大砂嵐 無言 妻への配慮か? 弁護士は『彼はどう説明すべきか困惑』

ニュース・事件

大砂嵐の無免許運転の騒動が注目を集めています。

2018年1月22日、大砂嵐が両国国技館で日本相撲協会の聴取を終え、午後11時過ぎ、報道陣の前に姿を現しました。

しかしながらその場では本当に姿を現しただけで終始、『うつむき加減で無言』だったそうです。とっさに代理人の長谷一雄弁護士と師匠の大嶽親方が対応したそうですが、なぜ無言を貫いていたのでしょうか。

 

詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

大砂嵐(おおすなあらし)プロフィール 年齢や身長は?

 

  • 名前:大砂嵐 金崇郎(おおすなあらし きんたろう)
  • 本名:アブデラハム・アラー・エルディン・モハメッド・アハメッド・シャーラン
  • 生年月日:1992年2月10日
  • 出身地:エジプト・カイロ市
  • 所属部屋:大獄部屋
  • 番付:十両八枚目
  • 身長:189cm
  • 体重:160kg
  

 

大砂嵐 報道陣とのやり取り全容

ここで、大砂嵐が報道陣への質問への対応内容の全文についてまとめていきます。

Q:大砂嵐が運転していたのか、していないのか

A(長谷弁護士):大砂嵐は道路交通法違反、無免許運転で警察の取り調べが進行中。詳細は控えたい。

その後、

『起こした事件に対するコメント』、『休場について』、『現時点の関取の気持ち』『ファンの方へのメッセージ』、『師匠や協会に報告しなかった理由』については終始無言を貫きいていた。

どう対応すればよいのかわからないのか、それとも何も話すなと言われているのか、詳細は不明。

大砂嵐が何も答えない理由について問われると、長谷弁護士が答えた。

私が彼の心情を代弁して答えることは出来ないが、忖度(そんたく)すると、関係者に迷惑をかけたこと、妊娠中の奥様が車に乗っていたことで、奥様に対する配慮があり、どう説明すべきか困惑している。また今回、一方的に警察の捜査を受けていることが報道された。これは大変遺憾なこと。大砂嵐としては道路交通法違反事件に対して、正当な防衛をしたいと考えている。テレビ局の報道が一方的にされた。弁解の機会も与えて頂けなかった。これに対して大砂嵐としても困惑していると思う。報道されていることすべてが事実ではない。

 

このコメントを見る限り、あくまでも協会側は大砂嵐の奥さんが運転していたという事実を通したいようにも捉えることができる。

何が真実なのかは断定できないが、見ている限りではどこか違和感を覚える内容のように思える。

この報道について思うこと

大砂嵐が運転していたのか、していなかったのか、どちらが真実なのかについては不明だが、なんだか相撲協会の圧力のようなものを感じる内容だった。

なにか事実の情報を捻じ曲げているようにも感じられる。

今考えると、以前の日馬富士の暴行問題で貴乃花親方が報告せずにメディアにも何も答えなかったことが腑に落ちてきた。

おそらくは、貴乃花親方も何かしら協会に伝えていたら、とにかく事態を収拾させようと事実を捻じ曲げられていた可能性がある。それを危惧して貴乃花親方は何も話さなかったのではないだろうか。そう考えるとあの判断は間違っていなかったようにも思えてしまう。

 

 

コメントをどうぞ