桂歌丸 死去 死因は肺炎!腸閉塞で入退院を繰り返す..「笑点」の5代目司会者

演芸番組「笑点」の司会者など、落語界の「顔」として活躍した桂歌丸(かつらうたまる)さんが亡くなったそうです。死因は肺炎とのこと。

スポンサーリンク

 

 

桂歌丸(かつらうたまる) プロフィール

桂歌丸さんのプロフィールについて掲載していきます。

  • 名前:桂歌丸(かつらうたまる)
  • 本名:椎名巌(しいないわお)
  • 年齢:81歳
  • 出身:横浜市生まれ。
  • 備考:落語芸術協会会長。

桂歌丸さんは昭和11年、神奈川県で生まれ、中学校を卒業したあと、五代目古今亭今輔に入門し、その後、四代目桂米丸の門下に移って桂歌丸を名乗り、32歳で真打ちに昇進しました。

さらりとした味のある語り口が持ち味で、近代落語の祖と言われる三遊亭円朝の長編の怪談噺に次々に挑戦したほか、これまで埋もれていた落語の掘り起こしに長年取り組むなど、古典落語の本格派として高い人気を集めました。

桂歌丸 死去 死因は肺炎!腸閉塞で入退院を繰り返す..「笑点」の5代目司会者

桂歌丸さんの突然の死…最後までやり遂げる姿は素晴らしいものだったと思います。

歌丸さんは16年5月に50年出演した「笑点」の司会を勇退。

15年6月には床ずれの手術・治療などで入院し一時退院したが、その後も体調不良で14日に再入院。

原因は36キロまでやせて体力が落ちていたことに加え「腸閉塞」を起こし、歩くこともままならない状態だった。

この後も入退院を繰り返していた。関係者によると体調によっては8月の国立演芸場への出演に強い意欲を見せていたという。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

上記報道にもあるように、8月の国立演芸場への出演も予定していたとのこと。

以前、平成21年に持病の肺気腫が悪化して、一時的に入院したものの、復帰後は精力的に高座に上がりました。

その後も、呼吸器の病気や腸閉塞などで入退院を繰り返していてたことを記憶しています。

2016年5月には体力の限界を理由に「笑点」の司会を降板したときは残念に思いましたね。

しかし、その後も何度がニュースにも取り上げられており、入退院を繰り返しつつも2017年8月には東京・国立演芸場で毎年続けてきた夏恒例の高座に登場し、熟練の話芸を披露していました。

桂歌丸 死去にネットの反応は?

桂歌丸さんの死去にネットの反応を集めてみました。

やはり、突然の訃報に驚くばかりですね。

ご冥福をお祈りいたします。

●たくさん笑点で笑わせていただきました。
長い長い間、お疲れさまでした。

●やり遂げる姿凄かったです。
ご冥福をお祈りいたします。

●落語とか詳しくは知らないど、笑点ファンでした。
元気になった姿が見たかったです。
残念です。
歌さんありがとう。ご冥福をお祈りいたします。

●6代目円楽の葬式ネタ使えないじゃん

●晩年は痛々しいお姿でしたが、最後まで落語を楽しまれた人生。
天国で、仲が悪かった「こえんゆう」さんと会えるかな?

●笑点の歌丸さんと6代目円楽さんの、けなし合いが面白くて毎週見てました。もう見れないのは残念です。
ご冥福をお祈りいたします。

●何度となく倒れながらも、ほぼ亡くなる直前まで高座に上がり続けた、その姿が忘れられない。
長い間、ありがとうございました。

●生涯落語家を貫いたね。
カッコいいと思う。
歌さんの落語への想いや意思は、後輩達に受け継がれてるはず。
ゆっくり休んでくださいとか、言われたくないタイプの人かな。お疲れさまでした。

●まだ若い
楽さんとの絡みもう一度見たかったかな
ご冥福をお祈りします

●最期まで生きようとする姿に
どれだけの勇気を頂いたことか、
ご冥福をお祈りいたします。

●びっくりしました。
よく最後まで頑張っていたと思います。
お疲れ様でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加