ナジム・アグダム 顔画像を特定!動機はアカウント停止?米Youtube襲撃事件

ナジム・アグダム 顔画像 動機

4月4日朝に報道されたYoutube本社への銃撃事件。

犯人の女は自殺したとのことですが、顔画像や身元が特定されましたね。

自殺した犯人の名前はナジム・アグダム容疑者。

やはりユーチューバーとして活動していたようです。

アカウントについても確認できました。

 

スポンサーリンク

ナジム・アグダム 顔画像を特定!動機はアカウント停止?米Youtube襲撃事件

容疑者は女性一人。

犯人の名前はナジム・アグダム(Nasim Aghdam)という女性。

顔画像はこちらになります。

出展:https://www.youtube.com/

容疑者の年齢は39歳。

サンディエゴに在住していたそう。

ナジム・アグダム容疑者は事件発生直後に自殺したとのこと。

ナジム・アグダム容疑者は英語とアラビア語を使用していたようです。

更に、Youtube本社を襲撃したとのことなので、職業はユーチューバーを疑われていましたが、やはりその様でした。

専業なのかどうかは明らかになっていません。

肝心のYoutubeアカウントですが。

『Nasime Sabz』

『Yesil Nasim』

『Nasim Handmades』

『Vagan Nasim』

というアカウント名で動画を投稿していたそう。

現在はすべての動画のアカウントが停止措置をとられており、閲覧することは不可となっています。

出展:http://koku-byakunews.com

 

ナジム・アグダム容疑者はホームページ開いていたそう。

出展:http://koku-byakunews.com

黒いホームページで少し怖いですね。

 

 

ナジム・アグダム 動機はアカウント停止?

アカウント停止となった今となっては、実際にどのような動画を掲載していたのかは分かりませんが、どうやら襲撃のきっかけはYoutubeアカウントの停止が原因とみて間違いなさそうです。

 

また、アカウント停止となった理由は彼女がトレーニングする模様を映した動画が「性的なコンテンツ」を含む動画と認定されたことが原因の様子。

 

私はユーチューブアカウントを持っているわけではありませんが、どうやらその認定をされると、年齢制限をかけれられるようですね。

 

さらにアカウントの停止が相次いだことで、広告収入が激減したとのこと。

 

良くある話ですが、このようなアカウントの規制については、Youtube側の運営者の判断、もしくはシステムのアルゴリズムによって判断されるため、どのような要因によってアカウント停止になるかについては分からないところもあります。

 

しかし、

 

そもそも正常なアカウント運営を行っていれば、そのような停止措置までには行われないはず。おそらくは何かしら不純な目的があったと思われます。

 

そのアカウントの停止・制限に激怒し、Youtube本社を襲撃したと言うことのようですね。

 

海外のメディアでも報じられています。

 

Officials: YouTube shooter identified as user Nasim Aghdam

 

ナジム・アグダム容疑者のどの画像も、無表情で少し恐怖を感じさせるところがあります。

 

さらに、どうやら負傷したYoutubeの従業員3人の内、少なくとも一人はナジム・アグダム容疑者と面識があったそう。

 

やはり以前からアカウントの停止についてもめていた可能性がありますね。

 

 

 

ナジム・アグダム 米YouTube襲撃!事件の詳細

アメリカ・カリフォルニア州にある動画共有サイト大手「ユーチューブ」の本社で3日、銃撃事件があった。

これまでに3人が撃たれて搬送されたほか、容疑者の女1人の死亡が確認されている。

現地時間3日午後1時前、カリフォルニア州サンブルーノにあるユーチューブの本社で銃撃事件があった。

警察によると、これまでに3人が撃たれ、病院に搬送されたが、容体は分かっていないという。

また、容疑者の女1人の死亡が確認されているということで、警察は容疑者が自殺した可能性があるとしている。

ユーチューブの従業員などはすべて建物から避難しているほか、警察はほかに撃たれた人や容疑者がいないかどうか捜索を続けているという。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

 

 

ナジム・アグダムの動機にネットの反応は?

ネットでの反応としては、やはりなぜその程度のことで銃撃事件まで起こすことに繋がるのか?と言うこと。

その行動力を動画投稿に生かせば良いものの、少し頭のネジが外れている様な印象を受けます。

しかし、このような犯行を起こしてしまうからこそ、ユーチューバーはヤバい奴だというイメージが付いてしまうのは残念ですね。

 

今や子供のなりたい職業の上位を占める上、意義ある発信をしている人も多い。

全てがそのようなヤバい奴ではないことを覚えておいてほしい。

 

ナジム・アグダム容疑者のように、動画投稿での広告収入が生活を支えているとなると、異常行動を起こしてしまうものなのだろうか・・

 

●たったその位の事で銃撃事件に発展してしまうのがアメリカの怖い所だよなぁ

 

●それだけの理由で関係のない人を傷つけていいわけねーじゃん。

 

●PETAでも活動していたヴィーガンで牛や豚食の反対活動の動画への年齢制限で不満とか人より家畜が大事だったのかな

 

●やっぱりなって感じだわ

 

●実際Youtube動画の規制って基準がはっきりしないしあまりにも一方的すぎるよな

 

●なんとかに刃物のたとえじゃないけど、
こういう人間が銃を手に入れて他人を傷つける事件が発生してる以上、世論が銃規制に傾くのもやむ無しだよなあ

 

●自己主張の強いユーチューバーは
ひどく捻じ曲がるとこうなってしまうのか…

 

●フツーに、動機が理解不能
それだけで、乱射にジサツとは

 

●ブログ運営してるけど、ただAdSenseポリシーに準拠してるだけで「検閲だー」とうるさい奴はいるなぁ

 

●その扱い日本もよくあるよな
筋肉ユーチューバーの動画とか。

 

●変な主張をする人は歪んだ性格が顔にも現れる

 

●些細で時には邪な不満や恨み
そんな鬱憤晴らしを、銃を駆使して容易に実行に移れる社会。
そんな社会が良いわけがないのだが。

 

●ユーチューバーなんてトップに行かない限り自撮りで痛いだけ

 

●何でそれが銃をぶっ放して人を傷つけた挙句に自殺する事に繋がるんだ?

コメントをどうぞ

  1. 匿名 より:

    こういうことは再発されるにちがいない。
    SNSなどのサイトも考えたほうがいいよ。