スポンサーリンク

ザ・デストロイヤーさんが死去!!伝説のプロレスラーの死因は??

ザ・デストロイヤーさんの死去について注目されていますね。

伝説の覆面プロレスラーの死因、これまでの活躍についてくわしく紹介していきます。

スポンサーリンク

ザ・デストロイヤーさんが死去!!伝説のプロレスラーの死因は??

 

伝説の覆面プロレスラー、ザ・デストロイヤーさんが88歳で死去しました。

現地時間の7日の正午、最愛の妻と息子に看取られえ永眠。

彼の死去については、息子のカート・ベイヤーさんがfacebookで報告しました。

 

昭和を代表する覆面プロレスラーとして活躍したザ・デストロイヤーさん。

数々の伝説を持ち今もなおたくさんのファンがおり、彼の死去を惜しむ声が多数上がっています。

ヒール役プロレスラーとして試合で見せる姿の人気もさることながら、

テレビ番組の出演を通しての愛嬌のある一面が愛されていたことも懐かしいですね。

日本のプロレス界を盛り上げてくれたデスtロイヤーさんのご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ザ・デストロイヤーさん死去の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

力道山やジャイアント馬場のライバルとして知られる伝説の覆面プロレスラー、ザ・デストロイヤー(本名リチャード・ベイヤー)さんが7日(日本時間8日)、亡くなった。享年88歳。同日に複数の米メディアが報じた。元プロレスラーの息子カート・ベイヤー氏が自身のフェイスブックで報告したもので「父のデストロイヤー、ドクターXことディック・ベイヤーが今日正午すぎに亡くなりました。自宅で子どもたち、妻に囲まれながら平穏に去っていきました」などとつづった。デストロイヤーさんはここ数週間、病院のケアを受けていたという。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  伝説の覆面プロレスラー・デストロイヤーさんが88歳で死去
  •  デストロイヤーさんの息子がfacebookで報告
  •  現地時間7日正午過ぎに妻と息子に看取られて息を引き取った
  •  デストロイヤーさんは病院のケアを受けていた

のようですね。

View this post on Instagram

あれは二十歳の時だった。富山駅前に献血車がいたので献血していたら、後から入ってきた大柄の人が、隣で献血して、あっという間に出て行った。早い…!!!?献血車を出て、ヤクルトもらってチューとやりながら椅子に座ったら、目の前に覆面つけた人が、ヤクルト飲みながら、英字新聞を読んでいた…!!!デ…デデ…デストロイヤー…さん!?突然だったので、完璧にフリーズした…。それが昼頃で、その日は午後6時頃からプロレス興行がある日だった。びっくりして、声も出せなかった。 デストロイヤーさんは、全国各地で献血なさっていたそうです。 ほんの一瞬の思い出ですが、デストロイヤーさんの死を悼み、ちょっと書かせていただきました。 #デストロイヤー #献血 #献血が趣味 #覆面プロレスラー

A post shared by みだが羽蘭 (@midagaharan) on

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ザ・デストロイヤーさんの画像や動画は?

ザ・デストロイヤーさんの画像や動画を掲載しておきます。

プロレス 闘魂 ザ・デストロイヤー 白覆面の魔王

ヒール役の覆面プロレスラーとして活躍した時代のザ・デストロイヤーさんの動画です。

テレビ番組で見せるおちゃめな一面が、さらに彼の人気を引き立てたようですね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ザ・デストロイヤーさん死去にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

88歳は大往生。
お疲れ様でした。
昭和も遠くなりますね。

噂のチャンネルを見ていた幼児期には
リング上の姿を見た事がなく
面白いレスラーなんだろうなと思っていたら
実はヒールの要素も持った「4の字固め」の代名詞だったと知ったのは高校生くらい
プロレスを知らなくても昭和40年代生まれならデストロイヤーを知らない人は少ないと思う
ご冥福をお祈りいたします

初来日の印象があまりにも強烈だったし
馬場との幾多の熱戦は毎度 楽しみだった。

力が落ちてからは日本組に参戦も,お笑いキャラとしても ,TVでは欠かせない存在感をハッキとは言い過ぎかな?

晩年も日本関係者には決して素顔をさらさなかったとも聞いているが,これで一つの時代は終わったのかな。

子供の頃、地方巡業で地元に来たときに、偶然駅でタクシーに乗るところを見かけた事があります。
小学生の僕が、その大きい身体にびっくりして固まり彼を凝視していると、マスクをしていても分かる太陽のような笑顔を向けてくれたのが印象に残っています。

昭和生まれの人なら誰でも知っている、あの“4の字固め”を日本に広めたのは、デストロイヤーさんです。

ありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。

昔、地方にプロレス興行が来る時はデストロイヤー&ブッチャー必須だったし、流血モノのポスターがバスの待合所などに貼ってあり、子供だった自分は妙にワクワクしたものだ。
今はそんなポスターも貼れないんだろうが、昭和も遠くなりにけり、だな。

先月の馬場さん追善興行はメッセージありましたね。
最期に伝えることができてよかったと思います。

よく昭和昭和と言いますが、1960〜70年代というのがいわゆる昭和の全盛期だと個人的には思っており、その頃のテレビコンテンツの中にプロレスは燦然と輝いていました。昭和プロレスはプロレスの最高の時期でしたよね。夢もあったし。その頃の大スターでしたからね、デストロイヤーさんは。ファンとして何回も接していますが、ホントに優しくファンを大事にする、いわゆるスターでした。ホントのスターはどっちかで、凄く優しいか超威張ってるか、どっちかでしたが、デストロイヤーさんは優しい方。馬場さんは無愛想だけど優しい。猪木さんは威張ってる、みたいな。デストロイヤーマスク持ってますから大事にします。合掌。

4の字固め真似した。
マスク越しに見える青い目が優しく見えてね…。昭和の灯りが又1つ消えました。こういう時だけ時間が確実に進んでいると実感させられます。ご冥福をお祈り致します。

ご冥福をお祈りいたします。88歳だったんですね。先日、馬場の追善興行にデストロイヤーの姿が見えないなぁとは思っていました。1963年の初来日のことは覚えています。多分テレビで観たんだと思います。クラスで四の字固めが流行ったのを覚えている。力道山、馬場、猪木などなど名勝負、今も脳裏に焼き付いています。彼が日本のプロレスに果たした役割は大きいと思います。改めて合掌。

外国人ヒールが加わってこそ、プロレスの面白さが上がった。
観客のこともよく判った上で、興業を成功させていたと思う。
新聞のテレビ番組表に名前が載っていると、ワクワクしたな。

15年ほど前、東京の麻布十番祭りの路路に小さなテーブルを出し、サイン入りマスクと自伝を販売してらっしゃったのを見つけて、人混みを掻き分けて並び、握手してもらいました。とてもたくましく暖かい手と、マスクを渡してくれたときの満面の笑顔が忘れられません。最強外国人マスクマン、必殺のフィギュアフォーレッグロック、どうか安らかにお眠り下さい。

  •  

 

 

 

プロレスを見ない人でも、このプロレスマスクは多くの人に馴染みがあるね。
もはやマスクが体の一部という感じだったし、数ある覆面レスラーの象徴的な存在で、引退しても素顔を見せないとか、マスクマンとしてのプライドや徹底した拘りを感じました。
どうぞ、安らかに。

プロレスラーの頃の試合は見たことがなくて、むしろタレントの頃のイメージが強かったけど、リングでの死闘は伝説的なんだろうと思う。88歳はレスラーとしては長寿だったのではないかと思う。お疲れさまでした。ゆっくり休んでください。

いずれ来るとは思っていたが、とうとうこの日が来てしまった
誰もが知っている、と言っても過言ではない名レスラーでした
ご冥福をお祈りいたします

それにしても、相撲にせよレスラーにせよ
お茶の間で親しまれる人というのを見かけなくなった
タコツボ化というか、その世界に閉じこもってばかりで
素人との架け橋になってくれるような存在が今こそ必要だと思うのだが

中学校のころ本当の田舎に住んでいたとき全日本プロレスがきたことがあった、田舎で外人が普段町で見る事が希少な時である。スーパーマーケットに頭が後退した外国人が片言の日本語でビールをかって「アリガトネ!」と言ったのを覚えていて夕方プロレスを見に父親と言った時、その日シングルで戦っていたデストロイヤーとロッキー羽田のシングルで得意技の4の字固めで勝利して、地元の見に来ていた年寄り達は大喜びで彼に声援を送っていた。それに応えて彼は言った
「アリガトネ!」これを聞いてあの人がデストロイヤー!と驚いたモノだ。
彼の訃報を聞いてそれが浮かんだ、もう羽田さんもデストロイヤーもいないんだよなぁそれこそ「アリガトネ!」と今俺が言うべきなんだろうな。

デストロイヤーさんの引退試合を観ました。馬場さん、そして息子さんのカート.ベイヤーさんと組んで選手コールの時に馬場さんが先にコールされてデストロイヤーさんが「俺が最後でいいのか?」みたいな表情で馬場さんを見て馬場さんも「今日位はいいよ」と言いたげな笑顔でした。最後は勿論足4の字固めでギブアップ勝ち。おそらく一番日本を愛してくれた外人レスラーだと思います。御冥福を御祈りします。

プロレスファンでなくても、デストロイヤーさんの名前を知っている日本人は多いと思います。
テレビが普及し始めた時、プロレスで日本中の人達を楽しませてくれましたし、バラエティ番組でも活躍されていたのが印象に残っています。
持ち技の四の文固めは、余りにも有名な必殺技です。
生涯現役レスラーを通した生きざまは、素晴らしいプロレス人生だったと思います。
ご冥福を祈ります。

病気にならない体のつくり方と強い体になるよう体を鍛えるとは違うようだ。体を鍛えたところで病気には勝てないことが今まで証明されている。病気にならない体のつくり方を教えてくれ!!!
ご冥福を祈ります。

実は力道山の最後のシングルマッチの対戦相手はデストロイヤー氏でした。4の字固めが外れなくなり引き分けになった伝説の試合は視聴率64%を記録しプロレス中継のみならず日本のテレビの歴代視聴率4位を記録しました。力道山の死後も弟子のジャイアント馬場の好敵手にもなり、日本陣営に加わった時は日本のバラエティ番組のレギュラーにもなり日本のお茶の間のファンを長く楽しませてくれました。そして引退後も少年アマレスの指導で日米スポーツ交流に大いに貢献していました。ここまで長きに渡り日本のマットのみならず日本社会に貢献していた外国人レスラーは他にいないでしょう。今頃、天国で力道山、ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田と再会している頃でしょうか。

日本のプロレス界を盛り上げた功労者でバラエティーでも抜群のセンスでお茶の間に笑いをもたらし明るい雰囲気を与えてくれたプロのエンターテイナーで大の親日家。ありがとうございました。お疲れ様でした。そして、ご冥福をお祈りします。

懐かしいね、本当に懐かしい。
あの頃はテレビを観るのがとても楽しみだった。中でもプロレスやボクシングは別格で、皆夢中になったものだよね。
そのプロレスにおけるスター選手の一人。楽しませてもらったし、本人も良い時代を生きたと思う。ありがとうございました。
・・・徳光さん、寂しいだろうね。

大変な紳士でテレビのバラエティ番組でのデストロイヤーさんは愛嬌が有りとてもじゃないが悪役レスラーで額から血を流していたヒールとは誰も想像できないくらい面白く人柄の良さを感じていました、彼も日本には特別な思いがあったと察します、ありがとうデストロイヤーさん昭和のおっさん達はみんなご冥福をお祈りしてます。

彼は本来はヒール役だったと思うけれど愛嬌のあるキャラで、
当時子供たちにも絶大な人気がありました。
個人的な子供時代の思い出ですが、札幌雪まつり会場で豚汁を配るブースがあり、たまたま私に手渡してくれたのがデストロイヤーでした。
日本語で「はい、どうぞ」と言いながらお椀を渡してくれたマスク越しの目がとても優しく、子供心に『この人はとてもいい人だ』と思ったのをよく覚えています。
訃報はさびしいですね。でも家族に看取られ穏やかな最期だったのですね。晩年もきっと幸せだったのだと思います。ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ザ・デストロイヤーさんが死去!!伝説のプロレスラーの死因は??まとめ

 

昭和を代表する人気覆面プロレスラーの死去について、多くのファンの追悼の声があがっていましたね。

平成も終わろうとしている今、昭和のスターの訃報が相次ぐ今、時代の移り変わりを感じますね。

死してもなおデストロイヤーさんの伝説が語り継いでいかれることは間違いないでしょう。

ザ・デストロイヤーさんのご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

コメントをどうぞ