加古川 氾濫!避難勧告が発令 危険水位超えて「遊歩道飲まれてる」

大雨の影響により、兵庫県高砂市は市内を流れる加古川が氾濫するおそれがあるとして2万870世帯、4万8017人を対象に避難勧告を出しました。

具体的には、高砂地区の全域と、荒井地区の全域、米田地区の全域、伊保地区の中島1丁目と2丁目、今市1丁目と2丁目、それに、阿弥陀町魚橋周辺地域とのこと。

現地の様子はどうなっているのでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

加古川 氾濫!避難勧告が発令 危険水位超えて「遊歩道飲まれてる」

まずは、避難勧告発令の画像がこちらです。

データ上においても、氾濫危険水位を超過しているようですね。

では、実際の画像について調べてみましょう。

ほんとに、ぎりぎり氾濫を免れているといった状態のように思えます。

歩道から目の前は川のようですね。

茶色い濁流が怖いように思います。

加古川 雨は止むも増水中…

加古川周辺では雨が止んだとの報道はありました。

しかしながらいまだ水位については増水してばかり。間もなく氾濫の可能性があるのとのこと。

画像のように、加古川周辺には加古川公民館に避難所が設置されているようです。

こちらもあわせてどうぞ!

大雨特別警報が出されている岡山県では、小田川が倉敷市真備町付近で氾濫したようです。 堤防を越えた水は住宅地に流れ込み、多くの住宅の1階部分...
7月6日午後10時10分、広島県を流れる沼田川に河川氾濫発生情報が発表されました。 沼田川では、氾濫が発生しました。レベル5とのこと。 ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加