宗村元 逮捕されたのは読売新聞の記者 顔写真は?強制わいせつの疑い

衝撃のニュースが入ってきました!

2017年11月26日、読売新聞の30歳の男性記者が、強制わいせつの疑いで逮捕されました。

 

逮捕された男性の名前は宗村元(むねむらげん)容疑者。

 

容疑としては、路上で東京・葛飾区の路上で、20代の女性の胸や下半身を触ったとのこと。女性とは面識がなかった様子。

 

面識もない女性に行うとはなんとも大胆な犯行ですね。

いったい何を考えていたんでしょうか?

 

詳しく見ていきます。

 

スポンサーリンク

宗村元 読売新聞記者を強制わいせつの疑いで逮捕。事件の詳細は?

 

2017年11月26日、札幌市豊平区に住む読売新聞北海道支社の編集部記者、宗村元(むねむらげん)容疑者が逮捕されました。

 

逮捕容疑としては、2017年6月3日午前4時ごろ、東京都葛飾区の路上で、歩いていた20代の女性の胸や下半身を触ったとしています。

 

報道によると、宗村容疑者は今年6月頃は読売新聞東京本社の運動部に所属していたようです。日本ハムの記事等を担当していたとか。なので、東京にいたんですね。

 

 

女性から被害届けを受けた警視庁が、現場近くの防犯カメラの映像などを解析した結果、宗村記者が関わった疑いが強まり、2017年11月26日、逮捕したということです。

宗村容疑者は容疑を認めているということです。

さらに、女性とは面識がなかったということ。

 

読売新聞グループ本社広報部は、

「本紙記者が逮捕されたことを重く受け止めます。事実関係を確認し、厳正に処分します」

とコメントしています。

 

宗村元 強制わいせつで逮捕。顔写真やFacebookは?

 

2017年11月26日、読売新聞の記者、宗村元(むねむらげん)容疑者が逮捕されました。

宗村容疑者の顔写真はあるのでしょうか?

調べてみたところ、現在のところはまだ写真は公開していない様子

 

特徴的な名前であることから、Facebookも調べてみましたが、『該当なし』。

Twitterやインスタグラムも調べてみましたが、SNSはやっていないようでしたね。

 

 

ニュースが大きく報道されれば、顔写真も公開される可能性があります。

もし写真が公開されたら追記していきます。

 

 

 

宗村元は結婚していた?嫁や子供は?

残念ながら、SNSの投稿を調べていましたが、見当たらず、妻や子供がいるかどうかの情報についてはわかりませんでした。

 

ただ、犯行に及んだ時間帯を考えると、朝の午前四時ごろ。

 

最近の午前四時なんて外は暗いですよ。

 

この時間帯に外に出て女性を襲うなどという行為は妻子がいる場合にはできないことだと思います。

 

一晩中飲み明かして、酔って帰る最中に犯行に及んだというのが自然な解釈かと。

 

となると、おそらく結婚はしていませんね。

 

もし報道されれば、そのあたりも詳しく見ていきます。

 

宗村元の記者としての記事がすべて削除!

前述した通り、宗村元容疑者はプロ野球の日本ハムファイターズの記者だったようです。

 

そこで、宗村元容疑者の日本ハムの記事を検索してみました。

 

すると、

【企画・連載】:宗村元のF番ノート:北海道発:読売新聞

という記事がヒットしました。

 

こちらが、宗村元容疑者が執筆していた記事のようです。

 

宗村元のF番ノート. 日本ハム担当「F番」がチームの魅力、選手の素顔を紹介します。 去就が注目される大野選手。7日の自主練習後には、 別れあれば出会いあり(2017年11月21日). 出会いと別れの季節と言えば、記者が生まれ育った関東では桜が咲く頃・・

 

なんていう導入文がありました。

実際にクリックして記事を除いてみたところ、

 

すべて削除されていました!

 

 

事件が広まったことで、読売新聞が記事の削除に動いたのだと思われます。

 

こんなにすぐに削除に動けるものかと疑問に思う早さですが、

現在のところ、該当記事は見れなくなっているようです。

 

これまでの事を考えると、

東京都内で犯行に及び、この6か月の間にタイミングよく宗村元容疑者が北海道に人事移動、そして、記事の削除。

まるで、何かをなかったこと、隠蔽しようとしているかのような行動だと思いませんか?

 

このことから、読売新聞側もこのような事件が起きたことは、6か月前から知っていたのではないかと疑いたくなります

 

宗村元容疑者 読売新聞 夕刊社会面トピなびを担当

2年前の記事ですが、宗村元容疑者が記載した記事とおもわれるものが見つかりました。

 

平成27年の7月19日に読売新聞の夕刊社会面、『トピなび』という連載蘭に署名入りで記事を掲載していました。

 

日本ハムファイターズの記者の前は社会蘭などの取材・執筆に取り組んでいたんでしょうか?

 

その記事では、家事代行サービス業などの代行事業について特集し、『神輿担ぎの助っ人』を紹介しています。

画像引用

 

 

読売新聞記者を強制わいせつの疑いで逮捕 過去にも同様の事件が!

ちなみに、今回の宗村元容疑者を逮捕されたことに関連して、過去に読売新聞の社員が逮捕された事例を探してみました。

すると出てくる出てくる!

 

2008年に出向中の読売新聞社員が風俗店経営者殴った疑いで逮捕。

2014年に酔ってタクシー運転手に暴行したとして読売新聞記者を逮捕 。

 

 

2015年に神戸で口論になった大学生にけがをさせたとして読売新聞大阪本社の男性社員が傷害容疑で逮捕。

 

 

2015年に福岡県のスナック店内で下半身を露出したとして、公然わいせつの疑いで逮捕。

 

 

うーん、軽く調べただけでこれだけ出てくるんですね・・

もっと調べればまだまだありそうです。

それに、事件と関連しているのは、風俗店とか口論がきっかけとなっていることが多い様子。

読売新聞の治安は良くなさそうですね。(笑

 

報道する側が逮捕されてどうするの?と、言いたくなります。

 

今回の事もそうですが、読売新聞はかなり体育会系な社風があるようですね。

 

コメントをどうぞ