日大チア部の女子学生の名前や画像は?監督のパワハラ被害が酷すぎる!

ニュース・事件

日本大学のチアリーディング部(応援リーダー部)のパワハラが問題になっているようですね。

監督は度が過ぎた指導がパワハラと認定され、被害を受けた女子学生は自殺にまで追いやられるほどになっていたそう。

今回の報道直後に、監督の大野美幸(おおのみゆき)さんは解任となったそうです。

パワハラを受けた日本大学チア部の女子学生の状況が気になりますね。

 

スポンサーリンク

日大チア部の女子学生の名前や画像は?監督のパワハラ被害が酷すぎる!

今回の問題で注目されている日本大学チアリーディング部(応援リーダー部)。

報道では連日そのニュースが取り上げられており、公になっていますね。

 

調べてみたところ、現在パワハラを受けた被害者の名前については公式に発表されていません。

また、現在のところ顔画像なども公開されていません。

 

今後、パワハラを受けた女子部員についてが報道されていくと思いますが、

できるならば公での報道やリークなどは控えてほしいものです。

 

その女子部員は現在も体調がすぐれていないとのこと。

 

文書では「平成30年2月上旬、日本大学応援リーダー部内において、ある特定の女子部員に対し、同部の監督による指導の範囲を超えたパワーハラスメント及び同部所属の部員複数名による同種の行為がなされ、当該女子部員が自殺を図ろうとするまでに追い詰められたという事件が発生しました。この事件についての日大側の対応は、当該女子部員やそのご家族の納得を得られるものではなく、またそれに至る経緯についても十分解明されているとはいえず、当該女子部員の体調もすぐれない状況が続いております」と、現状が説明されている。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

 

やはり、監督や仲良くしていた同期部員からも責められるのは大きな精神的苦痛を受けたと思いますし、しばらくは休ませておいてあげたいところです。

 

被害者の親御さんも、『娘が笑顔で大学に通う』ことを望んでいるようです。

とは言っても、このことが公になってしまった以上、果たして応援リーダー部Dippersに復帰できるのでしょうか。また、復帰したいと思うのでしょうか。

 

今後、Dippersの活動方針や日本大学の体質について気になるところです。

 

 

日大チア部の女子学生のパワハラの経緯について

では、今回の日本大学チア部のパワハラが行われた経緯について見ていきましょう。

事の発端は日大アメフトの悪質タックル問題よりも前に遡ります。

2018年1月

 

冬の時期で、大雪の日だったそう。

練習が厳しい日本大学チア部は大雪の日でも練習を行っていたそう。

部員もそれには文句は言わず練習に参加するつもりだったそうですが、

被害者の女子部員は練習の前に大学事務室に寄ったそう。

事務員さんと仲が良かったみたいですね。

『これから練習』ということ話したそう。

このような大雪の日に大変だ…と事務員さんが思ったらしく、良かれと思って

監督の方に連絡を入れたとのこと。

すると、監督から全体LINEで『今日の練習は休みとする』と連絡が入ったとか。

部員はそのオフに喜んだそう。

 

2月1日

 

その後、部の全体ラインにその行動を注意する文面が流されました。

その内容は、

“練習がなくなって喜んだ人がいる、”

“その行動は不適切”

“自ら申し出よ”

といった内容だったそう。

 

2月2日

部員全体の集会で注意を受け、その女子部員は全部員に謝罪したとのこと。

しかし、先輩からも『反省しているように見えない』

として、注意を受けたそうです。

 

2月3日

全体に謝罪したことから、それで終わりかと思いきや、

3日の朝会にてその女子部員と同期部員にLINEで

昨日、全体に謝ってどうなったの?謝ったらそれでいいの?私に報告はないの?

と注意を受けたとか。

結局、監督が怖くなって直接謝ることはできなくなったそう。

 

その後、女子部員は練習に参加することができなくなったそうですが、

そのことについても厳しい注意を受け、さらに監督は

『1月の雪の日の練習がなくなったのは、その女子部員が事務員に部活を休みにするよう根回しをした』という根も葉もない話を全部員の前で発言しました。

当然、部員全員から批判を浴びることになります。

怖くなって反論できず、同期・先輩からも虐められるようになったそうです。

 

その後

上記の出来事を発端としてパワハラを受けた女子部員はミーティング中に過呼吸等を起こすようになりましたが、

『どうせ演技でしょ』

『過呼吸なんてすぐ直る。』

ということを同僚からも言われていたとか。

 

また、その女子部員は練習の時に昔の高校のスウェットを使用していました。

しかし、監督はその高校をライバル校と認識していたらしく、着ているところを剥がされたそうです。

 

他にも、パワハラを受けた女子部員は怪我をしていたそうですが、手術をした後も、

『お前の相談にはもう乗らない。大会にも出させます。ズル賢いバカは嫌いだから、チアも本当はもうできるんじゃないの?』

といった厳しい言葉を浴びせられたとのこと。

『診断書など、証明できるものを見せなさい』といった疑いの声を何度もかけられたそう。

 

日大チア部 パワハラ問題の詳細は?監督は解任?

まず、今回問題となっている日本大学のパワハラ問題はこちらです。

日本大応援リーダー部(チアリーディング部)の女子部員が9日、女性監督から暴言などのパワハラを受けたとする声明を、代理人弁護士を通じて報道機関に公表した。自殺を考えるほど追い詰められ、学内の保健体育審議会に対応を求めたが、解決につながらなかったとしている。

 日大は9日付で女性監督を解任。日大では5月、アメリカンフットボール部の悪質反則問題が起き「学生の皆さんを必ず守ります」などとする文書を出したばかりだった。

 パワハラ行為があったとしているのは今年2月。監督は、部員が出身高のウエアを着用していたのを見とがめ「過去の栄光にすがりついている」などと叱責(しっせき)した。さらに、練習前に全員の前で部員を名指しして、大雪の日に学部の事務員に頼んで練習を中止にしようと画策した、と身に覚えのないことで激しくとがめるなどした。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

 

体育会系の部活にはよくあることのように思いますが、

報道にある内容ではかなり執拗なパワハラのように思いますね。

 

気になるのは、日本大学チアリーディング部の監督です。

現在聞いている限りでは、女性監督とされているようですね。

名前は大野美幸(おおのみゆき)さんというようです。

 

驚くべきなのは、この問題が明らかになったとたんに、チアリーディング部の公式ホームページにアクセスしたところ、瞬時にアクセスが遮断。

さらにはホームページの削除となりました。

おそらくはアクセスが殺到したのではないかと思われます。

 

そして、問題になっている女性監督の顔画像はこちらです。

 

画像からは悪い印象は受けませんが、体育会系である感じはしますね。

30代くらいで綺麗な女性であるように思います。

調べてみると、もともと日本大学チア部出身ということ。

日本大学チア部を強くしたいという思いからそのような厳しい指導が必要だったのか。

それとも女子部員の何かが気に入らなかったのか。

 

削除される前のホームページでは以下のようなコメントがありました。

全国大会レベルでは3位以内に入ることが目標です。
しかし常に優勝を目指しています。
若いチームですので、着実に一歩一歩、結果を出していきます。
常に「明るく、礼儀正しく」を基本に、皆が憧れるチームになることを目指しています。

やはり、意識が高い方のように思います。

強さ=厳しさと考えると、、、、つらいものがあります。

 

 

大野美幸(おおのみゆき)のプロフィールは?

では、大野美幸さんですがいったいどのような女性だったのか。

詳しく見ていきます

出典:日本大学チア部HP

 

  • 名前:大野美幸(読み方:おおの みゆき)
  • 職業:日大チア部監督
  • 出身地:不明(日大習志野高校のチア部に所属していた事から千葉県と言われている)
  • 生年月日:年齢から計算すると1989年生まれ
  • 年齢:30歳前後(大学卒業後7年経過)

前述しましたが、もともとは日本大学チア部、別名DIPPERS(ディッパーズ)出身で、

2011年に卒業。その後、2015年にチア部監督に就任したようですね。

 

報道にもありましたが、現在は解任されたとのこと。

日本大応援リーダー部(チアリーディング)の女性監督から暴言などのパワハラを受けたとして、女子部員が日大側に被害を申し立てていることが分かった。日大は9日付で監督を解任。学内の人権救済委員会が近く調査の結論を出す、としている。

(中略)

日大は、監督を解任した理由について「学生の指導に支障を来す恐れがあると判断したため」と説明している。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

 

こちらには、監督の動画が掲載されています。

 

 

 

DIPPERS(日本大学チア部)の動画は?

さて、今回問題になっているDippersとはどのような部活動だったのでしょうか。

全国大会3位以上を狙うということは、相当な実力だったように思います。

ここから、動画を掲載していきます。

 

離れた映像でも、しっかりと声が通ることから、気迫が感じられます。

ダンスも乱れがないことから、練習の厳しさを感じますね。

 

また、関東チアリーディング選手権2016の動画はこちらです。

 

先ほどの舞台上での演技とは違い、本番という意識がより強い感じがしますね。

パワハラの内容はさておき、女子部員の挑戦する意思は本物ですね。

ジャンプの瞬間なんてシンクロしているのではないかと思うくらいです。

 

このような動画を見ると、

全国を狙うなら練習も厳しくすることも必要かと思いますが、

パワハラの経緯を見ると、どうも度が過ぎているようにしか感じません。

 

 

おわりに

今回は監督が解任となりましたが、トカゲの尻尾切りのような印象を受けました。

これも日大の体質ですかね。

女子部員がこれからどう復帰できるのかについては考えているのでしょうか。

女子部員の現在の容体が気になるところです。

日本大学全体の体質の問題はいつになれば改善されるのでしょうか…

 

 

こちらもあわせてどうぞ!

大野美幸(日大チア部監督) パワハラ問題で解任?女子部員の容体は?
日本大学のチアリーディング部(応援リーダー部)のパワハラが問題になっているようですね。 内容について気になるところですが、 いったいどのような点がパワハラと指摘されていたのでしょうか? 日本大学監督の大野美幸(おおのみゆき)さんについ...
大野美幸(日大チア部監督?) 画像や経歴は?日大のパワハラ内容がヤバい!
日本大学応援リーダー部(チアリーダー部)の女性監督のパワハラ問題が話題となっていますね。 以前のアメリカンフットボール部の内田正人前監督と同じく、日大のパワハラ体質とガバナンス(組織統治)の欠如が再び露呈することになりました。 女性...

コメントをどうぞ

  1. 名無し より:

    その他の部員自体がクソだから、こんな所に戻りたくはないでしょ。
    部その物を解体したほうがいい

    廃校したほうがいい

  2. 匿名 より:

    普通に事件だと思う。刑事事件でちゃんと裁判までして欲しい。日大はいくら何でもトップがこのまま居座れる事自体おかしいと思う。
    全ての部活を調査する必要がある。解任したから終わりにしようとしてるみたいでそれに加わった先輩だとか告発に至るまでにきちんと大学側に問い合わせてるのに学生を守らずその役割を果たしていない機関。内田だけでなくその時いた権限のある職員すべてに対して調査と指導するべき案件でしょう。

  3. 匿名 より:

    愛のある指導出来ないなら
    監督しないで欲しい。

  4. 匿名 より:

    今テレビでやっているけど、女子部員も大概。
    監督は更年期障害とかなんじゃない?
    女子部員は普段からああなんだろう。

  5. 匿名 より:

    これで被害者のルックスが抜群に良かったら、レベルの低い女の嫉妬が根底にあるってことで納得できるよね。
    古来、男女問わずルックス良くて、弁の立つタイプは微妙な指導者にとってはこざかしい反乱分子に映るんだろうね。

  6. 通りすがり より:

    この他の部員も性格悪そうだなぁ。
    厳しい環境にいると心が荒んで攻撃的になるのは分かるけど、それにしても普通に虐めのように見えるわ。
    意識高い系目指してこんな風になってしまうのなら僕はゆる〜いままでいいかな。
    それか本当にこの女子生徒の性格とかに問題あって嫌われてたかだな。
    少なくとも嫌いじゃないとこんな反応チームメイトしないでしょ。だれかしら庇うはず。
    こういう人たちって反省しなさそう、この女子生徒のことを恨んで暮らすんだろうなぁ。

  7. 匿名 より:

    これはいじめです。
    監督の心理的虐待にメンバーが同調している。
    メンバーも同罪です。

  8. 怒り心頭 より:

    これはいじめです。
    監督の心理的は虐待に同調しているメンバーも許されない。
    少なくとも大人だから。
    最終的には理事長が辞任をして責任を取るべき。