ニュース・事件

粕川オート キャンプ場 冬の混雑状況は?岐阜の大人気無料キャンプ場

この記事では、岐阜県揖斐郡揖斐川町の粕川オートキャンプ場についてご紹介します。

このキャンプ場は岐阜県揖斐川町が整備をおこなっており、年中無料で利用することができます。

アウトドアシーズン中は多くの家族連れで賑わうだけでなく、冬場のオフシーズンもオープンしておりますのでシーズンインが待ちきれないアウトドア、バーベキュー好きの家族グループから本格的なソロキャンパーがこぞって集まるスポットです。

その中でも、やはり冬の混雑状況が気になりますよね。

粕川オートキャンプ場についてオススメの時期や場所について紹介していきます。

自然を大満喫

粕川オートキャンプ場は一級河川の粕川沿いに整備されたキャンプ場です。無料でありながらしっかり整備されており、ファミリーキャンプから本格的なソロキャンプまで、静かな川沿いで楽しむことができます。キャンプ場沿いを流れる粕川は、流れも緩やかで浅瀬のため、子供たちも安心安全に水遊びを楽しむことができます。
またこのキャンプ場周辺には大津谷公園という桜の名所、パターゴルフ場、池田温泉、天空の茶畑や池田山といった絶景スポットも揃っており、レンタサイクルを借りることによって様々なレジャーも朝から夜まで楽しむことができます。キャンプ場でのアウトドアに飽きてしまった場合でも幅広く選択肢があり、自然を目一杯楽しめます

岐阜県揖斐川町の粕川オートキャンプ場のオススメポイント!岐阜の大人気無料キャンプ場

安心して遊べるキャンプ場

昨今キャンプが流行っている中で、シーズン中の休日にキャンプ場を予約するのが中々難しくなってきました。このキャンプ場は無料で予約等もなく非常に広いのでシーズン中、オフシーズンを問わず好きなタイミングで訪れてキャンプを楽しむことができます。徒歩10分程のところにコンビニ、車で10分程のところにスーパーとホームセンターもあるので、周辺で食材やバーベキュー道具を調達することができます。無料でありながら広い駐車場やトイレも整備されているのが嬉しいポイントです。

岐阜のマチュピチュ

キャンプ場周辺には通称岐阜のマチュピチュと呼ばれる天空の茶畑があります。駅や池田温泉でレンタサイクルを借りることができ、自然の中をサイクリングで楽しみながら岐阜のマチュピチュを目指すことができます。天空の茶畑は標高300メートルほどの山の中腹にあります。少し体力を要しますが、サイクリングで遊歩道を抜けた先にはペルーのマチュピチュを彷彿とさせる絶景が待っています。SNSでも注目を集めており、この場所ならではのインスタ映え写真を撮ることができます。

東海地方屈指の夜景スポット

粕川オートキャンプ場から車で30分ほど行けば、東海地方屈指の夜景スポットである池田山の山頂から夜景を望むことができます。池田山は標高923メートルある山で、入山道から夜景鑑賞スポットまで整備された車道を20分ほど進みます。鑑賞ポイントには駐車場、ベンチもあり、夏場は多くのカップルで賑わいます。晴れた日には名古屋駅のセントラルタワーズや日本アルプスを一望できる絶景が広がります。冬季は車道が閉鎖されますので事前確認が必要です。

お肌つるつるすべすべ温泉

粕川オートキャンプ場から車で15分ほどのところに、池田温泉があります。天然のナトリウム炭酸水素塩の温泉で、入って肌を触るとぬるぬるして湯上りはしっとりすべすべになるのが特徴です。入浴料は大人500円と非常にリーズナブルで本館と新館に分かれておりますのでリピートしても楽しめます。キャンプ場のテントで寝る前や一日レジャーを楽しんだ帰り道に寄って気持ちよく汗を流すことができる良質な温泉です。

粕川オート キャンプ場 冬の混雑状況は?岐阜の大人気無料キャンプ場

一般的にキャンプシーズンと言われる4月~11月の週末にはかなりの人が訪れます。予約日時等はないため、朝から場所取りで訪れる人もいるのでオンシーズンの週末は8時~9時頃に行けば場所は取れると思います。平日は比較的空いていますが、金曜夜から二泊をするキャンパーも多いので週末は早めに行くのが確実です。12月~3月は気温にもよりますが日中に訪れても場所は確保することができます。池田温泉もキャンプシーズンに準じた混雑度になります。

良質な水で作られた高級食パン

池田温泉パンたち川という高級食パン屋さんがオススメです。池田温泉パンという店名の通り、池田山の天然水を利用して食パンを作っており、口の中でとろけるくらいふわふわな舌触りが特徴です。食パンは焼いたりジャムをつけたり色々な食べ方がありますが、この食パンは店としても、生でそのまま食べることをオススメしています。その言葉通り何もつけなくてもふわふわでおいしく召し上がることができるので私も自分へのお土産にいつも購入します。

マイベストキャンプ場

キャンプ場は基本的にキャンプをするだけでも楽しいですが、上述のようにキャンプ場でのアウトドア遊びだけでなくキャンプ場から様々なレジャーに出かけることができます。また、春は大津谷の桜を見に、夜は池田山の夜景、涼しくなってきたらサイクリングで岐阜のマチュピチュにと、春夏秋冬、何度訪れても違った楽しみ方ができます。そしてどのシーズンでも最後は池田温泉でさっぱりして思い出と余韻に浸ることができます。これからもマイベストキャンプ場として何度も訪れると思います。