鹿嶋学 事件の経緯は?広島県廿日市の14年前の北口聡美さん刺殺事件について

広島県廿日市(はつかいち)市にて

14年前に県立廿日市高校2年の北口聡美(きたぐちさとみ)さんが

自宅で殺害された事件がありましたね。

現在、その犯人が逮捕され急展開となっています。

逮捕されたのは山口県宇部市の会社員、鹿嶋学(しかしままなぶ)容疑者です。

 

現在ではその顔画像が公開されており、

動機などについて調べが進められています。

この記事では、これまでの事件の経緯について

詳細に記載していきます。

 

スポンサーリンク

鹿嶋学 事件の経緯は?広島県廿日市の14年前の北口聡美さん刺殺事件について

被害者の北口聡美さんが殺害された事件について

経緯を詳しく見ていきます。

事件発生直前(2004年10月)

14年前の秋、2004年10月5日に

廿日市市の住宅で事件は発生しました。

 

2004年10月5日午後2時頃、

当時高校2年の北口聡美さんは、

定期試験のため、普段より早く廿日市市上平良の家に帰宅しました。

 

事件発生(2004年10月)

2004年10月5日午後3時頃、

そして、自分の部屋に居ましたが

侵入してきた男に刃物で刺され殺害されました。

北口さんは首や胸、背中をナイフのような刃物で

10か所程度刺されていたとのこと。

 

母屋にいた祖母と妹が悲鳴を聞いて駆けつけると、

玄関付近の階段の下で北口聡美さんは倒れており

血まみれの状態で発見されています。

 

その時は傍に若い男が立っていたそう。

その後、妹は外に逃げたそうですが、その若い男は祖母にも襲い掛かったとされています。

祖母も一時重体になり、男は逃げたとされていました。

現場には物色の形跡はなく、

指紋やDNA、そしてスニーカーの跡だけが残されていました。

 

 

事件後(2004年10月)

警察は目撃情報に基づいて似顔絵を公開。

前述しましたが、

現場にはスポーツシューズの足跡や、

犯人のものとみられる血のついた指紋、

そしてDNAなど多くの「証拠」が残されていましたが、

犯人の特定には至らず、捜査は難航していました。

 

事件後(2008年~)

2008年からは犯人逮捕に結びつく情報に

最高で300万円の報奨金を支給する制度を適用しました。

 

被害者の北口聡美さんの父、北口忠さんは、

事件解決につながる情報を求めてブログをつづってきました。

毎年、命日の前後には捜査員らといっしょに、

駅前で犯人の捜索の為、事件解決を願ってチラシを配り続けてきました。

 

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

 

事件後(2017年)

『今年を最後にしたい・・・』

毎年チラシを配り続けていた北口忠さんは

そのように漏らしていたそうです。

何とか今年捕まえたい

とことん追いかけてやる

そういった思いが大きかったのでしょう。

 

北口忠さんは去年10月にも『今年を最後にしたい・・・』と言っていたそうです。

 

犯人逮捕(2018年4月13日)

事件の解決の糸口がつかめないまま、何年も過ぎていきました。

報道では今年1月までに5818件の情報提供がありましたが、

事件解決に結びつく有力な証言などは得られていなかった。

 

しかし、ある別の暴行事件で

任意に事情を聴いた鹿嶋学容疑者の指紋やDNAが

廿日市市の事件現場に残されたものと一致。

その事がきっかけで逮捕に至りました。

まさに偶然の一致での逮捕劇となりました。

 

 

鹿嶋学の顔画像

現在公開されている鹿嶋学容疑者の画像がこちらです。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

  • 名前:鹿嶋学(かしままなぶ)
  • 年齢:35歳
  • 職業:会社員
  • 住所:山口県宇部市

鹿嶋学容疑者は14年前の当時は21歳。

当時の職業については分かっていませんが、

通常であれば大学生もしくは社会人として働いている年ごろでしょうか。

その21歳がなぜ、17歳の北口聡美さんを

殺害するようになったのかが気になるところです。

 

二人が男女の関係であったように予想されますが、

それにしては自宅が山口と広島ということで遠いように思います。

 

2018年4月13日午後に捜査本部が記者会見を開き

鹿嶋容疑者の認否について明らかにするとのこと。

 

新しい情報が入り次第、追記していきます。

 

コメントをどうぞ