大高由治 顔画像は? わいせつ行為で逮捕 4年前に再犯?同様の事件の前科あり

またしても鳥肌が立つような事件です。

2017年12月15日、都内の江戸川区で小学5年生の男の子を駐車場に連れ込み、わいせつな行為をしたとして48歳の男が逮捕されました。

容疑者の男の名前は大高由治(おおたかゆうじ)です。

報道によると、子供にトイレの場所を聞くなどして声をかけ、連れ出した後、近くの駐車場に連れ込み、自分の下半身などを触らせたとか。

全く、良い年した大人が突発的な行動してるんだ?

・・と、思ったら、どうやらこの方は再犯のようですね。

調べてみると、過去にも同じような事件を起こしているようです。

詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

 

 

大高由治を逮捕 顔画像は?プロフィールは?

プロフィール

まずは簡単に報道されている内容を元にプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:大高由治(おおたかゆうじ)
  • 年齢:48歳
  • 住所:千葉県浦安市
  • 職業:派遣社員

一応、働いてはいるんですね。

となるとこれまではこんな行動する人が都内の近くで働いていたのか・・怖すぎる。

顔画像は?

こちらが、大高由治(おおたかゆうじ)容疑者の顔画像です。

外見は茶髪に男性にしては長めの髪の毛。

鼻がそこそこ高く、一見すると普通の人。

こんな人がこのようなわいせつな行為を行うとは想像もできません。

小5男児にわいせつな行為 事件の詳細は?

事件詳細

大高容疑者が犯行を行ったのは2017年11月20日の夕方6時頃。

江戸川区にて、下校途中の小学5年生の男の子に「トイレはどこ?」などと声をかけたそう。

もう、路上で声をかける時点で不審者に近い気もしますが。

相手は小学生ですからね、親切に教えてくれたのでしょう。

すると、大高容疑者は近くの駐車場に男の子を連れ込み、鍵をかけ、自分の下半身を触らせるなどわいせつな行為をしたそうです。

本当に気持ち悪いですね。鳥肌が立ちます。

べに対し、「自分は男性に興奮する」「子供なら抵抗されないと思った」などと話し、容疑を認めているそう。

事件の発覚

報道されていませんが、男の子にとってはトラウマになるような経験だったのでしょう。

その後、被害者の小学生がご両親か、誰かに助けを求め、騒動となり、警察は現場に残された体液のDNA型から捜査を行ったところ、大高容疑者が浮上したとのことです。

大高容疑者は再犯?同様の事件の前科あり

ここで、少し疑問が浮かびますよね。

ん・・?『DNA型から捜査』・・?

そう、大高容疑者は前科を持っていました。

実は大高容疑者は4年前の2013年にも同様の事件を起こしています。

ツイッターで大高容疑者の名前で報道がありました。

2013年には10歳の少年のズボンを脱がせようとしたとして逮捕されています。

一度逮捕されてたんですね。

それで釈放されたのに全く懲りず、同じような事件を繰り返しているようです。

呆れた性格ですね。

また、大人が相手にしてくれないからと、力の弱い子供に手をかけるのも悪質ですね。自分の事しか考えず、その子供が今後どのような気持ちで育っていくのかは全く考えていません。

この報道へのコメントにこのような記載がありました。

『同性だからと言って少年期の原体験は時に人の一生を決めてしまったりしますからな。』

本当にその通り。

その子供にとっても、ご両親にとっても小学生の頃はとても繊細で大切な時期なんです。

今後は被害者の少年の心のケアが必要でしょう

ここ最近では、前科を持つ犯罪者の再犯が目立ちますよね。

釈放の基準が甘くなってきたのでしょうか?

こういうところをなんとかしてほしいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加