ニュース・事件

【旅行】広島県の宮島のオススメポイント!日本三景の一つとして有名

今回ご紹介したいのは、日本三景の一つとして有名な、広島県の宮島です。
広島駅から40分ほど電車に揺られ、さらに15分フェリーを乗り継いで宮島へ。
到着してすぐに人懐こい野性のシカがお出迎えしてくれて、賑わう商店街で食べ歩きを楽しみながら厳島神社へ。
厳島神社から見える海に浮かぶ大鳥居は絶景です。満潮と干潮、みる時間によってもその表情を変えます。
宮島には大鳥居だけでなく、美術ギャラリーや水族館など、丸一日遊べる魅力的な場所がたくさんあります。

鳥居だけじゃない。1日遊べる、安芸の宮島!

日本三景の宮島といえば、やはり大鳥居!
大鳥居は潮の満ち引きや時間帯、見る場所など、何かを変えるだけでたくさんの表情を持ち合わせている不思議な鳥居で、パワースポットでもあります。
でも宮島を満喫できるところはそこだけではありません!
食べ物も美味しい、ユニークや野性の動物もたくさんいますし、水族館もあれば、ギャラリーもたくさんあります。
宮島は歴史も面白く、もともとはかなり閉鎖された文化を持つ島でもあります。いまや、海に浮かぶ遺産としてモンサンミッシェルと姉妹都市ともなっています。ですがまだその閉鎖的な文化は残りつつある。現地の人とお話しするだけでも、歴史を感じて面白いとおもいます。

オススメポイント

人懐こくて愛らしい、野性のシカちゃん!

フェリーで宮島に到着して、一番初めに目に飛び込んでくるのは野性のシカです!宮島にはたくさんの野性のシカが生息していますが、人に慣れていてとても大人しく、近くに寄っても逃げません。隣に並んで写真を撮ったり、撫でさせてくれるシカもいます。さっそくのフォトスポットです。
宮島のシカは小柄で、気性が穏やかなんです。
屋台で買った食べ物を持っていると、シカがやってくることもあるのでご注意!

おいしいものたくさんで選べない!宮島の商店街♪

厳島神社に向かって歩みを進めると、商店街に入ります。
商店街にはお土産屋さんはもちろん、宮島の有名なお菓子のもみじまんじゅうを作りを見ることができるお店があったり、最近はオシャレな雑貨屋さんやカフェもたくさんできました。何世代も前から続くお店もあれば、この数年で開店したお店もたくさんあり、広い世代に楽しんでいた抱くことができる場所になっています。
そんな商店街でも、やはりその場で食べられるものがたくさんあっているので、ぜひ食べ歩きを楽しんで欲しいです!
焼き牡蠣、ぺったらぽったら、竹輪、揚げもみじ、八天堂のクリームパン…美味しくて、宮島でしか味わえないものばかり!全て数百円で買えるものばかりです。
宮島の商店街での食べ歩き、本当におすすめです。

さすが日本三景。絶景の大鳥居。

厳島神社から海を眺めると、正面に朱い大きな鳥居が目に入ります。海に浮かぶように見える、不思議な鳥居です。鳥居の向こうには山々が見え、青い海と、緑の山、朱い鳥居の姿に力をもらいます。
なんと、宮島の鳥居は地面に埋め込まれているものではなく、その自重で自立しているのだとか。
満潮時には見えませんが、干潮時に鳥居を見ると、地面から生えているわけではなく、鳥居の足元は石になっていて、地面にただそれが置かれていることがわかります。

満潮時に海に浮かぶ鳥居の姿も、干潮時に自立して鎮座する姿も、どちらも力強く、パワーをもらいます。

意外や意外、宮島の芸術!?

宮島には芸術品の販売やギャラリーも多くあります。
広島市立大学の学生の展示が行われていたり、宮島で暮らすアーティストが雑貨屋さんにその作品を持ち寄っていたり。宮島は、広い島ではありません。小さな島で、小さなお店で作品が扱われています。気になる作品があれば、お店の方が丁寧に作品の紹介をしてくれて、そのアーティストや作品に対するリスペクトを感じることができます。小さなお店だからこそ、誰のどういった作品を置くのか吟味して、作家さんもお店の方に、自らの作品を丁寧に解説し、その作品愛を、買う買わないに関わらずお店の方も客側に話してくれるのだと感じます。

混雑状況

1日のうちに混んでいる時間というのは特別無いと思います。
ただ、17時ごろになるとお土産屋さんは店じまいを始めてしまうのでご注意ください。ご飯屋さんはまだやっていますが、二軒目三軒目とあまり遅い時間まで飲み歩くことはできません。
混雑が目立つ時期はお正月シーズンと、夏の花火大会シーズンでしょう。その二つの時期は、宮島に渡る人が多いので、自由な身動きはできませんのでご注意ください。宮島島内に宿はたくさんありますが、この時期は簡単に宿を取ることもできません。

「はやし」がオススメ

宮島の商店街の中ほどにあるお店、「はやし」です。
宮島といえば牡蠣で、そのなかでも有名なお店で、常に行列になっています。
宮島島内に牡蠣を売っているお店はたくさんあるのですがら適当に並んでないお店で牡蠣を食べるのは本当にもったいないです。席数が多いので、回転率良いので、行列はできますが割と早めに席につくこともできます。
新鮮で、粒も大きく、焼き牡蠣は勿論生牡蠣も楽しめる。
濃厚で、水っぽくない牡蠣の味が楽しめます。お値段少しはりますが、本当におすすめです。

 

お腹いっぱい、感動的な景色で気持ちも満たされる宮島♪

おなかいっぱい、気持ちも満たされて、小さい様とはいえ、歩いての移動が基本なので、良い運動にもなったのではないでしょうか?宮島島内には人力車もあるので、次回は人力車も利用して、宮島散策を楽しんでみてください!

宮島といえば、海に浮かぶ朱い神社と鳥居…そのイメージが大きかったとおもいますが、今回紹介させてもらって、意外な宮島の魅力にも触れてもらえたら嬉しいです。