スポンサーリンク

カメ止め盗作騒動 和解の真相は?「共同原作」でこれからも協力?

ニュース・事件

カメ止め盗作騒動 和解が注目されています

映画「カメラを止めるな!」の“原作者”という和田亮一氏と、映画を製作したENBUゼミナールが、クレジット表記を巡って意見が対立していた件で、同社は2月27日、和田氏と和解したと発表しました。

「“お互いのオリジナル性がなければ産まれなかった作品”ということで気持ちが一致した」ということです。

どういう決着になったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

カメ止め盗作騒動 和解の真相は?「共同原作」でこれからも協力?

上田慎一郎監督が、和田氏が演出した劇団「PEACE」の舞台「GHOST IN THE BOX!」に着想を得て映画「カメラを止めるな!」を企画・制作した――ということに対し、和田氏がクレジットに「原案」ではなく「原作」として劇団名、作品名を入れるよう主張していました。

新しいクレジット表記では、「共同原作」として和田氏、上田監督を併記する他、「企画開発協力」として、劇団PEACEの元劇団員・荒木駿氏、大坪勇太氏の名前を明記します。

やっと決着がついたようですね。

これは、上田監督の次回作を見る目が更に厳しくなったのではないでしょうか。

ゾンビ映画なのに笑える、本当に面白い作品です。

口コミで広がり、日本中の知るところとなりました。

低予算なのに、売り上げがすごい、と話題になりました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

カメ止め盗作騒動 和解の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

 大ヒット映画「カメラを止めるな!」の“原作者”という和田亮一氏と、映画を製作したENBUゼミナールが、クレジット表記を巡って意見が対立していた件で、同社は2月27日、和田氏と和解したと発表した。同作の上田慎一郎監督と並んで、和田氏を「共同原作」とするなどして「それぞれのオリジナル性を互いに尊重する気持ちをくんだ」と説明している。

 上田監督が、和田氏が演出した劇団「PEACE」の舞台「GHOST IN THE BOX!」に着想を得て映画を企画・制作した――ということに対し、和田氏がクレジットに「原案」ではなく「原作」として劇団名、作品名を入れるよう主張。原案は「作品を作るに当たって参考にしたアイデア」、原作は「その作品を作るための元の作品」だと違いを説明していた。

 ENBUゼミナールは、和田氏に敬意を表す意味で「原案:劇団PEACE『GHOST IN THE BOX!』」というクレジット表記を提案したと説明。一方で「映画は上田監督自身による脚本、監督、編集というように、舞台とは独自の形で進め、ストーリーは舞台とは全く別物である上、脚本の内容も異なる」というコメントも出していた。

 上田監督によれば、その後「両陣営で冷静に話し合いを重ねた」といい、「“お互いのオリジナル性がなければ産まれなかった作品”ということで気持ちが一致した」という。新しいクレジット表記では、「共同原作」として和田氏、上田監督を併記する他、「企画開発協力」として、劇団PEACEの元劇団員・荒木駿氏、大坪勇太氏の名前を明記。また「Inspired by:『GHOST IN THE BOX!』(和田亮一/劇団PEACE)」の一文を加える。

 和田氏は「上田監督、市橋プロデューサー(市原浩治氏)や元劇団員と話し合いを重ね、お互いの気持ちを理解しあった上で本日を迎えることができた」とコメント。「この作品がたくさんの方々に愛され、多くの賞を受賞し、世の中に残っていく作品になったことを誇りに思う。そして同時に、これから先、共に創作をできるということをうれしく思う」としている。

 上田氏は「今後は本作をますます多くの方々に楽しんで頂けるよう、また、本作にまつわる今後の展開についても、お互いに協力しあって創っていければと思っている」と展望を述べている。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  映画「カメラを止めるな!」の“原作者”という和田亮一氏と、映画を製作したENBUゼミナールが、クレジット表記を巡って意見が対立していた件で、同社は2月27日、和田氏と和解したと発表した。
  •  上田監督が、和田氏が演出した劇団「PEACE」の舞台「GHOST IN THE BOX!」に着想を得て映画を企画・制作した――ということに対し、和田氏がクレジットに「原案」ではなく「原作」として劇団名、作品名を入れるよう主張していた。
  •  「“お互いのオリジナル性がなければ産まれなかった作品”ということで気持ちが一致した」という。
  •  新しいクレジット表記では、「共同原作」として和田氏、上田監督を併記する他、「企画開発協力」として、劇団PEACEの元劇団員・荒木駿氏、大坪勇太氏の名前を明記。また「Inspired by:『GHOST IN THE BOX!』(和田亮一/劇団PEACE)」の一文を加える。

のようですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

カメ止め盗作騒動 和解の画像や動画は?

カメ止め盗作騒動 和解の画像や動画を掲載しておきます。

 

どういう話し合いだったのかは分かりませんが、決着がついて良かったですね。

これでモヤモヤせずに見れる人も多くなったのでは。

スポンサーリンク

カメ止め盗作騒動 和解にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

劇団のDVDもすんでのところで発売中止になり、「共同原作」で決着したところを見ると、やはり骨子はだいぶ似ているのかもしれませんね。上田さんにとってはほんとに次作が大事。いろんな意味で楽しみです。

そもそも 次はあるのか ?
面白い作品を コンスタンスに制作できるのか ?

和田さん、可哀想に。

盗まれたのに「和解」なんて。

仕方なく、やむを得ず妥協、なんだろう。

和田氏の今後の作品に期待する。

これだと結局、パクリを認めたことになるのでは。

そもそも、共同原作ってなんだよ
原作者が知らないところで
一方的にパクったんだから、共同でもなんでもないじゃん
盗人猛々しいとはこのことだな。

発想や設定が同じでも、キャラクターやセリフなどが違えばかなり別物の作品になる。すべてが同じだったら「原作」と表記すべきだけど、脚色が異なるからあえて「原案」と表記したというならわからなくもない。
そこに悪意が無く、お互いにリスペクトがあったおかげで丸く収まったとしたら良い結果になったと思う。たまにどちらかが悪質で、こじれにこじれるケースもありますよね…

ここに落ち着けたのなら良かった。しかしそもそも監督はなぜ許可なく勝手に書き直したのだろう。頓挫したからといって自分の物にはならないでしょうに。そこの考えの緩さは見直した方がいいと思う

 

 

よかった、これで見られる。
まだ見たことない。
似てしまうのは仕方ないし、影響を受けるのはよくあることだけど、
収益の数パーセントを渡しても興業会社が損なだけで監督にはなんの痛みもないわけだし、
むしろ劇団側に敬意を払ってるという感じになっていいと思う。

これから未来に送り出す演者や制作の卵たちのいいお手本になってほしい。

お互い納得できて円満な解決できて良かった。
良い作品だから出てる俳優さん達やスタッフさんのプラスになっていって欲しい。
監督、共同原作者さんもまた面白い作品を作って貰いたい。

GHOST IN THE BOX!のシナリオも読んだけど、着想なら分かるけど、原作とは個人的には感じられずモヤモヤが残ってる。
でも騒動が落ち着いたのは良かった。
上田監督は、いろんな登場人物を輝かせるのがすごい。

一気にケチがついたからな
次作が勝負だわ
ダメだったら売れたのはパクったおかげって言われる

和田は演出の権利しかないから、立場は弱いわな。せめて脚本に名前があればよかったのにね。

落とし所が見つかって良かったな

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

カメ止め盗作騒動 和解の真相は?「共同原作」でこれからも協力?のまとめ

映画「カメラを止めるな!」の盗作騒動について、発表がありました。

新しいクレジット表記では、「共同原作」として和田氏、上田監督を併記する他、「企画開発協力」として、劇団PEACEの元劇団員・荒木駿氏、大坪勇太氏の名前を明記するそうです。

いろいろとあったようですが、落ち着いたようですね。

上田監督も和田氏も、これから協力して・・と発言しています。

続編があるということなのか?ファンの間ではすでに話題になっているようです。

 

 

 

コメントをどうぞ