スポンサーリンク

高級スタバ 開店で衝撃!利用した画像とリアルな真相はこちら!

ニュース・事件

高級スタバ 開店が注目されています

スターバックス コーヒージャパン(SBJ)は2月28日、東京・中目黒に「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」を開店しました。

生豆からコーヒー豆ができる過程をライブ感覚で眺めながら、その豆を使ったオリジナルドリンクが味わえる店です。

日本初上陸となるカクテルバーもあります!

 

スポンサーリンク

高級スタバ 開店で衝撃!利用した画像とリアルな真相はこちら!

スターバックス コーヒージャパン(SBJ)は2月28日、東京・中目黒に「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」を開店しました。

提供されるコーヒーは、バーボンウイスキーの樽の中で熟成された豆を使った「バレルエイジド ゴールド ブリュー」(1200円、税抜き)など。

日本初上陸となるカクテルバーでは、エスプレッソマティーニと生チョコレートを合わせたカクテル「中目黒 エスプレッソ マティーニ」(2000円)など。

さっそく開店直後に入った方からの情報がネットに上がっています!

一度は行ってみたいですね!

 

日本国内におけるブランド別シェアでは、スターバックスが35.9%で首位、2位にドトールコーヒー、3位にタリーズコーヒーということです。

スターバックスが一番愛されているのですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

高級スタバ 開店の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

 ここは工場なのか、はたまた高級ホテルなのか――。

 コーヒー豆を作る製造工場とホテルのラウンジが融合したような不思議な空間が広がる。上を見上げると、巨大なロースター(焙煎機)で煎られた豆が、建物内に張り巡らされたパイプの中をぐるぐる流れていく。

■1杯1200円のコーヒーも

 スターバックス コーヒージャパン(SBJ)は2月28日、東京・中目黒に「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」を開店する。同店は、これまでの店舗と全く異なる新しい“体験型”の店舗。最大の特徴は、生豆からコーヒー豆ができる過程をライブ感覚で眺めながら、その豆を使ったオリジナルドリンクが味わえるところだ。豆を触ってみたり、香りを嗅いだり、五感でコーヒーを体験できる。

 4階建ての建物の吹き抜け部分は、高さ17メートルの豆の貯蔵庫がある。ここで作られたコーヒー豆は袋詰めされ、全国のスターバックス店舗に送られる。こうした焙煎機を併設したロースタリーと呼ばれる旗艦店は、シアトルやミラノ、上海、ニューヨークに続き世界で5番目の出店となる。

 提供されるコーヒーも他店舗では飲めない限定商品が多い。例えば、バーボンウイスキーの樽の中で熟成された豆を使った「バレルエイジド ゴールド ブリュー」(1200円、税抜き以下同)や、メープルシロップとレモン果汁を使った「カスカラ レモン サワー」(1200円)など、手の込んだカクテルのようなコーヒーだ。

 建物の2階には「ティバーナ」というお茶専門のバーがあり、日本茶や紅茶、中国茶を使ったドリンクも楽しめる。日本酒のグラスに注がれた玉露茶などを提供し、インバウンド(訪日客)の需要も取り込む構えだ。

 初ものづくしのロースタリー 東京だが、中でも目を引くのが、コーヒーを使ったアルコールドリンクだ。日本初上陸となるカクテルバーでは、エスプレッソマティーニと生チョコレートを合わせたカクテル「中目黒 エスプレッソ マティーニ」(2000円)や、クラフトビール専門店とコラボレーションした生ビール「テラス ラガー」(900円)などが提供される。さらに、スライスしたての生ハムやチーズ、店内のベーカリーで作られた焼き立てのパンやピザなども味わえるなど、従来のスタ―バックス店舗とはまったく異なる商品構成になっている。

 通常のスタ―バックスの店舗では、新作フラペチーノを目的とした高校生や若い女性の姿が目立つが、ロースタリー 東京では価格帯も通常店よりは高く設定されていることから、客層もかなり異なりそうだ。

 英調査会社ユーロモニターインターナショナルによると2017年、日本におけるコーヒー専門店市場規模は4366億円で、2012年から年平均3.7%で成長を続けている。日本国内におけるブランド別シェアでは、スターバックスが35.9%で首位だ。2位にドトールコーヒー(20.8%)、3位にタリーズコーヒー(14.7%)が続く。

 スターバックスは全国で1415店舗(2018年12月時点)展開しているが、近年は年100店舗規模の出店を継続している。SBJの水口貴文・最高経営責任者(CEO)は「1700店舗までは拡大する」と明言する。

■「聖地のような存在で、心臓でもある」

 ただ、あるSBJ関係者は「目先の出店に目がいきすぎるあまり、新しいチャレンジをしようという雰囲気が薄れていた。そういう点において、ロースタリー 東京の出店は社員や店舗で働く従業員の士気を高めることにつながるはずだ」と語る。

 実際、ロースタリー 東京で働くスタッフは全国の店舗で働く社員やアルバイトから募ったところ、数多くの従業員が手を挙げた。その後、審査を通過した約250人の従業員が働くことになった。ロースタリー 東京のティバーナで働く女性従業員は「日本茶のよさを外国の方にも日本人にも知ってほしい。ここで働けることに誇りを持っている」と笑顔で話す。

 「このロースタリー店舗は、日本のスターバックスの聖地のような存在で、心臓でもある。オープンの前に、全店舗の店長を集めて研修を行った。この店舗から全国へと発信し、また全国からこの店舗を目指して人材が集まってくるような存在になる」(水口CEO)

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  スターバックス コーヒージャパン(SBJ)は2月28日、東京・中目黒に「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」を開く。
  •  生豆からコーヒー豆ができる過程をライブ感覚で眺めながら、その豆を使ったオリジナルドリンクが味わえる店。
  •  提供されるコーヒーは、バーボンウイスキーの樽の中で熟成された豆を使った「バレルエイジド ゴールド ブリュー」(1200円、税抜き)など。
  •  日本初上陸となるカクテルバーでは、エスプレッソマティーニと生チョコレートを合わせたカクテル「中目黒 エスプレッソ マティーニ」(2000円)などが提供される。
  •  日本国内におけるブランド別シェアでは、スターバックスが35.9%で首位、2位にドトールコーヒー(20.8%)、3位にタリーズコーヒー(14.7%)が続く。

のようですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

高級スタバ 開店の画像や動画は?

高級スタバ 開店の画像や動画を掲載しておきます。

どのくらい混雑しているのでしょうね?

みなさんからのツイートがたくさん出ています。

一杯1200円のコーヒーは売れているのでしょうか?

スポンサーリンク

高級スタバ 開店にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

スタバのメニューに飽きてきた。
レギュラーメニューのラインナップが変わりばえしない。季節限定メニューの中で美味しいものがあったがレギュラーメニューに昇格するものはほぼない。
最近はマックのコーヒーも美味しくなったしスタバは30分以上時間がある時だけに使う。

スタバ最近いかないな~。
打合せでも使いずらいし、ブラックしか飲まないから価格の割に特別コーヒー旨いとも思わないし、一人で行くのもこっぱずかしいし。テイクアウトならコンビニで十分。

 

 

【出店し過ぎてブランド力が落ちたので新しい高めのブランドを作ってみた】
外車も同じ。Eや5のブランド力を使って1やAを売りまくったら結局ブランド力が落ちた。
コーチがアウトレットに出店して休めの商品売りまくったら結果、コーチ自体のブランド力も落ちた…
そもそも本当にコーヒーなりサービスに拘りがあるなら、品質維持のためにチェーン展開するという事にはならないと思う

ただの水出しコーヒーが1杯1200円…
高級豆を100g買えるじゃん

一通り試してみたいですね

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

高級スタバ 開店で衝撃!利用した画像とリアルな真相はこちら!のまとめ

2月28日、東京・中目黒に「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」が開店しました。

さっそく開店直後に入った方からの情報を見ることができました!

おしゃれな外観ですが、店内の造りもすごいですね。

コーヒーのミニ工場、一度は見に行きたいです!

お茶専門のバーもカクテルバーも、試してみたいです。

毎日行っても楽しそうですね。

 

 

 

コメントをどうぞ