石井優希 活躍の真相は?気持ちは『前向きに考えた』

スポーツ・五輪

石井優希 活躍が注目されていますね。

10月7日に名古屋の日本ガイシホールにて行われた女子バレーボール世界選手権第2次ラウンド第1戦。

対戦相手国はドミニカ共和国。

ご存知の通り激闘となる試合でしたが、その中でも石井優希さんの活躍が注目されていましたね。

 

スポンサーリンク

石井優希 活躍の真相は?気持ちは『前向きに考えた』

 5セット目にスタートで行くと言われて、監督やコーチが求めてくれている、私の中でチャンスだと思ったので、そのチャンスをものにしたいと思いました。

自分が全日本のメンバーに残るために大事など時だと思ったので、強い気持ちで明るく行こうと入りました。

攻める気持ちで二段トスもしっかり打ち切れたし、逃げることなくできたと思います。サーブレシーブも意識してやりました。

【バレー】石井優希「攻める気持ちで打ち切れた」 2018女子世界選手権 ドミニカ共和国戦コメント(バレーボールマガジン) - Yahoo!ニュース
7日に日本ガイシホール(名古屋市)で行われた女子バレーボール世界選手権第2次ラウン - Yahoo!ニュース(バレーボールマガジン)

 

黒後選手と交代で出てはリズムを失ったチームが苦戦するという場面を今大会では何度か目にしました。

その度に、セットや試合の頭から使ってくれればいいのにと思っていたので

第5セットはバッチリはまりましたね。

ドミニカのリベロはすごいと思います。

日本チームのサーブの乱れが苦戦の原因の一つかもしれませんが、

絶妙な位置にいてよく拾うから、厳しく狙わなくてはというプレッシャーがあったでしょうね。

 

ドミニカは強かっ他ですね。

確かに黒後選手に古賀選手素晴らしい選手ですがはまだまだ若い。

ベテラン選手は何度もこういった苦しい経験をしているその経験の差で上手く日本に流れを持って来たと思う。

こういった石井選手みたいなベテランが居るのは心強いと思います。。

強豪国との対戦が続きますがチーム一丸となって勝利を掴み取ってほしいものです。

 

 

石井優希 活躍にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

 

●ドミニカは強かったですね。良く勝てましたね。本当に
良かったです。
ブラジルとセルビアはそれ以上という事ですよね。
2次リーグを突破するのは簡単ではないですね。
上位のチームとの対戦はこんな形になるのでしょう。
良さを消されてしまう。
石井選手もですが長岡選手、富永選手は終盤で流れを
変える役割を果たせたのではないでしょうか。

●昨日は、中田監督の選手交代がずばり当たった感じかな。
石井選手だけではなく、長岡選手の交代も勝因の一つ。
前半は、古賀・黒後・新鍋で攻撃と守備のバランス良く戦い、攻撃重視になると長岡を新鍋と交代し戦う戦法が当たったと思う。
黒後が徐々に止められてきた最終セットは、石井を入れて勝負に出たと思う。
石井の最終セット出足のサービスエースが、二度に渡るディグでの守備もチームを助け、間違いなくMVPは石井選手だと思う。

でも、昨日の試合はチーム全員で勝ち取った勝利だと思うし、昨日負けるのと勝のじゃ偉い違い。

本当に最終セットまで行ったが、良くぞ勝ちきったと思う。

 

●バレーはすぐに流れが変わるので、その時に調子がいい選手をどんどん入れ替えていく(真鍋式)ようにしたら結果が変わってくると思います。控えの選手達もベテラン揃いだし、全員で勝ちに行くしかないかな。ブラジルに勝てたら第3リーグには行けると思います。

 

●石井選手は攻守とも安定感がありキレが魅力ですね。
まあ五輪に向けて若手育てたいという首脳陣の意向もわかるのでスタメン意は古賀選手などが起用されていますが、見方を変えれば石井選手や長岡選手温存できるということでもありますね。
若手で通用すればそれでよし、ダメでもベテランが控えているという層の厚さ。スタメンが逆なら若さでバックアップというのはちょっときついかと。
控えは補欠ではなく戦略上のこと。中田監督の采配を見ていてもよくわかります。野球の投手も先発、中継ぎ、クローザーと確りと分業されてますね。

 

●これを期に、良い流れに乗ることが出来るなら、ブラジルに勝てるかもしれない。
そうなると、セルビアが最大の敵となり、昨日の勝利は2次リーグ突破に、大きく意味を持つものになりましたね。
石井選手をスタメンに使うのはまた違うのかもしれないけど、また試合に使われたら、活躍を期待しています。

 

●今大会、黒後&古賀がエースとして頑張っていますが、崩れかけたリズムを戻すのが長岡であり石井だと思います。それがワンポイントでもいい。
この二人が控えにいる…ってのは、本当に頼もしい。本来ならば、先発でも行ける二人を控えに回し、若い黒後&古賀を育てている。基本軸は変えなくてもいいが、調子の良い選手を起用するのも戦術。私はボクシングの井上を観ていたので、昨日バレーは観てませんが、女子バレーは期待しています。頑張れ中田ジャパン。

 

●4セット目を落とした時は正直かなりヤバいと思いましたが、石井選手が嫌な流れを完全に断ち切ったと思います。フルセットでの勝利なので勝ち点は3ではなく2ですが、勝つことが何よりも重要です。

コメントをどうぞ