スポンサーリンク

Nosuke 闘病生活で病状は?精巣がんのブログでmisonoとケンカ!

ニュース・事件

Nosuke 闘病生活が注目されています

精巣がんを公表し、闘病する日々をブログにつづっているNosukeさん。

妻のmisonoさんに勧められ、ブログ開設・病気公表から3ヶ月経ちました。

精巣がんは、希少がんです。

でも、実は20代~30代の若い世代に多いがんなのです。

少しでも誰かの助けになれば、とつづっているということです。

 

スポンサーリンク

Nosuke 闘病生活で病状は?精巣がんのブログでmisonoとケンカ!

精巣がんの闘病生活中のNosukeさん。

人気のブログでは、病気発覚までを赤裸々に振り返り、抜ける髪を剃ってもらう途中の“落ち武者”ヘアーをさらけ出したり、点滴のアラーム音に合わせてセッションしてみたり、普通の日常をつづっています。

やはり発症数の少ないがんの闘病には、孤独が伴うのではないでしょうか。

Nosukeさんのブログは文章が柔らかく、読みやすいようです。

同じように闘病している人にとって、読みやすく、共感しやすいものではないでしょうか。

若くしてがんを発症した人の苦労は、他人には計り知れないほどのものがあります。

Nosukeさんの行動で、たくさんの人が救われているかもしれませんね。

これからも温かいブログを続けていってほしいですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. . ※misono official Blogより . ↓ . スマホを、未だに使いこなせてなくて… ガラケーで、今も仕事をしてるのですが! . 目、耳、頭、歯、喉、心臓、右手(腱鞘炎)も、 痛かったし… . 2018年8月〜目眩、立ちくらみ、耳鳴り、吐き気も、治りません… . そして急激に、視力も低下したので… 34歳にして“メガネ女子”となり! . 10/31で、エイベックスを円満退社して… 11/1〜マネージャーも、つけてなくて!. . 「オカンと二人三脚なので」「Nosukeにやってもらいすぎ(笑)だったので」 . パソコンも、GETしました! LGgramは、画面がデカイのに軽くて! . バッテリーも長持ちするという事で、 LGgramにしたんだけど! . 人生において、初めてのパソコンなので… Nosukeに教わりながら、やっております! . YouTube(misono ch)や写真や文章のチェックも、携帯だと小さすぎて… . 〜P.S〜 . そういえば、昔…自分で、パソコンを買った時期もあるんだけど! . マネージャーに、常に持ってもらっていて(←ウチ、最低) . マネージャーに、全部やってもらってたから(←ウチ、最悪) . いつかのマネージャーが、なくしてしまったんだよなぁ!? . でも、なくなったのは「預けっぱなしにしてたから=自己管理が出来てなかったから」 . だから…お金もパソコンも、返してもらわず! 結局「そのまま」なのも、思い出したわ(笑) . #misono #nosuke #misonosuke #人生 において #初めて の #パソコン #lggram

misonoさん(@misono_koda_official)がシェアした投稿 –

がんの発覚の時の不安やショックなど、経験していない人には決して分からないものですから、Nosukeさんが書いたブログを読むと、不安を抱えている人は少し安心できると思います。

そういう面でも、闘病記というのは、とてもいいものですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Nosuke 闘病生活の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

 精巣がんであることを公表し、現在闘病する日々をブログにつづっているNosuke。ブログ開設・病気公表から3ヶ月。病気発覚までを赤裸々に振り返るほか、抜ける髪を剃ってもらう途中の“落ち武者”ヘアーをさらけ出したり、点滴のアラーム音に合わせてセッションしてみたり、大好きなラーメンのことばかりを考えていたり……。そこには、病気と向き合いながら日々を過ごす等身大のNosukeの姿があった。Nosukeはなぜここまで赤裸々に、そして明るく自らの闘病生活を発信することができるのか。そして妻・misonoの支えとは。今回、AbemaTIMESはNosukeにインタビューを実施。なお、インタビューにはマネージャーとしてmisonoも同席している。

misonoとの大喧嘩から始まった闘病ブログ

――ブログ開設1週間で総合1位にランクインと、凄まじい注目度です。おめでとうございます!開設は、misonoさんにすすめられたとのこと。その時のmisonoさんとのやり取りを覚えていますか。

Nosuke:実は、昨年12月時点で、僕はまだ受け止めきれていなかったので何かを発信する心の準備もできていなかったんです。もう少し治療が落ち着いてからでもいいんじゃないかって……。でもmisonoは真逆の意見。性格も正反対なので、まだいいという僕の意見と、とにかく早くっていうmisonoとの意見とがぶつかって。

misono:Nosukeはマメな人でもないので、これまでSNSでのそういった(私生活の)発信はせず、ネットでの反応とかも見ないし気にしない。でも、“Nosukeの場所”で、Nosukeに向けてくる声に Nosukeも救われることがあるかもしれないし、Nosukeのブログで何処かの誰かを救えることがあるかもしれないし……と。病気で落ち込むことも、書けなくなることもあるかもしれない。でも、そういったリアルを出すことで、もし今同じ病気で闘っている人がいるとしたらリアルタイムで一緒に頑張れるし、皆で支え合えたり励まし合えたりするかなと。誤報ばっかりなので、情報交換とかもしてほしいと思いました。

――意見の相違があるなかで、結局開設に至ったきっかけは何だったのでしょう。

Nosuke:納得したほうが、その話が終わると思ったんで(笑)。

――misonoさんから何かアドバイスはあったのでしょうか?

misono:まわりからは、絶対お前は口出しすんなって言われました(笑)。ただ、最初は自分なりの経験で、こうした方がいいんじゃないか?これはしない方がいいんじゃないか?と話しました。でも、だんだん周囲がNosukeのブログは本当に面白い、読みやすいなんて言ってくれるようになってからは、黙っとこうってなりました。

Nosuke:(何か)言われるんだろうなとは思っていましたけどね(笑)。病気じゃない人も読めるような、後からでもふと読み返したくなるものっていうのは意識しようと思っていました。あと、僕はネガティブな文章って読むのが苦手なので、少しでもクスッと笑えるように。

――発信することに一歩踏み出した今、何か心境の変化はありましたか。

Nosuke:(これまで、ブログとは)自己満足のようなことを発信するもの、としか図れていなかったんです。
けど、結局こういう状況になって、僕が発信したことに対するコメントに…本当に助けられたなって。ブログを読んでくれる人たちは、結構積極的に僕の話に“入って”きてくれる。実際に参考になる情報もあるし、乗り越えた人の励ましの言葉もある。かと思えば、まだ診察に行けていないという不安な人もいる。あ、なんか今、自分は「まんなか」にいるっていう感じでいます。だから、強がらなくてもいいし、弱がらなくてもいいのかなと。

――それこそ「ありのまま」。

Nosuke:そうですね。僕の言うことに対して、人が気を配ってくれるところが素敵だなと思いました。声高に自分の主張をするのではなくて、ここには結構心のきれいな人が集まるな、と。やさしい人たちを見たというか……。で、ちょっと感動しちゃって。僕が一方的に発信するつもりだったけど、こんなにもレスポンスがあるなんて思ってもいなかったので、驚きました。

Nosuke:僕は見つかるのが遅かったんですが、ネットで(腰痛などといった)症状だけを検索しても、「精巣がん」とか「胚細胞腫瘍」っていうワードは出てこず、一体この体調の悪さは何だろうってずっと思っていました。精巣がんは、希少がんです。でも、実は20代~30代の若い世代に多いがんということはあまり知られていません。……もしかして、僕がネットで検索したときに、何か腫瘍やがんの可能性を示唆する内容がヒットしていたら、もっと早く病院に行こうと思ったかもしれない。もちろん、認めたくないと思ったかもしれない。けど、今僕が体験したことをネット上に書いておけば、誰かが僕のブログにいきついて、とりあえず診察してみるかもしれない。少しでもそのきっかけに、また少しでも誰かの助けになれば、と思っています。

misonoへの想い

――闘病生活になり、夫婦関係に変化はありましたか?

Nosuke:(misonoさんの方を向いて)丸くなったよね?(笑)
育ってきた環境とかが違うから、大事にしているものも違うし、生活も違う。(misonoは)そういうものが一緒のほうがいい人だけど、俺は別に違っていてもいい。そういった部分でこれまでに何度もバチバチすることがあったんです。それが、明らかに丸くなりました。

misono:(笑)ストレスがいちばんの敵っていうかから、家族がストレスを与えたらいけないな、と。言う量とか内容は変わらないけど、ちょっと笑いながら言うとか、言葉づかいや言まわしは、意識するようになったかもしれません。あと、Nosukeのブログを通して、絵がこんなに上手だったんだ、とか文章力がこんなにあるんだっていう新発見ができたのは大きかったですし、嬉しかったです。

――絶対的な信頼関係があるから、バチバチできるということでもありますよね。結婚してよかったことは、何ですか?

Nosuke:僕は自分の家庭環境があんまりよくない時期があったので、結婚に対する魅力がわからない反面、絶対いいものだと信じている部分もあった。一生を共にすることに向き合える人と出会えたので、良かったです。ブログに「乗っかればいつも想像以上に最高な結果になることに気づいた」と書いたんですが、misonoは本当に全然、別の次元に連れていってくれる。乗るか乗らないかっていうのはあるけど、絶対僕が悪い方向に行くような道は用意していないので。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  精巣がんであることを公表し、現在闘病する日々をブログにつづっているNosuke。妻のmisonoさんに勧められブログ開設・病気公表から3ヶ月。
  •  病気発覚までを赤裸々に振り返るほか、抜ける髪を剃ってもらう途中の“落ち武者”ヘアーをさらけ出したり、点滴のアラーム音に合わせてセッションしてみたり、日常をつづる。
  •  精巣がんは、希少がん。でも、実は20代~30代の若い世代に多いがん。
  •  少しでも誰かの助けになれば、とつづっている。

のようですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Nosuke 闘病生活の画像や動画は?

Nosuke 闘病生活の画像や動画を掲載しておきます。

Nosukeさんmisonoさん夫婦は仲がいいようですね。

Nosukeさんのブログは、たくさんの人に勇気を与えるものになっていくのでしょうね。

前向きに病気と向き合っている姿には、尊敬します。

スポンサーリンク

Nosuke 闘病生活にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

誰もいない闘病生活より、うるさくても側にいてくれる人がいた方が心が救われると思う

闘病生活、大変と思いますが頑張って下さい!!!

私は幸いまだ大病はしてないが、書くことは好きで、書いて発散することがよくある。
書くって、気持ちを整理出来るし、客観視できる視点が出来ていい。
特に闘病中なんかは、行動が制限されてしまうこともあるだろうし、ブログで人と繋がれるのは力になると思うな。
Nosukeってあまり知らない人だったけど、前向きに闘病している姿には頭が下がる。

家族に病人がいると
重い空気になるけど
misonoなら、そういう姿を見せず
しっかりと看病してくれると思う。
ただ、かなりの精神力がいるので
よくなったら、彼女をケアしてあげてほしいね。

たとえよく知らない人でも、やはり若い方がガンになるなんて気の毒だし頑張って完治させてほしいと思う
同じように闘病されてる方にとっても励みになると思います。頑張って!

Nosukeさんのブログは、文章が丁寧で分かりやすく、治療でしんどい中、奥さんのためにもブログ書いたり気遣ったり色々頑張ってるなと思った。
結婚に関しては順番や式の回数が無茶苦茶で、良い印象は無かったけれど。
misonoさんは芸能人としてのキャラなんか構ってちゃんが私は苦手だけど、よく支えてると思う。
Nosukeさんが寛解しますように…

病気は本当に、なった者しか分からないというか、経験すると意識がゴロッと変わる。
テレビなんて制作者の意図に沿った、一瞬の1コマのつなぎ合わせだろうから、実際のmisonoさんは我々の想像するのとは別人なのかもしれない。お互いにとって心の拠り所になれているのなら、とても幸せなカップルだと思う。大切な時間を過ごされますように。

ブログを読んでみると、文章も上手いし、他者への気遣いなど、人柄の良さを感じさせる。
頑張って欲しいですね。

同じガンで両精巣失いました。
精神的にもかなり落ち込みホルモンが無くなって更年期にまでなりましたが今は命があるだけマシだと思います

ほんとはただの自分発信なんだけど、ブログをやると「みんながみてくれている」という錯覚というか、とにかく励みの1つになるんだと思う。病気は孤独との闘いでもある。なった者にしかわからない苦しみだから。

この人は文才があり、ブログ書いてよかったと思う。misonoはあまり好きではないがこの人のことは見直した、という人は多い。

正直、Nosukeさんってアホっぽいイメージしかなかったのですが、ブログの文章がとても心に突き刺さり、素直な感受性の強い才能を感じました。
良い意味で才能を開花した姿を拝見したいので頑張って乗り越えてほしいですね。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

↑. . ※misono official Blogにアップした写真より . misoNosukeをイメージしたキャップを、作って送って来てくださいました… . KENさんの帽子は、全部1点モノで!?全て手作り!?なんです… . フォローして下さっていたので、フォローしてみたら…こんなにも、素敵な奇跡が起きました♪ . 散々「DMは見るな!返すな!」と、止められてましたが…素晴らしいスタッフさんと、巡り会えました☺︎ . @ken.japan2017 @ken.design2018 @nosukedrummer . . #misono #Nosuke #misoNosuke #名前 いり #キャップ #帽子

misonoさん(@misono_koda_official)がシェアした投稿 –

 

 

ノスケさん文才もあるし、心持ちが良いかただと思います。misono見る目あるね。

Nosukeさんのブログ面白くて大好きです。辛い事もあると思うけど、頑張って欲しい。

自分も以前経験いたしました。
私はメンタルでしんどかった記憶があります。
ノスケさんのブログを拝見しておりますが、とても元気よさそうで、凄い方だと感心しています。奥様から元気もらっているんですよね?!
これからの活躍期待しています!!!

また、売名とか言う人がいるかもしれないけど、お金もいるだろうし、これも仕事の1つ。
同じ病気の人が勇気づけられることもあるかもしれないから、良いと思います。

最近、癌や白血病など重い病気のこと聞く機会が多いな。医療が進んで将来こういう病気、なくなればいいな。

みそのちゃん。
色々酷いこととか言われてるけど、常に一生懸命なんだろうな。
回復祈ります。

縁あって結ばれた二人だから幸せにって欲しい

nosukeさんが早く良くなるといいね

これをきっかけに、永遠の絆が出来たらいいけどね。
今は闘病だけを念において、家族のために全うしてほしい。

SROの舞台で演奏する姿を
もっと見たいです!
必ず、復帰して下さいね!

小林麻央のときは、海老蔵をまともにするために病気になったんじゃないかと思ったりもしたけど、この2人は、持ちつ持たれつな感じがする。そして、Nosukeは治る気がする。

ガンなんて宣告されたら何も出来ないし考えられないと思う。側に居てくれるって本当に大事なんですね。乗り越えて欲しいです!

病気って怖い…幸いにも自分は大きな病気にかかったことないから…いざってときに不安で押しつぶされそう。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Nosuke 闘病生活で病状は?精巣がんのブログでmisonoとケンカ!のまとめ

精巣がんの闘病生活中のNosukeさん。

不安だらけでそれどころではなかったNosukeさんは、妻のmisonoさんに急かされ、大ゲンカの末、ブログを開設したそうです。

しかしNosukeさんは、書くことで気持ちが落ち着いていき、病気と向き合うことができたのかもしれません。

これからも、前向きなNosukeさんのブログでたくさんの人が勇気づけられると思います。

 

 

 

コメントをどうぞ