加古川 避難勧告で氾濫も?大門橋の水位が上昇!⇒避難指示へ

大雨の影響により、兵庫県高砂市は市内を流れる加古川が氾濫するおそれがあるとして2万870世帯、4万8017人を対象に避難勧告を出しました。

具体的には、高砂地区の全域と、荒井地区の全域、米田地区の全域、伊保地区の中島1丁目と2丁目、今市1丁目と2丁目、それに、阿弥陀町魚橋周辺地域とのこと。

現地の様子や実際のエリアメールなどについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

 

加古川 避難勧告エリアメール

こちらがエリアメールの画像です。

同時に、関西のニュースとしても取り上げられていますね。

兵庫県小野市は加古川にかかる大門橋の北側の堤防で水位が上がったため、流域にある▼河合中町の228世帯620人、▼復井町の109世帯252人、▼青野ヶ原町の321世帯682人に出していた避難勧告を、7日午後0時15分、避難指示に引き上げました。

出展:https://www3.nhk.or.jp

現在のところ、避難勧告から避難指示へと引き上げられました。

加古川の増水が進んでいるということでしょう。

では、具体的に、現地の様子について見ていきます。

加古川 避難勧告で氾濫も?大門橋の水位が上昇!⇒避難指示へ

まずは、加古川周辺の動画となります。

こちらが最新の映像のようですね。

おそらくは、この下の部分にサッカーコートなどがあったのではないでしょうか。

全て埋まってしまっており、ネットの一部だけが表れています。

現在のところ、まだ氾濫には至っていないようですが、このまま進めば間もなく氾濫を迎えることになるでしょう。

出来ればこの動画を撮影されている方にも避難してほしいところです….

こちらもあわせてどうぞ!

大雨の影響により、兵庫県高砂市は市内を流れる加古川が氾濫するおそれがあるとして2万870世帯、4万8017人を対象に避難勧告を出しました。 ...
大雨特別警報が出されている岡山県では、小田川が倉敷市真備町付近で氾濫したようです。 堤防を越えた水は住宅地に流れ込み、多くの住宅の1階部分...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加