桂歌丸 慢性閉塞性肺疾患が死因?直前に肺炎も奇跡的に回復!

2018年7月2日に落語家の桂歌丸(かつらうたまる)さんが亡くなったと報道されています。

報道直後の死因は肺炎とのことでしたが、具体的には慢性閉塞性肺疾患とのこと。

慢性閉塞性肺疾患とはどのような病気なのでしょうか。

調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

桂歌丸 慢性閉塞性肺疾患が死因?直前に肺炎も奇跡的に回復!

今回、桂歌丸さんの病気として報道されているのは慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん)という病名のようです。

日本呼吸器学会のホームページにて調べてみると、以下のような記載がありました。

従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。

タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生じた肺の炎症性疾患であり、喫煙習慣を背景に中高年に発症する生活習慣病といえます。

出展:http://www.jrs.or.jp

どうやらタバコなどの有害物質を長期的に吸引したことによる生活習慣病のようですね。

ネット上にも書き込みがありました。

報道によれば、肺炎は亡くなる直前の6月29日ごろに発症していたとのこと。

奇跡的に回復していたそうですね。

このことから、肺炎が死因では無いようです。

最近では鼻に酸素吸入器を付けて車椅子で移動しつつも、8月の国立演芸場への出演も予定していたそうで、多くの方が楽しみにしていたとのことでした。

その様子からも、かなり生きる意欲にあふれた方だったように思います。

ご冥福をお祈りいたします。

2018年7月2日に落語家の桂歌丸(かつらうたまる)さんが亡くなりましたね。 現在報道されている内容では死因は肺炎とされています。 この...

桂歌丸 慢性閉塞性肺疾患の報道の詳細は?

落語家で落語芸術協会会長の桂歌丸=本名・椎名巌(しいな・いわお)=さんが2日午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため、横浜市内の病院で亡くなった。81歳。近年は肺炎と腸閉塞で入退院を繰り返し、酸素吸入器をつけたまま高座に上がり続けた。噺家は高座で死ねたら本懐-。落語を愛し、最後まで高座への執念をみせていた。

 歌丸さんは2009年2月に慢性閉塞性疾患で入院。その後は腸閉塞や肺炎を患い、入退院を繰り返していた。15年元日には、新宿末広亭の初席に出演しようと自宅を出る直前に動悸が激しくなったため、取りやめ。同1月いっぱい高座を休演し、同2月4日に千葉県芝山町で行われた寄席で高座復帰していた。鼻に酸素吸入用の管(チューブ)をつけた状態で、「昨年は病院に霊柩車、いや救急車で運ばれました」と自身の病気をネタに小気味よい話芸で観客を爆笑させていた。

 16年5月で放送開始から50年間レギュラーを務めてきた日本テレビ系「笑点」を勇退。体力の限界だった。最後のあいさつでは「涙みせまい、と思ったんですけど、やっぱりダメでした」。前身の「金曜寄席」から52年。歴代笑点メンバーらへの思いがこみ上げたという。“卒業”後、「落語をやる以外に何もないです」と話していた通り、入院で体重が35キロになっても、酸素吸入の管をつけた満身創痍の身体で高座に上がり続けた。

 「大喜利の歌丸で終わりたくない」との思いで、幕末期から明治期を生きた名人、三遊亭圓朝の長編ものに取り組み、「これをやるのが自分の宿命だと思っています」と語っていた。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp
 
 

桂歌丸 慢性閉塞性肺疾患にネットの反応は?

桂歌丸さんの慢性閉塞性肺疾患で亡くなったとのことです。

改めてご冥福をお祈りいたします。

ネットでも悲しみの声にあふれていますね。

●頭脳は衰えることなく、最後までしっかりしてらっしゃった。お疲れ様でした。

●傍から見れば苦しいのに何故戦い続けるのかと思いましたが、それがプロなんだと改めて思いましたね。お客さんが歌丸師匠を求めるなら、その声に応え続けるその姿勢は凄いと改めて思いました。ご冥福をお祈りします。

●貫き頑張りたい気持ちがテレビから伝わってきてた。痩せてるからだに吸入器は、最初見たときは痛々しかったけど、、、それでもやりたいんだという意欲を感じて、生き方のそれぞれを感じた。ご冥福をお祈り致します。

●お疲れ様でした。
子供の頃の笑点も楽しませて貰いました。小円遊さんとの掛け合いは本当に面白かったです。
ありがとうございます。
合掌

●笑点退いても始まる5分前に出ていた歌丸さんももう見れないのかぁ。
ご冥福をお祈りします。

●なくなってしまったのは大変残念ですが
御冥福をお祈りします
長い間ありがとうございました

笑点の初代メンバー
本当に長い間お疲れ様でした。
たくさん笑わせていただきました。
天国から先代圓楽師匠と今の笑点を見守ってください。
ありがとうございました。

●歌丸さん、一度だけ高座を拝見しました。まだ、3年ほど前です。
小さなおじいさん、という印象の方でしたが、噺を始めると世界が大きく見えました。
圓楽さんもお力落としでしょうね。笑点もだんだん、昔の顔がいなくなりますね、寂しいです。ご冥福をお祈りします。

●女性の化粧の真似がとても上手だと、笑点の大喜利見ながら子供心に思ったものです。お疲れさまでした。上質な笑い・芸をありがとうございました。

●ご冥福をお祈りいたします。
なんだか笑点の一つの時代が終わった感じですね。
最後までプロでしたね。

次のページもあわせてどうぞ!

2018年7月2日に落語家の桂歌丸(かつらうたまる)さんが亡くなりましたね。 現在報道されている内容では死因は肺炎とされています。 この...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加