はれのひ 被害多数で混乱!夜逃げで警察相談や店間違いの電話も多数

2018年1月8日の成人の日、夜になりあちらこちらから新成人の笑い声が聞こえてきますが、振り袖販売やレンタルを手掛ける「はれのひ(harenohi)」が突如として姿を消した事件はいまだ収まりそうにありません。

1日が終わり、まだ被害規模については公表されていませんが、相当な被害者がいる模様。

この人生で一日しかない日にいろんな意味で忘れられない日になってしまった人は多いのではないでしょうか。

説明を求める声が相次いでいるようです。

詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

 

 

振袖販売業者『はれのひ』の夜逃げ騒動

2017年1月8日に行われた『成人式』に合わせて振袖販売業者『はれのひ』が店舗ごと忽然と姿を消しました。

この日、『はれのひ』に着付けの予約をした人は多くいたそうです。

『はれのひ』に予約したときの段取りとしては、事前に『はれのひ』で振袖を購入し、成人式当日に着付け会場となる近隣のホテルに直接届けてもらい、当日はそのホテルで着付けを行ってもらうことになっていました。

事前にで振袖を受け取れないことに違和感を覚えた人もいたそうです。

しかしながら、『成人式』当日の朝、着付け会場のホテルに業者が来ておらず、振り袖も届いていませんでした。

被害者はあわてて『はれのひ』のスタッフに連絡したが、どの店舗のスタッフにも連絡を取ることができなくなっており、パニックになったことから事件が明らかになりました。

被害者には着付け会場のホテルスタッフや会場として利用していた他のレンタル業者らが協力して、着付けや振り袖を探すなどのサポートをしていたという。

現在の『はれのひ』店舗の様子は、空っぽに

現在のはれのひの事務所は商品から陳列棚まですべて空っぽになっているようです。

Twitterでは以下のような写真が掲載されていました。

まさにもぬけの殻といった状態。

これには呆然としますよね。

もともとはこんな状態だったそう。

これだけの荷物を一斉に移動させるには、計画的に移動作業をしなくてはなりません。

そのため、年末年始に『夜逃げ』が行われたことは間違いないでしょう。

トラックも数台使用して移動したのではないでしょうか。

言葉を失いますね。

「はれのひ福岡天神店」では予定通り営業

福岡市中央区にある「はれのひ福岡天神店」では、予定通り成人式の着付けが行われたそうです。

ということは、全ての店舗に夜逃げするように指示されていたわけではないんですね。

上からの圧力に屈することなく、新成人のために営業を続けてくれたのでしょう。

店舗に大きな混乱等は起きなかったそうですが、トラブルを報道で知った客が相次いで店舗を訪れていたそうです。

しかし、この店舗のスタッフもこれからどうすればよいのか分かりませんよね。

司令塔が突如としていなくなってしまったので、大量の振袖が残っているのでしょう。

この日、福岡天神店でレンタルされた女性には、振袖をそのままプレゼントしたとか。ただ、受け取る側も『あげると言われても、複雑な気持ち』とこぼしていたとか。

関係者によると、9日以降も営業するかは不明のようです。

その方が良いかもしれませんね、大きな被害を受けた人が、福岡天神店に押し寄せるなんてこともあるかもしれません。スタッフとはいえ、さすがにその被害者全てに説明することはできないでしょうし。

『はれのひ』違いの間違い電話も多数

画像引用:ハレノヒ

おそらく、この事件が発覚してあわてて被害者が『はれのひ』の電話番号を検索して問い合わせたのでしょう。間違えて同名他社のフォトスタジオ『ハレノヒ』に無言電話がかかってきたり、『ハレノヒ』のウェブサイトがストップしたりしたとか。

『ハレノヒ』も貸衣装店を経営していることも有り、間違われたのでしょう。

サイト上には

『当社とは関係ございませんので、ご安心ください。悲しいニュースに心を痛めています』

とコメントを出すなどして対応していました。

終わりに

この日、早朝から『はれのひ』の店舗がある地域の交番には1日で80人以上の人がつめかけたそう。もちろんそれはその日成人式があってどうしようもない人が助けを求めに入ったわけで、被害者はその他にも来年、再来年のために振袖を予約していた人もいるはず。

成人式の着物なんてとても高価な物。20~60万円、中には100万円もするものもあるのではないでしょうか。そのような高価な物はなかなか20歳の大学生・社会人には買えないですよね。母親・父親が払ってくれたものになるでしょう。

そんな中で、払ってくれたのに申し訳ないと涙を流す人も多かったそう。

大切な両親のお金ですもんね。

それに、一生で一度のこと。悔しくて悲しくなるでしょう。

大切な日を自らの私欲のために悪用し、夜逃げするなんてひどすぎる。

しかしながら皮肉にも、夜逃げとなれば法律で裁くことはできないそうだ。

社長の『篠崎 洋一郎』の行方も現在は不明。

しばらくは返金されるかどうかについては厳しい状況となるだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加