そだねー 商標登録出願したのは六花亭製菓?目的は?『独占の意図は無い』

ニュース・事件

そだねー 商標登録出願

平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表のLS北見の選手達

試合中の北海道弁の訛りが入った『そだねー』という言葉が話題になりましたよね。

しかし、その『そだねー』という言葉が

本人たちの知らないところで商標登録されてしまったようです。

 

スポンサーリンク

そだねー 商標登録出願したのは六花亭製菓?目的は?『独占の意図は無い』

 

報道によると、

北海道帯広市の菓子メーカー「六花亭製菓(ろっかていせいか)」が『そだねー』を特許庁に商標登録を出願していたそう。

六花亭製菓は独占の意図はないとしていますが、

LS北見の本人たちの関係のないところで

商標登録するのはモラル敵にどうなのでしょうか。

特許庁によると、

どうやらLS北見が銅メダルを獲得してから5日後の3月1日に

商標登録出願が行われていたそうです。

商標を使う区分は「菓子及びパン」

現在のところ、

「LS北見と無関係なのに意図が分からない」

としてクレームが殺到している様子。

そりゃそうですよね、今回の平昌五輪でLS北見は日本中から応援されていました。

その努力する姿勢や愛らしい喋り方でも注目を集めていましたし、

何より銅メダルの快挙を成し遂げています。

そのLS北見の功績に乗っかって横取りするかのような行為になり得る行為かと思います。

 

しかし、六花亭製菓は、

いずれは商品化を目指すが、道外の業者に商標登録されてトラブルになることを防ぐ目的もある

としているそう。

また、

弊社に申請してもらえれば、自由に使えるような仕組みにしたい

としているとのこと。

確かに、独占の意図は無いようです。

そう考えると、カーリングの選手を応援したいがために商標登録したと言うことでしょうか。

かなり有名な企業のようなので、善意で行っているという見方もできるかもしれません。

ただそこは、本人たちに少しでも連絡を入れておけばこのような騒ぎにもならなかったのでは・・なんて、思ってしまいますね。

 

藤澤五月 血液型はO型で性格は姉御肌? 家族や彼氏について調査!
平昌五輪カーリング女子日本代表の藤沢五月選手がかわいいと注目されていますね。 競技している時で気になるのはプレー中の真剣な表情と、安堵した時の表情の切り替わり。 その変化にドキッとした人もいるのではないでしょうか。 この記事では、そん...

 

 

そだねー 商標登録出願の六花亭製菓(ろっかていせいか)とは?

六花亭製菓株式会社(ろっかていせいか)は、北海道帯広市に本工場を構える菓子メーカーである。コーポレートメッセージは「お菓子は大地の恵みです」。

北海道出身の画家・坂本直行による草花の絵をモチーフにした包装紙が有名。また、現在の主力商品であるマルセイバターサンドは北海道銘菓として人気が高い。

引用:Wikipedeia

六花亭製菓は北海道帯広市に位置するバターサンドで有名なお菓子メーカーのようですね。

 

藤澤五月 韓国語と笑顔で人気?かわいいけど大泣きの画像の真相は?
平昌オリンピックでカーリング女子代表選手の藤澤五月さんがかわいいと注目されていますね! なんと現在は国を超えて韓国でもその注目は集まっているそう。 なんでも韓国の大手ポータルサイト「ネイバー」では検索上位に位置するほどその人気は広がって...

 

 

そだねー 商標登録出願騒動は過去にPPAPも・・

以前も、お笑い芸人のピコ太郎こと小坂大魔王さんが流行した際、赤の他人が『PPAP』を商標登録出願したことも話題になりましたよね。

PPAPの件については赤の他人から出願があったものの、勝手に商標登録されることは無くなったそう。

というのは、特許庁が以下のような声明を発表していたようです。

「最近、一部の出願人の方から他人の商標の先取りとなるような出願などの商標登録出願が大量に行われています。しかも、これらのほとんどが出願手数料の支払いのない手続上の瑕疵のある出願となっています。

特許庁では、このような出願については、出願の日から一定の期間は要するものの、出願の却下処分を行っています。

また、仮に出願手数料の支払いがあった場合でも、出願された商標が、出願人の業務に係る商品・役務について使用するものでない場合(商標法第3条第1項柱書)や、他人の著名な商標の先取りとなるような出願や第三者の公益的なマークの出願である等の場合(同法第4条第1項各号)には、商標登録されることはありません。

したがいまして、仮にご自身の商標について、このような出願が他人からなされていたとしても、ご自身の商標登録を断念する等の対応をされることのないようご注意ください」

 

つまりは、以下のようであると言うこと。

・出願された場合も、出願手数料の支払いが無い場合は却下処分となる
・仮に手数料の支払いがあった場合でも、他人が出願したものが商標登録されることはない
・上記のことから、商標登録を諦め第三者と勝手なやり取りをしないように

引用:https://rocketnews24.com

一般に知れ渡っている言葉が赤の他人が勝手に商標登録を行っても商標登録されない・・といったニュアンスであるように思えます。

※詳しくは特許庁のホームページをご覧ください。

まぁ、トラブルの元となりますからね。

今回の『そだねー』の商標登録については、

LS北見のメンバーらが快諾してくれれば、

商標登録もできるような感じもします。

 

吉田知那美 私服姿が可愛いと話題!パーティドレスからゴルフウェアまで!
平昌オリンピックのカーリング女子で銅メダルを獲得した LS北見のメンバー吉田知那美さんの私服姿が話題となっていますね。 というのは、吉田知那美さんがインスタグラムを投稿しました。 オリンピックに出場したチームメンバーらとの 笑顔の私...

 

 

そだねー 商標登録出願にネットの反応は?

●コメント欄でやや批判が目立ちますが、「独占する意図はない」「自由に使えるような仕組みにしたい」と語っているのであれば問題ないのではないでしょうか。
というのもご存知の通り、国内ではベストライセンス社と同社を運営する人物が大量に商標出願をしており、知名度の高い言葉は先に抑えておかないとビジネス目的で取られてしまいます。
特許庁でもこの件について「自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)」と注意を呼びかけるような状況であるため、独占が確認できるまではそこまで批判するべき事例ではないように思います。

●ファンにも企業にも色々な思いがあるでしょうが、六花亭さんは北海道の企業。
カーリング応援のために動き出した、と解釈するのは楽観的すぎるでしょうか。だとしたら批判の対象には決してならないはずです。

●道外の人間から見れば六花亭は北海道を代表する菓子メーカーの1つ。
そもそもそんなネーミングの菓子に頼らなければ売り上げが減少するような会社規模じゃないだろ。
所謂地元愛、善意で道外の業者に使われる前にネーミングを抑えて道内の業者で使うというのなら悪い事に思えない。
ただし道内の中小メーカーに対して権力を持つことにもなるのでそこは注視すべきだが。
苦情を言っているというのはどうせ北見や帯広が何処にあるかも知らない外地の人間。ほっとけ。

●そのうち何も喋れなくなる。
商標登録は跳ね返すことも必要じゃないのかな。

●道内企業に無償で使用を許可するなら、いいと思う。無関係なのに、どんどん商標をとりまくる弁理士がいたよね。そういう人に対する防御策では?

●これは賛否あると思うけど、善意からの(広い意味で)地元の企業が商標を持つことは悪くないと思う。
当然、LS北見やその他関係各所との折衝は必要だろうけど。
この企業がLS北見と協議の上、LS北見が最近契約したマネジメント会社に管理を委託するのがベターだと思う。
悪意ある企業から商標を保護するためというのなら、それくらいの考えはあって当然。
このままでは、この企業の悪意ある商標出願と言われても反論しにくいだろう。

●「そだねー」の商標を取ったところで金儲けにはならないと思うけど。
PPAPの商標登録狙った商標ゴロはその後どうなったんだろう?

●中国のやつら対策かなと思った。

●ここの社長、二代目で、四回も結婚してるし、子供の母親が、全員違うんだな。聞いた時から時間経ってるから、5回か、6回になってるかもしれないけど。パッケージの絵も訴訟になってたな。勝手に使って、何年も裁判してた。

●この会社、道産小麦じゃなく輸入を使いますとか
バターサンドが妙に小さくなってしまったりして
良い印象がないです
いつからこうなったのでしょう?
全道に出店し始めた頃からなのでしょうか
首都圏でいつでもバターサンドが買えるようにもなりましたね
商売としてはそれで良いのかも知れませんが
なんだなーと思ってしまいます

●大阪のベストライセンス社がまたかと思ったら、帯広の六花亭。
六花亭も訳が分からないことするね。

●商標ゴロに盗られるよりは北海道のメーカーが持っている方が安心できる。
有名メーカーだし変な使い方もしないでしょう。と思いたい。

●道外の企業じゃなくて、商標屋や中国業者対策じゃないの。
六花亭は、この商標に頼らなくても充分な売り上げあるし、独占するとかえって印象悪くなる。
その意味では善意の登録と思うけど。
ただ、商標による売り上げは、一部はカーリングチームに還元してあげてくださいね。
次のオリンピックまで時間があるので。

●この後の六花亭の対応次第でしょう。
名の知れた会社だけに変な事はしないと思う。

●中国に取られなくて良かったなぁ。
後は関係ある企業に無料で譲渡するんでしょ?
それなら六花亭の判断は間違っては居ない。
天下の六花亭が皆が思い描いているような姑息な手段を使うわけが無いだろ。

コメントにもあるように、

おそらくは『中国対策』として、悪意あるマネをして販売されることを防ぎ、

LS北見のメンバーを応援する意図もあって行ったと思われます。

とすれば、独占の意図もないですし、善意での登録でしょうね^^

 

藤澤五月 タバコでぼや騒ぎの真相は?移籍理由は引き抜き?不祥事?
平昌五輪カーリング女子日本代表の藤沢五月選手が注目されていますね。 試合で勝利した時の笑顔が印象的で、カーリング選手の中でもひときわ美人と有名です! そんな藤沢五月さん、実は以前にタバコでぼや騒ぎを起こしたとかいう情報がありました。 ...

コメントをどうぞ