山本寛監督 破産開始の真相がヤバい!過去のアニメ作品の制作費払えず!

ニュース・事件

山本寛監督 破産開始が注目されています

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」などを手がけた“ヤマカン”こと山本寛監督が破産しました。

山本監督の代理人弁護士は、「山本寛氏について破産手続開始決定がなされました」と報告しました。

山本監督は制作中のアニメ「薄暮」の制作資金を、クラウドファンディングで集めています。

山本監督に何があったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

山本寛監督 破産開始の真相がヤバい!過去のアニメ作品の制作費払えず!

“ヤマカン”こと山本寛監督(44)が破産したことがわかりました。

山本監督の財産では1億円余りの債務を一括で支払うことが難しいことから、破産手続開始決定の判断が下されたそうです。

映画「薄暮」の制作資金はクラウドファンディングで集まっていますが、「本件破産は『薄暮』の制作資金や制作状況に影響を与えるものではありませんので、ご安心ください」としています。

山本監督はツイッターなどでいろいろと問題がありましたが、あれから突然の破産ということで驚きですね。

そんな状況だったのに、映画製作を続けていたのでしょうか。

映画「薄暮」を待っているファンには、とてもショックなようです。

山本監督の破産は関係ないとしているのですが、本当に公開されるのかは、心配ですね。

アニメのファンにはお馴染みの人ですが、色んなゴタゴタがあったので、応援している人は少なかったようですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日は摂津市へ #山本寛 #ヤマカン #トワイライトスタジオ #薄暮

Ryu Yoshiさん(@ryu9683)がシェアした投稿 –

山本監督の破産開始ですが、まだ若いのでこれからの人ですよね。

しかし敵も多く作りすぎてしまったので、これから先はどうなるでしょうか。

 

 

 

山本寛監督 破産開始の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

涼宮ハルヒの憂鬱」などの人気アニメを手がけた“ヤマカン”こと山本寛監督(44)が破産したことがわかった。

山本氏の代理人弁護士は11日、公式サイトで「平成31年3月4日、17時付で、東京地方裁判所立川支部において山本寛氏について破産手続開始決定がなされました」と報告。山本氏も自身のブログで、代理人の報告を公開した。

代理人は「山本氏はかねてから株式会社ウルトラスーパーピクチャーズと過去のアニメーション作品の制作費負担について話し合いを続けて参りましたが、左記債務について、ウルトラスーパーピクチャーズが債権者として破産手続開始の申立を行ったことで、今回の手続開始決定がなされたものです」と経緯を説明。現在の山本氏の財産では1億円余りの債務を一括で支払うことが難しいことから、破産手続開始決定の判断が下されたという。

また、山本氏は現在制作中のアニメ映画「薄暮」の制作資金をクラウドファンディングで集めたが、「本件破産は『薄暮』の制作資金や制作状況に影響を与えるものではありませんので、ご安心ください」とした。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  「涼宮ハルヒの憂鬱」などの人気アニメを手がけた“ヤマカン”こと山本寛監督(44)が破産したことがわかった。
  •  山本氏の代理人弁護士は11日、公式サイトで「平成31年3月4日、17時付で、東京地方裁判所立川支部において山本寛氏について破産手続開始決定がなされました」と報告。
  •  山本氏の財産では1億円余りの債務を一括で支払うことが難しいことから、破産手続開始決定の判断が下された。
  •  山本氏は現在制作中のアニメ映画「薄暮」の制作資金をクラウドファンディングで集めたが、「本件破産は『薄暮』の制作資金や制作状況に影響を与えるものではありませんので、ご安心ください」としている。

のようですね。

 

 

 

 

山本寛監督 破産開始の画像や動画は?

山本寛監督 破産開始の画像や動画を掲載しておきます。

 

アニメを語る番組や講演活動などはされていたようですね。

しかしツイッターの炎上などで、世間からあまりいい印象は持たれなかった気がします。

山本寛監督 破産開始にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

この人はさ、何のためにアニメ業界に入りアニメ作っていたのかね?
ツイッターで各方面に暴言を吐き、アニメファンを敵にしてまでさ。
自己破産はともかくとして、果たしてこの人と一緒に仕事をしたいと、思ったスタッフは今でにどれくらい居たのだろうか?
今までの経緯を考えれば、こうなったことは自業自得であるし、
なるべくしてなったって感じにしか見えない。

債権者側からの申請で行われる破産だから、結構な期間色々なやり取りをしてたはずなんだよな…
そんな中、クラウドファンディング始めたりしてたのか。かなり悪質な感じがするな

製作中のアニメへの影響は無い訳ないだろうね。
スポンサーや協賛しているところにも説明しなければならないだろうし。

涼宮ハルヒの監督はこの人ではありません。
2,3話の絵コンテと脚本をしただけです。
正確な記事を願います。

まぁ一言で言えば
「驕れる者久しからず」でしょうね。
実写映画の監督やって派手に失敗したあたりで
ちゃんと身の丈に気づいて方向転換できてれば
まだ持ち直す芽もあったかもしれないけど
この人にはそこまでの人間的な器がなかった。

近年はヒットした作品やその監督に対して
嫉妬丸出しの攻撃的なコメントとかだしてたし
40代とは思えない老害ぶりでしたし、
むしろよく今のヤマカンが
クラウドファンディングやってお金集まったなと思う。

> 本件破産は『薄暮』の制作資金や制作状況に影響を与えるものではありませんので、ご安心ください」とした。

安心できる人なんているのかな?

要は、本人の理想や主張に実力が全く追いついていなかったのでしょうね。実力がないのに我慢できないし言いたいことを言いまくる。孤立はするが、自分では何もできない。この悪循環で、最後には債権者にトリガーを引かれたのですね。

この人、昔はハルヒでエンドレイスエイトが一ヶ月くらい同じ内容で流していた事に京アニに変わって謝罪してたり、東北大震災の被害者の方々に気をかける発言もしていたけど、最近は明らかに精神に異常をきたしているからなぁ……。自業自得としか思えない。

大物と勘違いして進出した実写映画が分水嶺

最近は見るも無残な産廃状態

クラウドファンディングの使途や明細を聞かれただけで「警察に相談した! 小金井署や呉署も助言をしてくれている!」と言っていたのはなんだったんですか? 警察は本当にこの人の味方だったんですか? まさか、警察を騙ったんですか?
小田原の弁護士に相談した、として脅していたこともあったと記憶していますが、今回は溝の口の弁護士ですね?

簡単に人を脅しすぎではありませんか?

こうなった時、どれだけまわりが手を差し伸べるか、擁護するか…

日頃の振る舞いや人柄が出ますね…

上の人でもアニメ業界は大変なんだなぁ。

みる側とやる側のそれぞれ「現実」は常に大きな差があるよね。

 

 

 

言動が攻撃的でトリッキー過ぎた人か。同情する人は少ないだろうな。

8年前にもゴタゴタして

8年後にもゴタゴタか

持ってないね

債権者側が破産を申し立てたんですね。
まともな話し合い、協議にならなかったんだろうな、と想像します。
自己保身や根拠のない資金計画などをもっともらしく語って、ダメだこりゃ、って判断なんでしょう。

アニメ制作会社の倒産は時々ありますが
監督個人が破産ですか

このおじさんはハルヒを「手がけて」ません
現在ハルヒの制作クレジットからも唯一「削除」されてます

パチンコとかのコンテンツ収入とかも結局は無いのか。
大変だな。

監督個人でもアニメ製作費の負担しとるのか・・・

自業自得

アニメ批判した監督さんやなどうでもいいわ

え?この人まだアニメ業界人ヅラしてたの?
昔アニメにも関わってたこともあるって程度のツイッター芸人じゃないの?

まあそれはともかく。
自分で立ち上げたアニメ制作会社から追い出されたとかは傍から見てるとネタとしては面白かったけど
こうなるといよいよ笑えなくなって来るな

結局ハルヒは超えられなかったな

twitterも凍結されて最近話聞かないなぁと思ってたらこれか。この話題一通り終わったらもう二度と聞かなくなりそうだな。

 

 

 

 

 

山本寛監督 破産開始の真相がヤバい!過去のアニメ作品の制作費払えず!のまとめ

“ヤマカン”こと山本寛監督に1億円余りの債務があり、破産したことがわかりました。

ツイッターなどで炎上したり、いろいろあった山本監督ですが、これからどうなるのでしょうか。

映画「薄暮」に協力していた人たちにとっては、ショックですね。

映画がどうなるのか、早くはっきりしてほしいものですね。

 

 

 

コメントをどうぞ