藤本理稀(ふじもとよしき) 発見も不可解で謎!真相は神隠し?誘拐?

ニュース・事件

山口県周防大島町に家族と帰省していた2歳男児の藤本理稀(ふじもとよしき)ちゃんが見つかりました。

帰省先の家の周辺で行方がわからなくなり、15日朝帰省先の曽祖父宅付近で発見されるも、不可解な点が多すぎて様々な考察が行われています。

発見者である尾畠春夫さんについても見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

藤本理稀(ふじもとよしき) 発見も不可解で謎!真相は神隠し?誘拐?

今回、発見されたのは山口県周防大島町に家族と帰省していた2歳の男の子。

藤本理稀(ふじもとよしき)ちゃん。2歳ですね。

帰省先の家の周辺で行方がわからなくなり警察が、捜索していました。

 

12日午前10時半ごろ

 

藤本理稀ちゃんは、周防大島町にある母親の実家に帰省中でしたが、

12日午前10時半ごろ、祖父と3歳の兄と海岸に行くため、家を出たところ、

その後、理稀くんが家から100メートルほどのところで「帰る」と言い出したため、祖父は、理稀くんをひとりで家に帰らせたとのこと。

 

 

すると、その100メートルの間で行方が分からなくなってしまったとのこと。

理稀くんを帰した際、祖父は、家の近くまで歩いて行くのは見ていましたが、

家に入るところまでは確認しなかったそうです。

 

15日朝

帰省先の曽祖父宅付近で行方不明だった2歳男児よしきちゃんを発見しました。

理稀くんは病院に運ばれましたがこれまでのところ目立ったけがはなく、受け答えができる状態だということ。

発見したのは、ボランティアの尾畠春夫さんです。

大分県から来て「現場近くの山の中で男の子を見つけた」と言って警察に引き渡し、祖母が理稀くんと確認したということ。

尾畠春夫さんについてはこちらです。

尾畠春夫(おばたはるお) 画像や経歴は?藤本理稀ちゃん救出に涙!共感の声
創作ボランティアの尾畠春夫さん、山口県周防大島町で行方不明になっていた2歳の藤本理稀(ふじもとよしき)ちゃんを発見した人物ということで話題になっていますね。 尾畠春夫さんはボランティアですが、作業着の背中にボランティア活動の張り紙を着けな...

 

藤本理稀(ふじもとよしき) 発見も不可解な点が多い 真相は神隠し?誘拐?

藤本理稀ちゃんは発見されましたが、この問題はこれで収束するのでしょうか?

というのは、

今回の問題には不可解な点が多く存在するからです。

まず第一に、どうやって行方不明になったのか?ということ。

100メートルの直線の家までの道で迷子になってしまったことについて、何者かの関与があったのではないか?との話があります。

また、何よりも、2歳の子供がどうやって2日間も飲まず食わずで生きていられたのか?ということ。

 

たしかに、普通であれば、2歳児が2日間も遭難して元気な状態で生きていることは難しいはずですよね。

ボランティアの尾畠春夫さんが発見したとのことですが、その時は元気だったそう。

2歳が一人で2日間迷子と考えれば、通常であれば衰弱していてもおかしくないはず。

飴をあげるとしっかりと噛んでいたといいます。

 

飲まず食わずという点でも不可解ですが、精神的にもきつかったのではないか?と思います。

確かに不可解な点が多いように思いますが、

第三者の何者かが誘拐を企てた可能性もなくはないように思ってしまいますね。

途中で怖くなって逃がした、、、、ということも考えられるかと思います。

 

 

藤本理稀 発見の詳細は?

 山口県周防大島町で、今月12日から行方不明になっていた2歳の男の子が無事に保護されました。現場から報告です。

 男の子が行方不明になっていた周防大島町の現場です。行方がわからなくなってから丸3日近くが経ち、発見に地元も安堵しています。

 行方がわからなくなっていたのは、山口県防府市の藤本理稀ちゃん(2)で、15日午前7時前に発見されました。理稀ちゃんは今月12日、同じ山口県内の周防大島町にある曽祖父の家に家族と帰省していて、祖父と兄の3人で歩いて海に向かう途中に行方がわからなくなっていました。警察や消防に地元の人も加わり、捜索が続けられていました。

 15日午前7時ごろにボランティアで大分県から捜索に来ていた男性が、曽祖父の家の北側の山の中で理稀ちゃんを見つけ、保護しました。理稀ちゃんは柳井市内の病院に搬送されましたが、命に別状はなく、発見当時は祖母と話ができたということです。

 発見当時、理稀ちゃんはサンダルを履いていなかったということですが、目立った外傷はなく、痛みを訴えていないということです。(15日09:48)

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

 

 

尾畠春夫さん 藤本理稀ちゃん発見にネットの反応は?

ネットの反応はこちらです。

●良かった!!!!同じ歳の子供を持つ者として涙が出るほど嬉しいです。2歳から3歳にかけては何でも自分でやりたがったり一人で行きたがったりして、手を繋いでいようにも「ママこないで!」と言われることも。一方、上の子に気を取られていた一瞬で興味関心のある方にすっ飛んでいってしまったりもするので、お兄ちゃんが3歳ならおじいちゃんも二人連れて手に余ったと想像します。どこかに落ちたらせずに、じっとしていてくれて本当に良かった

 

●無事でなにより
どうやって過ごしたのかな?

 

●連れ去り事案だと思う。
騒ぎになって出る出られなくなったてパターン。
真夏に60時間も飲まず食わずで2歳児が持つわけがない。

 

●曽祖父の家のそばならなぜすぐに見つからなかったの?
2歳で遠くに行くはずがないのにおかしいと思ったんだよ。
なんか不可解。

 

●無事でよかった。行方不明から70時間も経っているのに、どうやって過ごしていたのだろう。事件性もあるので、詳しく調べて欲しい。

 

●海が近くて側溝が多くてってところでよく無事に見つかりました。頑張ったね。おじいちゃん、申し訳ないが深く反省してください。

 

●高齢者に子供を任せてはいけないと、改めて思いました。
子供の体力についていけない。
無事発見されて良かったね

 

●無事に見つかって良かった!捜索に尽力して頂いた皆様に感謝です。ありがとうございました。ご家族の方々も本当に無事に見つかって良かったですね。お盆に嬉しいニュースありがとう。

 

●詳細が明かされないの、なんか理由がありそうね
誰か大人が絡んでなきゃ何もなく無事に保護なんて有り得ないでしょ

コメントをどうぞ

  1. 三太郎 より:

    まずは無事の成果んで来てこの上もない喜びです。よあかったですね!
    ◎世のお子様を大事に考えると、どうしても考察しておきたい私の推察(冷やかしや興味ではございませんので悪しからず)

    ①素直に喜びたいけど、当初おじいさんのインタビューを見たりご家族の意外な冷静さに、かなり卓越した家系のお方かとお思ったりもした。
    大変失礼とは思いますが、特に責任を感じるはずのお爺さんが・・インタビューと等で冷静(と言うか他人事の様)に感じてしまった。

    ②木陰などあっても、30度以上で湿度の高い真夏の森で2歳になったばかりの子供が、飲まず食わずで如何に生き延びたか?は研究の余地さえありますね。

    ③次に、発見時は携帯成りスマホなりで通報しなかったのでしょうか?持っていないはずはないですよね?報道を見る限り、お子様を手渡しした事しか分かりませんが、本来ならばいち早くお知らせするのがご家族が一番安心させる最良の手段ではないでしょうか?

    ④発見時元気だった?外傷は何もなかった?(サンダルは履いておらず裸足だった。)
    2歳児があの森深くまで行くに、果たし無傷で行けるものだろうか?大人でも何かしらカスリ傷位はつくものです。しかも、発見時は海水パンツも身に着けていなかったようだが??

  2. 匿名 より:

    最初に飴ってのが不思議
    一番に水欲しがりそうなものな
    飴だけで満足したのかこの2歳児は

  3. 匿名 より:

    災害時に発見までの区切りとして「72時間の壁」と言われるものがある。
    普通にに生存し元気だったこの2歳児はすごいな。
    どう生き延びたか詳しく調べたほうがいいとおもう。それに自分で水を摂ったり2歳児に可能なのだろうか?
    よほど知能が高いか、自然児か、、、、

  4. no name より:

     生後24ヶ月の子どもが全く独りで12日昼前から3夜を屋外で過ごしていた。68時間後、三回目の夜を過ごし、山中の沢、石の上に座っている状態で発見、保護された。その時、その子どもは、意識がはっきりしており、「ぼく、ここ」と声を出した。あめ玉をガリガリかじった・・・。
     行方不明だった時間が一晩だけであれば頷ける話だが、三夜を過ごした後だというのは、信じることができない。もっと衰弱しているはずだ。行方不明になる前の最後の食事が12日朝だとすれば、それ以降カロリーのあるものは摂取していないことになる。
     また、この月齢の幼児は24時間のうち12時間は眠るの。どこかで横になって眠っていたはず。そうであれば、もっと体は汚れていないとおかしい。
     二夜は誰か大人の保護のもと、幾ばくかの食料と水分を与えられ、屋外ではない空間にいた。発見された朝の数時間前にあの場所に、眠っている間に置き去りにされた・・・これならば筋が通ると、私は思う。

  5. モナカ より:

    やはり、誰かに連れ去られていたと考えるのが妥当ではないか。2歳児の驚異的体力とかでは説明がつかない気がする。

  6. おみ より:

    発見されたときに「おじちゃん、俺ここ。」って2歳児がいうのだろうか。真っ暗な夜も越えたら怖くて、誰かの声を聴いたら、まず、「ママ」って叫ぶか、ただただ泣くんじゃないかな

  7. マロングラッセ より:

    どんなに考えても発見者おかしーよ?
    自衛隊 警察官 地元民 犬 大勢の人が名前呼んで探して 山も捜索したはず、なのに、30分で発見? 座ったら後ろに居ました?
    おかしーだろ?
    子供が3日も野宿して、見ず知らずの人みて、助け求めるかな?

  8. 山内惠介 より:

    わしもそう思う。おじちゃん、ここ、ここは彼の妄想と思う。彼は神なんかではない。神様はあんなにしゃべりません。ただ行うのみです。

  9. 匿名 より:

    事実は小説より奇なり、と言う事かも。