スポンサーリンク

松本人志 意味深ツイートに波紋!キートンも客の過剰反応が邪魔と批判!

ニュース・事件

松本人志 意味深ツイートが注目されています

「ダウンタウン」の松本人志さんが、ピン芸日本一決定戦「R―1ぐらんぷり2019」について「R―1の客。。。」と意味深なツイートをしました。

番組では、霜降り明星・粗品さんが「M―1グランプリ2018」に続き史上初の2冠を達成しました。

ネットではR-1の観客について、批判が相次いでいるようです。

 

スポンサーリンク

松本人志 意味深ツイートに波紋!キートンも客の過剰反応が邪魔と批判!

松本人志さんが、「R―1ぐらんぷり2019」について「R―1の客。。。」ツイートしました。

「R―1」3回戦で敗退したお笑い芸人・キートンさんも「やっぱり、賞レースでのテレビ観覧客の過剰な反応は邪魔ですな。おもしろい時に笑うだけでいい。全員おもしろいネタをやったんだからさ」とツイートしています。

観客は、ただお笑いを楽しみに行っているだけで、賞レースという感覚はないため、そんなことになってしまっているのでしょうか。

観客の大きな反応は、確かにお笑い芸人にとって邪魔かもしれません。

番組は盛り上げようとして観客の声をたくさん聞かせているのでしょうか。

番組を批判するべきなのか、客を批判するべきなのか分かりませんが、SNSでもたくさんの反響があったようです。

笑いとは関係ない、悲鳴のようなものも聞こえて、ちょっとネタがやりにくそうな感じもありましたね。

松本さんのツイートでは、観客に対して思う所があったようですね。

お笑い好きなファンといっても、楽しみ方は人それぞれですから、色んな反応があって仕方ない気もします。

賞レースでは、観客には注意することが必要なのでしょうか。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

松本人志 意味深ツイートの報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

 「ダウンタウン」の松本人志(55)が10日、自身のツイッターを更新。ピン芸日本一決定戦「R―1ぐらんぷり2019」について意味深なコメントをツイートした。

 松本は霜降り明星・粗品(26)が「M―1グランプリ2018」に続き史上初の2冠を達成すると、一言「R―1の客。。。」と意味深なツイートをした。

 テレビ観覧客については「R―1」3回戦で敗退し、運営批判を展開したお笑い芸人・キートン(45)が「やっぱり、賞レースでのテレビ観覧客の過剰な反応は邪魔ですな。おもしろい時に笑うだけでいい。全員おもしろいネタをやったんだからさ」などと観覧客の反応に注文をつけていた。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  「ダウンタウン」の松本人志さんが、ピン芸日本一決定戦「R―1ぐらんぷり2019」についてツイートした。
  •  番組では、霜降り明星・粗品さんが「M―1グランプリ2018」に続き史上初の2冠を達成
  •  松本さんは「R―1の客。。。」と意味深なコメントをツイート
  •  「R―1」3回戦で敗退し、運営批判を展開したお笑い芸人・キートンさんが「やっぱり、賞レースでのテレビ観覧客の過剰な反応は邪魔ですな。おもしろい時に笑うだけでいい。全員おもしろいネタをやったんだからさ」などと観覧客の反応に注文。

のようですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

松本人志 意味深ツイートの画像や動画は?

松本人志 意味深ツイートの画像や動画を掲載しておきます。

 

R-1ぐらんぷりには、お笑い好きな観客が集まっていると思いますが、ネタの邪魔になる反応は不必要でしたね。

霜降り明星は今、大人気ですから、彼らを見たいファンもたくさん観客の中にいたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

松本人志 意味深ツイートにネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

松本から観ても放送事故レベルの違和感だったと言いたいのかね
不自然な笑いをインサートするならプロの「笑い屋おばちゃん」軍団でも観客に入れた方がよかったのに

吉本もそこまで無理繰り粗品を勝たせたいなら生放送は避けるべきだったんじゃないの?

不自然な笑い声に違和感を感じたんだとすれば、そんな演出をせざるを得ない事情があったという事だろう。

またまた議論が噴出しそうですね。。。
笑いは個人個人のツボが違ってくるんで賛否があるのはもちろんの事で何が正しいのか答えを導きだすのは難しいよね

あの客席の笑いは
本当に異様でした。

Rー1…。
つまらなかった。今年が“最後の大会”でも良いのかも知れない…。

昔、R-1が観覧募集をしていた時に当たって見に行った事があり、その後録画を見たが笑い声は足していなかった。

今回の笑い声のあがるポイントが不自然なのではなく、ネタを見る客が
「えー!」とか「フー!」とか、ましてや悲鳴をあげる。
お笑いを見慣れてないというよりお笑いを理解してない人が観客席にいるとしか思えないのが問題なんだと思う。
ネタなのに
「このマイク100万してからなぁ」に対して
「えー!」は意味不明すぎる。

観客席をどこかのエキストラ事務所かモデル事務所とかに声をかけていっぱいにしてるから
お笑いを見慣れてない、なんなら興味を持ってない人が観覧席に溢れている。

それは番組としてどうなんだろ?

生放送だからSEではないんだろうけど、確かに自然な笑い声ではなかったな。

R-1もM-1も、観客の笑い声にはいつも違和感を感じてます。若い人が多いからなのか、観客がテレビを意識して(指示されて?)オーバーリアクションをしているのか。。。 
スタジオではなく劇場でやれないのかな。普段のお笑いの舞台でやった方がいいと思うんですが。
ネタは面白いのに、観客の反応に邪魔されて楽しめないです。

去年のM-1と今年のR-1、観客のリアクションが両極端すぎていくらなんでも…
テレビである以上、笑い屋はある程度必要だし絵的にも若い女性の観客が多い方がいいんだろうけど、極端すぎると違和感しか残らない。
ボールペンの仕組みを説明する前フリで「へぇ~」って…。岡野のネタだって確かにある程度は観客を引かせるためのネタとはいえ、悲鳴が長すぎてネタのテンポが崩れて可哀想だった。

人の笑いにもその時々で色々なパターンがあると思います。ニヤリと笑う、クスッと笑う、声を出して笑う、腹をかかえて笑う、などetc …。
今回番組の客席の笑いが、余りに意図的に画一化された笑いだったので、TV前の視聴者の笑いと乖離してしまい、少し白けてしまったのではないでしょうか。もちろん製作側の番組を盛り上げる為、芸人をのせて力を発揮しやすくする為の演出であるのは分かっているのですが…。結局、お笑い番組の必要悪として割りきって見るしかないですよね。

笑いが多いのは別にいいけど、「ヒェーー」とか「フゥーー」みたいなのはマジでいらない

若いねーちゃんばかり集めるのはやめて欲しい
芸人がネタでいってんのに悲鳴とか

 

 

 

確かにテレビ見てる側からすれば、客の反応は凄い違和感だった。
お笑いのネタを見に来ているのに、いちいちネタの設定上の物事に「へー」とか「ひゃ〜」みたいな反応する必要あるのだろうか。
笑いの場であって、感心したり気持ち悪がったりする場じゃ無いとおもうけどなー。(しかもとても不自然に)
演者側はあの反応どう感じていたんだろう。やり易かったのだろうか。

客の反応も制作側の演出の一つなんだったとしたら、作り手側はもっとお笑いが好きな人に演出を任せるべきだったと思う。

観客がドリフのコントのようなサウンドエフェクト的な差し込み的な笑いが起きてました。
それに引っ張られて審査員も麻痺したのかな?
笑いの基盤を整備せんと何が本当におもろいのかわからなくなると思う。
おいでやす小田さん非常に残念でした。
一番おもろかったのに…。

いや今回の客仕込みか?と思うぐらい酷かった。
無理に盛り上げようとすると逆に冷めちゃうよね

笑うツボは人で違うだろうが、意図を感じる笑い声はいらんな。

観ててお客さんは何が面白くてこんなに笑ってるんだろう?と正直引いてしまってました。

笑いとか悲鳴を足してる感じがした方は多いと思いますよ。

結局TVショーなんだよ。芸人の本気とか勝負とか関係なくて、面白いものを見せるっていうただのテレビ番組。長ったらしい紹介VTRで煽ったり客の笑い声足したりもするよ。
まぁ、それを視聴者が真剣になって見て楽しむ時代が終わってるって事に製作者側がまだ気づいてないってことが1番スベってるけど。

ネタの内容に関わらずブレイク芸人は何を見せてもドッカンドッカン笑いを取れる、波に乗ってる時ってそうなるよね。

既に売れた人は賞レースのエントリーを取り下げてほしい。特にピン芸のR-1は、
コンビ芸人に出るなとは言えないが、売れたコンビの人は辞退してほしい。
好きな芸人さんでも、決勝は辞退して欲しい。おめでとう、でも祝えないわ。

番組の作り手側の問題と思う。
いい塩梅の真剣勝負を見たかった。
被害者は芸人さん、審査員の皆さん、視聴者、
決勝に行けなかった芸人さん、等いっぱいかも。
番組途中でも、構成の問題を詫び、ここからはショーレースに切り替える!とやればフジさんの気概を感じることが出来た。大事件にはなるだろうが、会社が変わっていく感は出せたのでは。

不自然な笑い声についてじゃなくて、「へぇー」とか笑い以外の反応が過剰だった事についてのツイートとだと思う。
松本さんと同じ気持ちで見てました。客の反応が某お笑い番組みたいで、賞レースとしては違和感を感じました。

エンタの神様とR-1の舞台って本物の笑い声かなり少なそうで
やりにくそう。
お客の悲鳴的な物が番組演出ならあれ?って思うけど
本当にそのリアクションならそれはそれで良いんじゃないの?

確かに不自然なほどの笑いは多かったけど、第一の違和感はへぇ〜とかキャーとかの笑い以外のリアクションでしょう
どちらも過度な反応という意味では同じだが、不自然なほどの笑いに関してはお笑い番組だから笑いが起こることは自然と考えればまだいい
笑いの量のことしか書いてない人は本当に見たのか疑わしい
どう考えても問題は笑い以外のリアクション
ネタの中の設定に対して悲鳴上げるなんて芸人殺しすぎるし、
面白いと思うかどうかは個人の好みとしても、どう考えても笑いのポイントってところでへぇ〜とかオーとかの感嘆って何?
普段金を払ってお笑いライブを観に行ってる人ならこんな誰も得しないリアクションなんてしない
当然準決勝までもそう
決勝の観覧も無料じゃなくて抽選販売にして有料にしてしまえばいいのに

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

松本人志 意味深ツイートに波紋!キートンも客の過剰反応が邪魔と批判!のまとめ

松本人志さんが、「R―1ぐらんぷり2019」について「R―1の客。。。」ツイートし波紋を呼びました。

ネットでは、客の笑いを足しているということなのか、客の悲鳴などの笑い以外の反応が邪魔だったのか、と色々と憶測が飛び交っているようですね。

芸人のキートンさんは、客の過剰な反応が邪魔だったとのツイートでしたが、松本さんははっきりと言っていませんので、これからも様々な見解が出てくるかもしれません。

 

 

コメントをどうぞ