新卒7人連名で退職届 地震も強制出勤を命じ部長がクビ説

ニュース・事件

2018年6月18日に発生した大阪での震度6の地震。

その日、地震とは別に他の問題が発生したそう。

と言うのは、新入社員7人が出勤中に地震が発生し、身動きが取れなくなったにも関わらず、会社の部長から『何が何でも来い』と言うように、強制出勤を命じられたとか。

そのことから新入社員7人が連名でその会社に退職届を提出したそう。

『社員を守れないこんな会社は嫌だ』ということですね。

どうやらその部長はその事実が人事にバレ、会社をクビになったと聞きますが、果たして・・?

 

スポンサーリンク

新卒7人連名で退職届 地震も強制出勤を命じ部長がクビ説

その話の発端はこのツイートのようです。

今の時代において、どの会社も社員を大切にするという風潮がある中、まだこういった思考を持つ人がいるんですね。

新入社員をただの駒としか考えていない方、もしくは昭和の考え方を持っている人の典型的なタイプかなと思います。

もちろん、この話が本当かどうかについては定かではありません。

この部長の一言で辞める気持ちになったかどうかはわかりませんし、

そもそも会社に入ってそろそろ気持ち的に疲れ始めている頃ともおもえますので、『辞める』と言い出すきっかけが欲しかっただけなのかもしれません。

どちらにせよ、新卒7人の気持ちはわからなくはないように思います。

部長は何かに必死だったんでしょうか。

 

 

地震 被害は多数で死者も

昨日の大阪での地震は本当に大きな被害をもたらしましたよね。

亡くなった方だけで4人、怪我した人は300人以上。

電車なども止まり、交通マヒの情報は1日中流れていました。

これだけの影響が出ながら、さらに余震が続いていたとも聞きます。

この状況を考えると、無理して出勤させて問題が発生する可能性があるのでは?というところも考えることが出来そうなところですが、

その部長さんはおそらくは相手の気持ちや状況を考えることができない人だったのでしょう。

元々部長としての器ではなかったのかもしれません。

 

新卒7人連名で退職届にネットの反応は?

 

コメントをどうぞ