巨大小惑星 117年後地球衝突?名前は『ベンヌ』回避の方法は?

ニュース・事件

巨大小惑星 117年後

巨大小惑星が近い将来、地球に衝突する可能性があることが発表されましたね。

仮に衝突するとしたらその日は100年以上先の事のようですが、威力が核弾頭ミサイル郡に匹敵するそう。

 

スポンサーリンク

巨大小惑星 117年後地球衝突?名前は『ベンヌ』回避の方法は?

衝突の可能性がある惑星は、直径500メートルを超す巨大小惑星で名前は「ベンヌ」というそう。

米航空宇宙局(NASA)は2135年9月22日に地球に衝突する可能性があると発表しています。

正確な日時まで指定されるなんて技術は発展していますね。

現段階では、まだ衝突の可能性は『低い』とされています。

ただ、衝突の可能性がある限り、NASAは対策を検討しているとのこと。

現段階では、HAMMERと呼ばれる宇宙船を使ってベンヌにぶつけるか、もしくは核装置を使って、地球に向かうベンヌの軌道を変えさせることを計画している様です。

ホント、映画のような話ですよね。

小惑星衝突で有名な映画でいえば、1990年代に放送されたアルマゲドンでしょうか。

ただ、まだ検討の段階であるため、HAMMERを使って、現段階での技術的課題について調べることを目的としているようです。

確かに、現状で『ベンヌ』は衝突の可能性があるとされていますが、他にも何らかの影響で起動がずれて急接近した隕石が地球に衝突する可能性は考えられます。

そういった地球に危機が近づいた時の為に、その対策を検討するのは必要ですね。

現にこれまでに何度か地球に隕石が衝突しています。

2013年にロシアのチェリャビンスク付近の上空で爆発した隕石は、直径20メートルほどと比較的小型だったが、相当の被害を引き起こした。放出したエネルギーは広島の原爆の約30倍に相当し、窓ガラスが吹き飛ぶなどして1500人が手当てを受けた。

 

※ちなみに、隕石と小惑星の違いは、宇宙の流星が実際に地球の地表に到達したものが隕石、惑星と呼ぶほどは大きくないサイズの宇宙空間にある岩が小惑星です。

 

直径20メートルって相当大きいですよね。

フットサルコートに近いくらいの大きさではないでしょうか・・

その大きさで原爆の30倍の威力。

また、6500万年前にも隕石が衝突しているとのこと。

 

ユカタン半島を直撃した直径約16キロの隕石は、恐竜を絶滅させ、全長約150キロのクレーターを残した。

 

今回、衝突の可能性があるとされているベンヌは直径500mとされているので、おそらくは相当の損害を発生させる可能性はあるとされています。

 

ただ、何年も先のことですし、少し軌道をずらすだけで衝突の可能性は回避できるとのことなので、衝突は回避できそうな気もしますね。

 

こちらは地球に隕石が衝突した場合の動画です。

 

セリーナ 会見拒否で罰金100万!プライドが理由?テニス界のルールが厳しすぎる!
セリーナ 会見拒否 マイアミ・オープンにて、3月21日に行われたシングルス1回戦の試合でセリーナ・ウィリアムス選手は大坂なおみ選手に敗北し、世間が注目していますね。 というのは、セリーナ・ウィリアムスは元・世界ランキング1位。 産休の...

 

 

巨大小惑星 117年後でネットの反応は?

●他国の破壊だ、殺戮だ、戦争だではなく人類は国境を越え知恵を結集してこういう問題に取り組むべき時が来ている。医療、科学の進歩にしてもしかり。

●もう確率の話になるので、遠いうちに軌道を変える対策をとってほしい。地球規模のプロジェクトになるのかな。

●地球規模の話なんやろうから 軽々しく意見できるものでもないんだろうけど

宇宙ってすごい規模なんやんな?
実際いったこともないし、張り付いてるような空を見上げるんじゃなくて、眼前に広がっている宇宙なんて見たことないけど
実際本当に人類が知っている通りの人知を超えた世界がそこにあるのであれば、衝突したらしたで仕方ないのでは。
そもそも目に見えるものがすべてなのか?
それもわからない。与えられた情報しか知らないもんね。
多分本当にやばいなら 言わないって。黙ってるって。だって全世界パニックになるし 最後にはっちゃける人とか出てくるよ。
本当にやばいときこそ なんにもない平和みたいになると思う。
元々奇跡の連続みたいな危うい部分で存在してるんじゃないの?多分。
それ以前に人間は人間同士で地球終わらせてしまうんじゃないかな。
その方が早くに来るんじゃないかと思ってしまう。

●基本的に言えば、火星探査計画をそのまま利用
して、有人探査ユニットの代わりに小惑星設置
モジュールひ変えるだけ。
後は、小惑星と連結したロケットを起動し、
地球周回軌道より内側を周回する軌道に落とす
だけだろう。
10年単位で軌道変更を考えれば、安全に回避
できる。
それだけの技術と誘導する為の通信網と観測網
があるからね。
次の課題は、政治家が動くかだ。
火星探査より、地球防衛の方が、世界世論には、
受けが良いな。
小惑星が地球に落ちたら、500メートル級なら、
5メガトン級の戦略核と同じ威力だし、地殻に
影響を与える。
つまり、落ち所次第では、それ以上の災害になる。
火山、原発、石油コンビナート、核保管庫、
又は主力軍事施設など、上げればキリがない。
大都市に落ちれば、100万人位の被害者でる。
地震や台風の災害より酷い事になる。

●今どの辺の位置にあるのでしょうか?
監視する衛星を飛ばしてはいかがでしょうか?

●117年後の地球か。今いる人間皆入れ替わって
我々誰も生き残っていない世の話だね。
でもまだ見ぬ子孫が心配だから、今の内に軌道を変えてしまおう。

●100年も時間があるなら波動砲みたいなエネルギー兵器とかできてて核の出番はないかも

●今から準備→10年後に打ち上げ→更に20年後に爆破→軌道変える事が出来て、今後も安心。 位のペースで対応した方がいいじゃない?

「巨大」な「小」惑星って、なんか変な感じ。
惑星としては小さいけど、その中では巨大って
こと? だったら普通の「惑星」ってことじゃ
ないのかな。

●そんな先のことわからないって人がいるけど、117年、そんな先じゃないと思う。これから結婚する人だったら、将来居るでだろう君の子に影響がある話なんだけどね

●ふと疑問に思ったけど、宇宙空間では核は無意味なのでは?
何年も前からミサイル撃ち続けて少しずつ軌道をずらす感じかな?

こういうことには各国一致団結して
阻止して欲しいと思う。
でも本当にぶつかりそうになった時
どこに落ちるか(どこに逃げるか)
きっと今の内閣なら秘密裏に話を進めていそうだ。

コメントをどうぞ