スポンサーリンク

塚原千恵子 若い頃の画像や経歴は?ボイコット事件の真相がヤバい!

ニュース・事件

宮川紗江さんへのパワハラ問題が注目され、朝日生命体操クラブの女子監督である塚原千恵子(つかはらちえこ)さんが話題になっていますね。

謝罪文を提出するも、その態度からは納得がいかないような雰囲気を醸し出しています。

塚原千恵子さんとはいったいどのような人物なのでしょうか。

詳しく見ていきます。

 

スポンサーリンク

塚原千恵子(つかはらちえこ)のプロフィール

  • 名前:塚原千恵子(つかはらちえこ)
  • 旧制:小田千恵子(おだちえこ)
  • 生年月日:1947年8月12日(71歳)
  • 出身:長崎県
  • 学歴:長崎県立長崎西高等学校ー日本体育大学卒
  • 所属:朝日生命体操クラブ女子監督

現在、メディアでそろって注目されていますが、夫は塚原光男(つかはらみつお)さんです。

また、息子はあまりメディア露出はありませんがアテネ体操団体で金メダルを獲得した塚原直也(つかはらなおや)さんです。

 

塚原光男さんについてはこちらの記事で紹介しています。

塚原光男(塚原千恵子の夫) パワハラで会見は?プレスリリースの内容がヤバい!
日本体操協会について注目されていますね。...

 

 

 

スポンサーリンク

塚原千恵子の若い頃の画像や現役時代の経歴は?

元々は、塚原千恵子さんも体操選手。

経歴としても素晴らしい実績があります。

1967年に全日本学生体操競技選手権大会で個人総合優勝し

全日本選手権では5位に入賞しています。

 

また、同年の夏季ユニバーシアード(東京)女子団体

では金メダルを獲得。

 

1968年のメキシコオリンピックにも出場し、個人では19位の成績でした。

団体では4位に入賞していますが、おそらく何かしらのアクシデントがあったのでは?と、思います。

 

その後も

1969年に第23回全日本体操競技選手権大会や

全日本学生体操競技選手権大会に出場し、

NHK杯体操選手権で優勝するなど、実績を残していますね。

 

その時の画像がこちらです。

 

現在は朝日生命を引っ張っていくほどの貫禄が感じられますが、

当時は筋肉質のスレンダーな体系をキープしていたようですね。

 

1972年に引退を発表し、その後は指導者として活動されているとのことです。

 

 

 

スポンサーリンク

朝日生命体操教室の評判

さて、そんな塚原千恵子さんが所属する朝日生命体操教室の評判ですが、決して良いとは言えないようです。

現在のところ、校長を夫の塚原光男さん、そして副校長を塚原千恵子さんが務めています。

元々は塚原夫婦が設立した『有限会社塚原体操センター』があり、そこに朝日生命が協賛する形で運営が開始されたようです。

 

これまでにオリンピック選手を23人も輩出していることから、高く評価されているようですが

実態としては、他のクラブからの引き抜きを何度も行っており、有力な選手を集めていたようですね。

有力な選手が集まったことで、実績を残せばメディアへの注目が集まり、新たに有力な選手を集められるという仕組みで行ってきたようです。

 

集まっている選手たちは間違いなく有力な選手ばかりのようです。

このことを知っていた宮川紗江さんは、

同じようにして速見コーチを追い払い、宮川紗江さんを朝日生命に引き抜こうとしているのだと感じ、頑なに拒否していたようです。

そのことが、今回の会見によって明らかになってしまいました。

朝日生命体操教室のコーチなどの評判としては具体的には分かっていませんが、

宮川紗江さんが拒否したとなると、あまり良いとは言えないのではないでしょうか。

 

 
スポンサーリンク

ボイコット事件

塚原千恵子さんはどうやら1991年に女子体操選手ボイコット事件というものを起こしているようです。

内容について詳しく調べてみると、

どうやら1991年に、全日本体操選手権で強化部長だった塚原千恵子さんを中心とする審判団の採点法に不満が爆発し、出場選手91人のうち、55人が大会をボイコットしたようです。

これによって塚原千恵子さんは辞任に追いやられました。

 27年前の事件について森末氏は当時、「マスコミの報道ではコーチが選手に演技をさせなかった。意味が分からないんですけど、させなかった。それで選手が泣いているということでマスコミはほとんどコーチ側が悪いということですごくバッシングを受けた」と振り返った。

 その上で「ただ、中身はこういうことだったんです」と前置きした上で「要するに体操は点が出ますよね。審判が点を付けますよね。その点を付ける審判を全部、自分側に付けてしまえば…。どんな素晴らしい演技をしてもその選手は、そこ以外の選手は点が出ない。で、だいたい決まる選手が全部上が朝日生命の選手になっちゃうと、やっててもしょうがないということで監督コーチ陣が思い切って、やってもしょうがないし、だったらボイコット」と独自の見解を示していた。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

この時と今で何が異なるのかはわかりませんが、

現在のナショナルチームのコーチも大半が朝日生命の監督などで構成されていることから、塚原夫妻の発言力は絶大なものであることがわかります。

従わなければ、練習や大会への出場させないということを繰り返し、大きくなっていったように感じます。

 

権力の影響の大きさを感じさせますし、

その時の発言と現在の発言が同じであることから、権力に任せて活動を行っているような感じもします。

宮川紗江さんがパワハラと断ずるのに納得がいくような気がしますね。

 

 

 

スポンサーリンク

終わりに

現段階では、メディアで報じられている情報も少なく、また塚原千恵子さん自身が口を開かないため、報道が真実なのか、文書が真意なのかは定かではありません。

しかし、このまま無言を貫くと、どうしても朝日生命体操クラブ女子監督の座を辞任する流れになるのではないかと考えてしまいます。

今後、メディアにどのように登場するのか、注目したいところです。

 

 

次のページもあわせてどうぞ!

塚原千恵子(つかはらちえこ) 顔画像や経歴!女子強化本部長?宮川紗江にパワハラした本人?
体操の日本代表選手の宮川紗江(みやがわさ...
404 NOT FOUND | Ailbain.Blog

コメントをどうぞ