五輪

平昌五輪スピードスケート日本代表の小平奈緒(こだいらなお)選手が注目されていますね。

小平奈緒さんと言えば、日本トップの実力を持つ選手なのにかわいいとも有名ですよね。最近では結婚を噂する声もあるそうです。

そんな小平奈緒さんですが、スポンサーを調べてみると、なんと『相澤病院』ということでした。病院がスポンサーにつくというのも珍しいような気もしますが、何か理由があるのでしょうか?

もし相澤病院に所属しているとなると、小平奈緒さんは看護師として働いているのでしょうか?その姿は是非見てみたい・・・

 

小平奈緒さんの高校や大学についてもあわせて調査してみました!

 

スポンサーリンク

小平奈緒(こだいらなお)・高校や大学は?成績は?

年齢や身長等プロフィールは?

  • 名前:小平奈緒(こだいらなお)
  • 生年月日:1986年5月26日
  • 出身地:長野県
  • 身長:165cm
  • 体重:61kg
  • 所属:相澤病院

小平奈緒さんの出身中学は茅野市立北部中学校のようです。また、出身高校は伊那西高校なんです。

さすがオリンピック選手と言えるのは、中学の頃には全日本ジュニア・スプリント部門で史上初の中学生で優勝されています。さらに、高校にて、インターハイや日本学生氷上競技選手権大会にて500mと1000mでそれぞれ優勝、2冠を達成しているとのこと。

やはり学生時代から圧倒的に実力が違いますね。。。

 

大学は信州大学の教育学部 を卒業されています。

あれ・・?ここだけ普通?なんて思ってしまいますが、一応その中の生涯スポーツ過程を卒業されていて、さらに、スピードスケートを行う以前に、小平奈緒さんは元々は教師になりたかったそうです。そのため、大学までは教育学部に所属していたんですね。

 

 

成績は?

2010年に開かれたバンクーバーオリンピックでは個人では目立った記録は無いものの、女子団体パシュートで銀メダルを獲得しています。2015年のシーズンワールドカップでは500mで総合優勝。

直近の2017年では世界距離別選手権で500m優勝、1000m2位と着実に記録を伸ばしてきていますね。スピードスケートワールドカップ500mでも優勝しています。

ちなみに、この年に行われた世界スプリント選手権では500mで36.75秒を叩き出し1000mでは1分12秒51の記録。これらはそれぞれ日本記録となっています。

 

 

小平奈緒 性格は『控えめ』だが『負けず嫌い』?

小平奈緒さんの性格としては普段は「内気で控えめ」のようです。しかし、内気で控えめな女の子がオリンピックの選手になれるのでしょうか?

しかも、前述したように、オランダでの異名は『怒った猫』とまでされていて、試合の時は闘志むき出しのようにも感じますよね。こちらが試合の時の画像です。

画像引用:アスレシピ

小平奈緒さんの父親の安彦さんの話では、

小学6年のとき、ソフトボール投げの大会で、市で3位になったんです。それから一週間、自分でいろいろフォームを研究してね。県大会では市の大会で負けた子に勝ったんです

と話されています。かなり一つの事にこだわるようにも感じられますね。

また、母親の光子さんの話では、

不器用なんですが、興味を持ったら納得いくまでやる。オムレツ好きになったら毎日オムレツ。竹馬も一輪車もできるまで一生懸命。そういう子です

女性には珍しいかもしれませんが、普段は大人しいけれど、何か興味を持てば、その一つの事に没頭するタイプの性格かもしれませんね。隠れた負けん気を持っているようにも感じます。

もしかしたら大人しさと負けず嫌いの二面性を併せ持つ性格の女性なのかもしれません。

 

小平奈緒さんは、なんといってもインタビューの時には見せない試合中の真剣な表情が特徴的ですよね。

オランダ修行に行った際、現地では『BOZE KAT』という異名が付いたのだそう。BOZE KATとはオランダ語で怒った猫の意味。

背中を丸めて相手を威嚇する猫のようなスケートフォームからその異名が付いたんですね!

 

 

 

小平奈緒 スポンサーは相澤病院で看護師として勤務?

小平奈緒さんは社会医療法人財団慈泉会相澤病院に勤めているようです。スポーツマンのスポンサー先としては珍しいですよね。病院ということであれば、看護師として働いているのでしょうか?

調べてみると、小平奈緒さんは相澤病院のスポーツ障害予防治療センターの職員として在籍しているとの情報がありました。看護師ではないようです。

ホームページを見てみると、ばっちり写真が掲載してありましたね。

スポーツ障害予防治療センターというのも、聞きなれないような感じがするので、具体的にどのような施設なのかというと

スポーツ障害の予防・治療を専門とした施設です。スポーツ障害の治療は、年齢、性別、種目、ポジションなど複雑な要素を考慮しながら行う必要があります。そのため、専門性の高い医師による診断と原因の検索、それに基づく理学療法士、トレーナーによるリハビリテーションを主体にした治療が重要になります。

引用:スポーツ障害予防治療センター

とのこと。主にはスポーツを行う選手が試合や練習で怪我をしないようにデータをとり、選手のコンディションを回復することを目的としているようですね。

 

ちなみにこちらが小平奈緒さんが勤める相澤病院での画像のようです。実際に勤めている時の画像か同かは定かではありませんが、看護師ではなく『職員』ということなので、白衣は着ていないようですね。どちらかと言うと動きやすいポロシャツやスポーツウェアの方が多そうです。

 

小平奈緒さんが相澤病院に所属することになったいきさつとしては、元々は相澤病院が小平選手を採用したのは広告宣伝の為ではなかったそう。

このご時世、スポーツ選手と言えど、なかなか選手の就職先はさがすのは難しいようで、小平選手のコーチである信州大学の結城匡啓(ゆうきまさひろ)教授から、相澤病院に

採用してくれる企業がなかなか見つからなくて、相澤病院で採用してくれないか?

と相談をしたことがきっかけなんだとか。

 

すると、相澤病院の相澤理事長と塚本事務局長の間で相談し、

スポーツ障害予防センターという打って付けの部署もあるし、一生懸命頑張る選手を応援してあげたい

 

と言う気持ちで採用を決めたそう。本当に利益を求めないご厚意で所属することができたんだそう。

当初はそこまでの活躍も期待していなかったそうですが、

高いお金は出せないけど、結城さんの指導をうけて競技を続けることぐらいなら何とかできる、と話をさせていただいた

と、何とか競技を続けさせてあげたいということから話を受けたんだとか。

相澤病院としては、小平奈緒さんを所属させてからの活躍ぶりにびっくりだったそう。

 

それらの理由から、小平奈緒さんは元々は相澤病院に迎え入れえる時に一般職員と同等の扱いで所属させたんだとか。現在もその状態は続いていて、オリンピック選手と言えど特別待遇はしていないようですね。遠征費などは強化選手として連盟から受ける補助で頑張っているそうです。

  

 

 

コメントをどうぞ