桐生のぞみ 顔画像や動機は?桐生しのぶを殺害し遺棄!父親も同居で家庭関係がヤバい!

ニュース・事件

2018年3月に滋賀県守山市の河川敷で切断された女性の遺体が見つかった事件。

その被害者の娘が逮捕されました。

逮捕された女の名前は桐生のぞみ(きりゅうのぞみ)容疑者です。

遺体は死後1~2週間経過していて、桐生容疑者は犯行を否認しているとのこと。

顔画像や動機はあるのでしょうか。

詳しく見ていきます。

 

スポンサーリンク

桐生のぞみ(きりゅうのぞみ) 顔画像やプロフィール

まずは、桐生のぞみ容疑者のプロフィールから見ていきましょう。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

 

  • 名前:桐生のぞみ(きりゅうのぞみ)
  • 年齢:31歳
  • 住所:滋賀県草津市
  • 職業:看護師

現在のところ、桐生希容疑者の顔画像などは公開されていないようですね。

被害者の遺体の女性は、桐生のぞみ容疑者の実の母親で桐生しのぶ(きりゅうしのぶ)さんとのこと。

発見された遺体はのこぎりなどのもので切断されていたとされています。

容疑としては、当時58歳の母親の遺体を滋賀県守山市今浜町の河川敷に遺棄したとされています。

母親を殺害し、遺体を遺棄するとなると、かなり凄惨な事件のように思いますが、桐生のぞみ容疑者にはどのような問題があったのでしょうか。

その家庭内のトラブルがどのようなものか気になるところ。

 

 

桐生のぞみ 顔画像や動機は?桐生しのぶを殺害し遺棄!父親も同居で家庭関係がヤバい!

 今年3月、滋賀県守山市の河川敷で切断された女性の遺体が見つかった事件で、警察は母親の遺体を遺棄したとして31歳の娘を逮捕しました。

 今年3月、守山市の旧野洲川の河川敷で刃物やのこぎりのようなもので切断された女性の胴体が見つかりました。

遺体は30歳から50歳くらい、死後1、2週間が経過していて、警察は別の場所で切断され遺棄された疑いがあるとみて捜査していました。

 

 そして5日、警察は女性の身元は守山市内に住む無職の桐生しのぶさん(当時58)と特定したと発表するとともに、娘で看護師の桐生のぞみ容疑者(31)を死体遺棄の容疑で逮捕しました。桐生さんの自宅では捜索が行われました。

 「(被害者は)普通に優しいおばちゃんって感じ。そういえば最近見ていない、会っていなかった」(近所の人)

 取り調べに対して、のぞみ容疑者は「やっていないと」と容疑を否認しています。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

 

 

桐生のぞみ 父親とも同居していた?家族関係が・・

別のニュースを確認するかぎりでは、どうやら桐生のぞみ容疑者は被害者で母親の桐生しのぶさん以外にも父親とも同居していたとされています。

3人で同居していたんですね。

このような大きな事態になっているのにも関わらず、父親は何も気にならなかったのかが疑問です。

何より逮捕された桐生のぞみ容疑者は看護師。

普段そのような人の扱いに慣れているとはいえ、母親を手に掛けるなんて残酷すぎる・・

常人には考えられない事件だと思います。

ただ、ここまでの行動を起こせるとなると、よほどの事がない限り、実行には移せないはず。

精神異常か、何かしらのストレスを受けているのでは無いでしょうか。

 

桐生のぞみ 遺体遺棄事件にネットの反応は?

今回の事件に関して、ネットの反応を集めてみました。

●現役の看護師が実の母親の死体を切断て・・・世も末だな

 

●マジ?正に鬼畜の所業だね。
看護師としても人間としてもあり得ない!
恐ろしいニュースだよ。

 

●母親を切断できるとは、、、
外科医でさえ身内の手術は躊躇するのにね

 

●なんでこんな事件ばっかり・・・まともじゃない奴らは自分だけで死んでほしいです。嫌な世の中だ。

 

●わけわっからん。
まず、母親を切断出来るんか?
もし、見つからないようにするなら、公園はないやろ?
葬式代が、無かった?
でも、母親をゴミのように、なぜ捨てられる?

 

●余程の事が無い限り自分を生んだ親を殺したりしない、、、ましてや切断
など、、、俺のおふくろ91歳です。長生きしてや

 

●サイコパス過ぎる…

やはり今回の事件に関しては容疑者の行動が1ミリも理解できないといった

コメントが多いように思います。

 

 

桐生のぞみ事件について一言

現在のところ、桐生のぞみ容疑者は容疑を否認しています。

おおよその疑いをかけられている時点で犯行は決定的の様に思いますが、ここにきて否認する理由は何なのでしょうか。

父親の存在がニュースにならないことにも違和感を感じますね。

新しい情報が入り次第、追記していきます。

 

 

 

コメントをどうぞ