吉田麻也 永住権取得の快挙!イングランド人になった理由がヤバい?

ニュース・事件

吉田麻也 永住権取得が注目されています

サウサンプトンDF吉田麻也選手(30)が、英国での永住権を取得しました。

吉田選手は12年からサウサンプトンに在籍している、アジア杯から戻った直後に永住権を取得しました。

スピーキングやリスニングなどのテストもパスしたそうです。

永住権取得はすごいことですね。

 

スポンサーリンク

吉田麻也 永住権取得の快挙!イングランド人になった理由がヤバい?

サウサンプトンDF吉田麻也選手が、英国での永住権を取得しました。

サウサンプトンでのポジション争いは、いつもタフな競争だったそうです。

吉田選手は日本人選手としてプレミアリーグで最多出場記録を誇るほか、すでに英語もマスターしており、ピッチ上でも自信を持っているようです。

イギリスの永住権取得はすごいことですね。

吉田選手、サッカー以外にもたくさんの努力をしてきたのですね。

もう30歳の吉田選手ですが、これからのキャリアにも、大きく影響してくるかもしれません。

日本にとっても、素晴らしいことなのではないでしょうか。

ネットでも、吉田選手スゴイ!という反響がたくさんあるようです。

夢を叶えてプレミアでプレーする吉田選手、日本からファンがたくさん応援しています。

このままイギリスで大成功!でしょうか。

これからも楽しみですね。

 

 

 

 

吉田麻也 永住権取得の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

サウサンプトンDF吉田麻也(30)が、英国での永住権を取得したと9日付英紙サン(電子版)が報じた。

吉田は12年からサウサンプトンに在籍している、アジア杯から戻った直後に永住権を取得。「これで公式にイングランド人だ。永住権を取得したからね。6年間待つことになったけど、試験にも受かった。スピーキングやリスニングを含む『ライフインザUK』は、僕が過去に受けたテストの中で最悪だったよ。25%は英国人だと感じる」とインタビューに答えた。

また、サウサンプトンでのポジション争いに関しては「いつもタフな競争があった。これまでポジション争いをしてきたチームメートを見ると、トットナムのトビー(アルデルワイレルト)、リバプールのロブレン、ファンダイクに関しては説明もいらないだろう。ジョゼ・フォンテは、欧州選手権優勝チームのメンバーだ。環境が僕を強くしてくれたし、試合のプレーも向上させた。でも何試合かを戦い、何試合かをベンチと安定しない状態は難しい。それに代表戦に行って戻ってくるとポジションが奪われている。マジかよ、また一からやり直しかよ、って思うこともある」と続けた。

吉田は日本人選手としてプレミアリーグで最多出場記録を誇るほか、すでに英語もマスターしており、ピッチ上でも自信を持っている。(A・アウグスティニャク通信員)

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  サウサンプトンDF吉田麻也(30)が、英国での永住権を取得した。
  •  吉田は12年からサウサンプトンに在籍している、アジア杯から戻った直後に永住権を取得。
  •  サウサンプトンでのポジション争いは、いつもタフな競争だった。
  •  吉田は日本人選手としてプレミアリーグで最多出場記録を誇るほか、すでに英語もマスターしており、ピッチ上でも自信を持っている。

のようですね。

 

 

 

 

吉田麻也 永住権取得の画像や動画は?

吉田麻也 永住権取得の画像や動画を掲載しておきます。

イギリスの永住権取得は素晴らしいことですね。

レギュラー争いも大変な中、語学の勉強も大変だったのでしょうね。

合格は嬉しいですね。

吉田麻也 永住権取得にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

すごいな。サウサンプトンに移籍して1年くらいの時とか、チームで映画観に行っても内容が半分も分からないって自虐してたのが懐かしいですね。

これからプレミアに行く日本人は吉田にレクチャーを受けるべきだな。武藤の反面教師もいいけど。

EU圏外のカウントから除外されるのかな?だとしたら凄いメリットあるな。というか永住権取れるなんて、めちゃめちゃ凄いやん!

けど、イギリスがEU離脱したら、他リーグに移籍するときのメリットにならなかったりして(^^;

イギリスはアメリカ等と比べると移住に関して非常に厳しく、尚且つよく、条件やらビザを取るまでのシステムをコロコロ変える。欧州経済領域(EEA)以外の国籍を持つ人が、英国で市民権や永住権を取得するには「Life in the UK」テストの合格が必須。
英国における政治や宗教、歴史、文化など様々なジャンルについての知識が問われる一般常識テストで、全24問が出題される(18問以上正解で合格)。 ところが「一般常識」とはほど遠い難しさで、英国人ですら不合格になる人が少なくない。
合格おめでとうございます。

イギリスは世界中でも永住権取得が難しいからこれは凄いわ

おめでとうございます。

サッカーでの激しいポジション争いもですが、語学力を身につけることを含めた吉田選手の地道な努力が伝わってくる記事ですね。

また、吉田選手もですが、川島選手、長谷部選手を見ていると、日本人選手が海外リーグで活躍するために何が必要か分かりますね。

当たり前のことかもしれませんが、その国の文化や言葉などを学び溶け込む。それが出来るようになるためには、並々ならぬ苦労がありますからね。

すごいな。サッカーだけでなく人もしても素晴らしいから7年もプレミアでできるんだろうな。

すごいねー

ってことは、もう軸は家族と共にイギリス生活するんだね〜
確か、永住権をとったらその永住権を持ち続けるためにはイギリスでの居住が基本だからなー

生活の本拠が他の国に移ったとみなされた場合や、2年以上離れていた場合には永住権が失効されるはず。

でも取得はすごい事。おめでとー

これは中々、スゴいわ!

ポジション争いのライバル達がプレミアでも上位を争うチームに移籍したということは彼も適応次第ではその力はあるということだと思う。誇らしい限りだ。

長谷部にも言えるけど代表チームでキャプテンを任されるような選手はサッカーが上手いだけではないよね。

何年前か忘れたがインタビューで見事な英語を披露していて
本当に驚いた記憶がある。
こう言っては失礼だが全くの予想外だった。
サッカーだけではなく英語も頑張って勉強したんだろう。
両方は大変だったと思うよ。 
出来るだけ長くプレミアで活躍してほしい選手だね。

 

 

 

吉田も長谷部も日本に戻ってきて欲しくない。いい意味で。
監督やらコーチを現地で務めてほしい。

現地のインタビューを見ていると、英語自体もかなり上達しているし、なにより自信を持って話しているのが印象的。永住権を持ったからといってイングランド人になるわけではないんだけど(笑)、セカンドキャリアにおいても役立つだろうね。

テストあるのか!
頭良くないと無理だな
凄いおめでとう

南米選手権は絶対に参加すべきだが、親善試合やアジアカップにポジション失うリスク冒してまで参加する意義あるのかな?
日本代表のためにって気持ちは分かるけど、年齢的にもそこまで余裕ないでしょ。
充分代表には貢献したし、親善試合くらいはクラブ優先でいいと思うけどね。
アジアカップだって四年に一度ってのがレアなだけで、レベル的には所詮アジアの大会だし。

吉田がプレミアで一番成功したサッカー選手かもな! しかも日本人が海外で一番成功するのが難しいんじゃないかと思われていたCBで…

昔は身体能力は高いけど集中力欠いて失点される事が多くて信用できるDFとは言えなかったけどプレミアリーグでもまれて安定した守備力維持出来るようになったよね

サッカー選手としてだけでなく、人間として素晴らしい!
引退後のキャリアの幅も広がるだろうし、家族にとっても良い事なのかなと思います。
国際的な人材として、サッカー界や日本とイギリスの架け橋になっていただけたらと思います。

長谷部と吉田は日本人指導者として次のステージの先駆けになってほしい。それは海外クラブでの監督としての実績と、その経験を経ての日本代表監督になってほしい。その頃には代表には全員が海外クラブ所属で、5人くらいはビッグクラブ在籍していてほしいな。

ヨーロッパでの永住権は語学が出来ること、それなりの収入の証明(税金を納めている)をクリアできればすんなりいきます。多くの日本人にはどちらも高いハードルになっていますから素直におめでとうございます。

代表から戻るとポジションを奪われる現状が、今の日本代表の見る世界の評価の低さなんでしょうね。

サッカーの競技人口も増え続けているから尚更に厳しいと思います。

吉田もなんだかんだすごいな。
吉田や長谷部は引退後も現地に残って、日本との架け橋を作ってほしい。

勝手にフォワードの選手は強い気持ちを持っていないといけないと思っていたけど、吉田を知ってディフェンスのほうがそうなんだと思ってる。

 

 

 

 

 

吉田麻也 永住権取得の快挙!イングランド人になった理由がヤバい?のまとめ

サウサンプトンDF吉田麻也選手が、英国での永住権を取得しました。

日本人選手としてプレミアリーグで最多出場記録も誇っています。

イングランド人となり、これからどのようにサッカー人生を歩むのかが注目ですね。

日本のためにも、いろいろと期待していきたいですね。

吉田選手には、何か将来のプランが見えているのかも知れません。

 

 

 

コメントをどうぞ