松下恵 告白で衝撃!榊原るみの娘で15年も摂食障害に苦しんでいた?

ニュース・事件

松下恵 告白が注目されています

女優・榊原るみさんの娘、女優・松下恵さん、38歳、独身。

『3年B組金八先生』で太っているのを気にしてダイエットを始め、15歳で34キロになり、生理も止まりました。

そこから摂食障害は15年続きました。

松下さんに、何があったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

松下恵 告白で衝撃!榊原るみの娘で15年も摂食障害に苦しんでいた?

女優・松下恵さんは38歳で、人並みに恋愛もしてきたにもかかわらず、一度もプロポーズをされたことがないそうです。

祖母の口ぐせは、「結婚するなら、東大、早稲田、慶応じゃなきゃダメよ」「身長は高く、目は大きくて、外国人みたいな顔がいい」でした。

『3年B組金八先生』ではかわいい女の子でしたが、まさか摂食障害で苦しんでいたとは驚きですね。

摂食障害で15年というのは壮絶な過去だと思います。

精神的に辛かったのだと思いますが、そこまで追い詰められていて、周りの支えがあったのか心配ですね。

母が大女優というのもすごいプレッシャーだと思いますが、30歳までずっと病気を抱えながら女優を続けていたのでしょうか。

アラフォーになり、生い立ちとその後を振り返られたようです。

子どもの頃から、家族からプレッシャーを受けて育ってきたという感じですね。

裕福な育ちなのに、なぜか子どもらしく振る舞わせてもらえなかったのでは?と思ってしまいます。

 

 

 

 

松下恵 告白の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

 松下恵、女優、38歳、独身。ご本人によれば、人並みに恋愛もしてきたにもかかわらず、一度もプロポーズをされたことがないという。

 親からのプレッシャーもあり、30代になるころから、1年1年が過ぎていく度に、焦燥感は高まっていった。「どうして私は結婚できないんだろう?」と考えた彼女。徹底的に自分の内面に向き合ってみることにした。

 結婚したいのに、結婚できないアラフォー女優が「自分と向き合った心の旅」。

アラフォー女優が告白「15年続いた私の摂食障害」

右から祖母、母・榊原るみ、私

ビッグマザーに植えつけられたトラウマ

 大正生まれの祖母は芸大卒のピアニスト。祖父は東大卒の名誉教授だった。

 祖母は、正真正銘の「お嬢様」で渋谷区広尾に住んでいた。そこが私の実家である。母校の青山学院までも、歩いて10分の距離。

 仕事が忙しい母に変わって、私を育ててくれたのは、祖母だ。彼女がビッグマザーと言ってもいい。

 おばあちゃんは、何から何まで手取り足取り、孫の面倒を見てくれた。

 ピアノも3歳から習い始め、お正月と風邪をひいたとき以外は、練習を休ませてもらえなかった。

 「テクニックより、一番大事なのは心よ」と、いつも言われていた。

 その後に演技をするようになって、ピアノも芝居も、通じるところがあるんだな、と身に染みた。

 中学に上がり、仕事が忙しくなると、祖母は私の「送迎グランマ」として大活躍する。

 学校から、『3年B組金八先生』の収録がある緑山スタジオまでは、表参道から電車に乗っていた。

 青学から表参道まで、歩いてわずか10分なのだが、私は一度も歩いた記憶がない。

 授業を早退し、校門を出ると、いつもそこに祖母の愛車、ボルボが停まっているのだ。

 私はそれに乗り込み、表参道へ。たったの5分、乗車するだけである。その距離を送り届けるためだけに、祖母は毎日のように、ボルボを出動していた。

 しかも、収録が始まった頃は、お弁当付きだった。

 5分間で食べきれるわけないのに、お昼ごはんを食べる時間がない私のために、毎日のように作ってくれていた。

 私はボルボに乗り込むやいなや、早食い競争のように、お弁当をかきこみ、慌てて下車すると、電車に飛び乗っていた。

 元々は、母のステージママをしていた祖母。

 「孫をきちんと時間通りに仕事場に送り届ける」という使命に燃えていたのだろう。

 祖母がいなかったら、今の私はいない。彼女の献身的なサポートのおかげで、仕事と学業をなんとか両立することができた。

 ちなみに、祖母の口ぐせは、「結婚するなら、東大、早稲田、慶応じゃなきゃダメよ」だった。そしてさらに、「身長は高く、目は大きくて、外国人みたいな顔がいい」と続く。

 確かに、祖父は若い頃、とてもイケメンだったし、東大なのだから、祖母は自分の理想の人を捕まえたことになる。

 「見た目」に関しても、異常なほど気にする人だった。

 幼稚園の頃、パッとしない私の顔を見て、化粧台に座らせ、眉毛を書き足したことがある。そのまま幼稚園に行って、先生に「アラ! 恵ちゃん、眉毛を書いてるの!」と笑われ、恥ずかしい思いをしたのを覚えてる。

 「あなたは美人じゃないんだから、人前ではいつも笑っているように」「指は短いから、パーではなくグーにしていなさい」。

 家を出かける際には「行ってらっしゃい」ではなく、なぜか「太っちゃだめよ」。

 もちろん祖母の多大なる愛情には今でも感謝しているけれど、いつもいい子にしていなくてはいけない、綺麗にしていなくてはいけない、という祖母の厳しい教えが、時には私を苦しめることにもなった。

痩せないと、痩せないと

 『3年B組金八先生』に出演し始めた頃、思春期まっさかりの私は、まん丸だった。
たださえ、まん丸なのにブラウン管に映ると、ますますおデブになる。いよいよオンエアが始まってから、テレビに映る自分を見て「えー! これが私」とびっくりした。

 これは、痩せないと、痩せないと。

 学校へ持っていくお弁当は、野菜だけに減らし、ロケ弁もほんの一口しか食べず、ひどい時は1日に差し入れのたい焼き一つしか食べなかった。

 当然、体重はみるみる減っていき、ちょうど私の役、伊丸岡ルミがクローズアップされる話のときには、34キロになっていた。

 そのあと自分の体調に何が起きたかは、言うまでもない。

 生理は止まり、肌はカサカサ、エネルギーが出ないから階段を上がるだけで息切れ。当時まだ15歳だった。

 ある日、荒川の土手で、生徒全員揃って、ジャージ姿で撮影をしていた。ご飯を食べていないんだから、体は冷え切って、寒くて寒くて仕方なかった。

 一人だけ青白い顔で震えてる私を見た武田鉄矢さんが、ぐっと私の手を掴み「お前、死んだニワトリみたいな手してるな。おーい誰か、ルミに飯を持ってきてやれ」
とスタッフさんに声をかけてくださったのだ。そのときにいただいた豚汁が、どんなに美味しかったことか。

 金八先生はやはり、生徒を見ていてくれるんだな、と、その優しさにじんわり涙した。

摂食障害との戦い

 『3年B組金八先生』の収録が終盤に差しかかる頃には、私の食欲中枢は完全におかしくなっていた。食べたくて食べたくて仕方ないのに、食べれば体重は増える。毎日、食べることだけを考えて生きていた。

 突然、過食をするようになり、その分は吐き出してを繰り返していた。

 成長期にも関わらず、ダイエットをしなくてはいけない。そういう子役は多かった。

 私の摂食障害はなんと、15年近くつづいた。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  女優・榊原るみさんの娘、女優・松下恵、38歳、独身、人並みに恋愛もしてきたにもかかわらず、一度もプロポーズをされたことがない。
  •  祖母の口ぐせは、「結婚するなら、東大、早稲田、慶応じゃなきゃダメよ」「身長は高く、目は大きくて、外国人みたいな顔がいい」
  •  『3年B組金八先生』に出演し始めた頃ダイエットし、役の伊丸岡ルミがクローズアップされる話のときには34キロ、15歳で生理は止まり、肌はカサカサに。
  •  『3年B組金八先生』の収録が終盤、過食をするようになり、その分は吐き出してを繰り返し、摂食障害は15年近く続いた。

のようですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本日は取材でした! 撮影中のひとコマ。 #アラフォーの挑戦 #取材 #インタビュー

アラフォーの挑戦 アメリカへさん(@wakeupinamerica)がシェアした投稿 –

 

 

 

 

松下恵 告白の画像や動画は?

松下恵 告白の画像や動画を掲載しておきます。

女優の娘として生まれ、周りからは、恵まれて女優が出来ていると思われていたのでしょうか。

松下さん、今はアラフォーになり、映画を作って精力的に活動されているようですね。

これからは楽しく活動されるのではないでしょうか。

松下恵 告白にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

金八先生の生徒役で出ていたよね。
でも、金八先生の生徒役で出られても、売れる人と売れない人の差が激しいよね…

親が女優の二世タレントで青学を出てるんなら、知性派タレントとしてQさま!とかに出られそうだけど…家柄の良いお嬢様なら生活のために働いてるわけじゃなさそうだから、仕事のほうも選んでしまうのかな?
でも、都会の立派な実家にいれるわけだし、口うるさい身内もいなくて快適そう!そんなに恵まれた環境ならば?逆に結婚しないほうが幸せじゃ?
よほど恵まれた相手でもないと、結婚したからって、何のストレスもなくずっと幸せなわけじゃないと思う…

わざわざ出す必要のない事をちょいちょい出すのね…
母校の青学、広尾の大きな家、父はスイスに住んでいた、父はアインシュタインと同じ母校、ドイツ語でライン…
無意識のうちに自分のステータスを上げるワードとして、自分の存在感や才能を見いだせて貰えない代わりに、いちいち会話に盛り込んでるこじらせ女子なんだろうなぁと思う。
恵まれてたけど、私だって悩みはあったと言いたいんだけど、羨ましがられるワードを盛り込んで必ずそこは相手に知ってもらいたいって前面に出てますね

この方がよく分からないけれど、一般人からすると、大金持ちで恵まれてた話ばかりをする芸能人にそれほど好感を持てない。しかも、それで現状が幸せでないとか言われても、幸せだった時代が長いからいいじゃないと。

不幸自慢とか貧乏自慢みたいなのもそうだけど、芸人さんならネタとしてありだけど、俳優さんが強調する必要があるのかなと思う。
俳優さんはあまりプライベートの切り売りをし過ぎず、観てる方も役に入り込みやすくしてくれてる方が好ましい。

自分語りにのめり込んでますね…
これは…モテないだろうな。

そもそも、誰??

お家が裕福だから売れない女優を続けていられるということですね。
食べるに困らないだけでも恵まれていますよ。
祖母は、祖父は、父は…。
それをチラチラと言わずにいられない、つまりそこを拠り所にしているうちは、公私とも前に進めないだろうなと思う。

wiki見たけど、それでも見たことない…
ムムム

自分で選んで自分の周りも巻き込んでまでも今があるのだから、それでいいじゃん。
いちいちみんなに言わなくても知らない人多数だから大丈夫。時給850円でつつましく暮らしたらどう?
ただ後悔があるとしたらお嬢様なら他にいくらでも道はあったはず。

この記事は連載の2回目だから、これだけ読んでもわからないことが多々ありますね。どうせ配信するなら、それも踏まえた内容にした方がよかったのでは?少なくとも「誰?」との疑問は減ったのでは?

>スイスに10年以上住んでいたことがあり、アインシュタインと同じチューリッヒ工科大学に通っていたらしい。

>語学が堪能なので、父のおかげで私はドイツ語を学ぶようになり、最近は父とドイツ語でラインのやりとりをしている。

こういうこと言うから嫌われる。

悪いが、誰だか分かりません。ちょい役?

あー、榊原るみの娘か。

お母さんは寅さんで軽い障害ある役やってたなぁ。

そんなええとこのお嬢やったんや。
娘は見た事ないな。

これだけステータス高い事を言うのは、それを無かったくらいのオチがあるんやろな。

38歳、自称女優、、で、食っていけてるのがもはやファンタジー。
ちょっと精神不安定な深窓の令嬢?って昭和なら親が嫁ぎ先見つけてきたんだろうけど、今時は結婚が遠のくよね。
理想ばかりは高いしね。

 

 

 

経済的に豊かでも、心が豊かとは限らない例ですね。裕福だったくせに、甘えだろとかいうコメントは的外れだと思います。

松下恵のことが気になり記事にした感じ。
内容は薄い。

お母さんは有名な女優さんだし再婚相手は
東大卒の映画監督
お祖父さんは芝浦工大の名誉教授
広尾の邸宅にずっと実家暮らし
育ちは良いかもしれないけど、この人は今後売れないだろうし、結婚は厳しそう

二世は簡単にデビューしてお金の苦労もないのに
摂食障害で大変でしたみたいな話し、なんも響かない。

摂食障害の記事だと思って読んでいたから???だった。
連載なのか。しかも知らない女優さん。

みんなと感想が違ってびっくりした。
彼女は、こんな恵まれた環境なのにそれを活かせなかった情けなく幼稚な自分を世間にさらすことで1から出直そうとしている印象を受けたんだけど、、、ただの自慢話と受け取る人が多いね。

この頃の金八先生観てました。学級委員の役でしたよね。聡明で可愛らしかった印象があります。まさかこんな悩みがあったとは。

お祖母様が自分の理想を孫娘に無意識のうちに刷り込んでこうなってしまったのなら、なかなかの罪作りですね。

あー、お母さん榊原るみなの?
世代が違うけど、寅さんの映画で観たことあります。 すごく可愛らしい女優さんだった。
印象に残る可愛らしさだったけど、娘は全く印象に残らない顔だね。

>結婚したいのに、結婚できないアラフォー女優

文章読んでても、理想が高そうで、、、、(´・ω・`)

お母さんも当時大変だった、ストーカーで。アメリカでの生活の短所も教えてくれた。

>青学から表参道まで、歩いてわずか10分なのだが、私は一度も歩いた記憶がない。

そりゃー、プロポーズされないだろう。
この一文読んだだけで、この人と接するとすぐに気疲れしそうと思った。

 

 

 

 

 

松下恵 告白で衝撃!榊原るみの娘で15年も摂食障害に苦しんでいた?のまとめ

女優・松下恵さんは『3年B組金八先生』ではかわいい女の子でしたが、まさか15年も摂食障害だったとは驚きですね。

精神的につらい影響があり、そうなってしまったのでしょうね。

とても恵まれた生活をしていたということで、周りにはその辛さが分からなかったと思いますが、今はそれも克服して頑張って女優の活動をしているようですね。

 

 

 

コメントをどうぞ

  1. 匿名 より:

    悪意に満ちたまとめだな