大谷翔平 単独最多!新記録の動画は?二刀流ルーキーが打席で魅せた!

スポーツ・五輪

エンゼルスの大谷翔平選手の勢いが止まりません!

7日(日本時間8日)の適地シカゴでのホワイトソックス戦で

19号3ランを放ちました。

スポンサーリンク

大谷翔平 単独最多!新記録の動画は?二刀流ルーキーが打席で魅せた!

素晴らしい快挙ですね!

日本人選手1年目の最多ホームラン数、2006年の城島健司選手の18本をとうとう抜きました。

さらには4月に続き、今季2度目の3試合連続本塁打だそうです。

大谷選手は5日に受けた精密検査により、右肘じん帯に新たな損傷が発覚したばかり。

手術を要する事態で、記録どころか試合出場すら危ぶまれている矢先のことでした。

この件で取材に応じた大谷選手は

「今すぐに手術ということはないので、このままシーズンをしっかり最後まで

自分らしくプレーしたい」

とコメント。

損傷によって投手としての出場は厳しいとのことですが

「今の所二刀流の方向で進むつもり」と意欲的な様子がうかがえました。

そんな中での勝ち越し3ラン!

打者としてのその活躍は、ファンたちに感動を与えてくれましたね!

城島選手は2006年の9月24日18号を放ち

2003年の最多記録、松井秀喜選手の17号を抜きました。

まだ9月が始まったばかり。大谷選手の記録更新が期待できますね!

大谷翔平 単独最多の報道詳細

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)は7日(日本時間8日)、敵地シカゴでのホワイトソックス戦に「5番・指名打者」で先発出場。3回の第2打席で今季2度目の3戦連発となる19号3ランを放った。日本選手のメジャー1年目の本塁打数で最多記録の06年の城島健司(マリナーズ)の18本塁打を抜いて、単独最多となった。

 相手先発は今季6勝4敗の左腕、カルロス・ロドン。0-1で迎えた3回の第2打席。アップトンの中犠飛で同点に追い付き、なおも1死一、二塁の好機の場面だった。2ボールから、151キロの直球を捉え、センター右へ。中堅の差し出したグラブごとオーバーフェンスする勝ち越しの3ランとなった。

 2回無死1塁の第1打席は1ボール2ストライクと追い込まれて遊ゴロ。先頭で入った5回の第3打席は四球だった。

 大谷の3試合連続本塁打は、4月3、4、6日(同4、5、7日)に放って以来、今季2度目となる。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

大谷選手は昨年まで、北海道日本ハムファイターズに所属していました。

このたびの大地震報道を受け「元気になれるニュースを届けられたら」

とおっしゃっていたそうです。

日本人の活躍は本当に元気をもらえるので、これからも素晴らしいプレーを見せて欲しいですね。

大谷翔平 単独最多のネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●打者としてフル出場したら一体どういうことになるか、見せつけて欲しい
新人王のタイトルが本当に見えてきた 

●打者に専念すると、こうなるんだな。
160km/h投げられる投手なんてそうそういないんだから投手重視で、と個人的には思ってたけど。肘の故障は残念だけど、打者としての今シーズン残り試合が楽しみ。 

 

●大谷がDHでフル出場していたら、相手に研究され尽くしてむしろ今のような成績をあげる事はできないだろう、と言う人もいる。

しかし、二刀流として注目を浴びた大谷は、早くから相手に徹底的に研究された。
内角、カットボール、大谷シフト・・・その都度、大谷はそれを跳ね返す進化を見せた。

そしてここに来て、苦手だった左腕からもホームランを打ち始めている。

パワーだけではなく、恐ろしいまでの対応力が大谷の武器。

もしフル出場していたら、むしろ打席で今より多くの事を成し遂げたのではないだろうか?

そう思わせるものを持った選手。

 

●最近の爆発はすごい。本人は北海道の方を元気づけたいと言っていたがまさに有言実行。本当にすごい。 

 

●やったー!3試合連続の19号ホームラン!
怪我で投げられなくても、会見をやった直後でも、全くもって普段通りの、むしろ普段以上の活躍を見せてくれる大谷選手のメンタルはどれだけ強いのかとただただ感心してしまいます。
新記録のホームランをリアルタイムで見られて本当に幸せです。ありがとう!この後も活躍を見せて下さいね!! 

 

●16号打って、松井の記録に並んでから、それ以降、城島の記録を抜かすまでが異常に早い。

本当に本当にマンガの世界だわ。投手としても165キロ出すし、こんな選手100年に一度どころか、250年に一度の選手かもな。
でも一度でいいから一年間打者に専念して本塁打王とる姿を見てみたいわ。

一番は本塁打王と最多勝のダブル受賞だが、さすがに厳しいわな。

でも日本ならあるかも。

 

●左投手も克服し始めた。
投げられなくても、打者でこれだけ貢献するのだから素晴らしい。
野手でフルに出場させたら50本ぐらい打つんだろうな。 

 

●もうやっぱり投手は暫くお休みして打者として来シーズン頑張ってもらいたい。
もの凄いホームラン数になりそう。
今回までの少ない打数で19本だから、まともにフルシーズン専念すれば
ホームラン王争いにも加われるよね。
二刀流は凄いけど、どうしても既定打席や投球回数を満たすのが難しいので
各部門でキングになれないんだよね。
長い選手生命を考えるなら、打者の選択が大谷にとっては賢明かも。
しかも若くて記録が残せるうちにキングになって欲しい。

 

●地震から停電していてテレビが観れず、携帯もバッテリー切れでダメだった間に、ホームランが3本も増えてる!
びっくり!すごいなぁ!
北海道にも言及してくれていたなんて、相変わらず優しいですね。
大谷くん自身は、投手よりも打者の方に自信があるという話を、何かで見た記憶があるが。

肘は、早々に手術するのだろうか?
心配です。
投手の才能もものすごいでしょうから、観る方としては、投手の大谷くんも観たいのはやまやまですが、無理をしないで、自分の野球を楽しんでほしい。

 

●4月の3戦連発時はビギナーズラックか?なんて思ってたけど、こりゃ本当にすごいですね。
とりあえず肘手術して、DHだけで(来季は5月くらい復帰?)ほぼシーズン通しての数字を見てみたいなぁ。
仮に投手やらず、シーズン通して野手として守備もやってとなると、DH専の今より疲労や好不調の波、さらなるケガの恐れもあるから、単純に今のレベルを維持できるわけじゃないだろうけど、日本人打者がホームラン争いするのを見てみたいなぁ。 

 

●ほとんどの人が大谷は投手として大活躍して打撃はオマケ程度に考えていたと思うけど、全く予想が外れたね。

栗山監督らは投手としてはまだまだ未完成な投手だが、打者としてのほうが完成形に近いと昨年評していたけど、その通りの結果になってるね。

大谷は打者としてのほうが凄いとイチローもずっと言ってたし、1年目からこれだけ打つのを見ると、改めてイチローの眼力には驚かさせるね。イチローが評論家をあんまり信用してないのも少しわかる気がするよ。

 

 

コメントをどうぞ