ニュース・事件

釈由美子 パニック障害告白に波紋!10代でパニック障害発症?

釈由美子 パニック障害告白が注目されています。

タレントの釈由美子さんが26日、自身のブログを更新。

10代後半からパニック障害に見舞われていたことを明かされました。

釈由美子 パニック障害告白に波紋!10代でパニック障害発症?

釈由美子さんはブログ冒頭で3月2日放送の

日本テレビ系「世界一受けたい授業」に出演することを告知した上で、

「自身の10代後半から発症したパニック症について体験談をお話してきました」

と報告。さらに、

「職業柄、こういった内容を告白するのはとても勇気がいることですが 現在、同じ症状で苦しんでる方たちの気持ちに寄り添えるよう番組を通して、パニック症に対する周囲の理解が深まることを願うばかりです」

と、率直な思いをつづられました。

パニック症は突然、めまいや動機、呼吸困難など、さらには

このまま倒れたり、死んでしまうのではないかという強い不安に襲われるもので

周りに説明しても中々理解してもらえることは少なく、

当事者にとって非常に辛く苦しいものです。

そんな苦しみを超え、克服された釈由美子さんのコメントには勇気付けられます。

 

 

 

 

 

釈由美子 パニック障害告白の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

ゲストとして出演する3月2日放送のバラエティー番組「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)で、パニック症を患っていた過去の体験談を語っていることを明かした釈さん。「職業柄、こういった内容を告白するのはとても勇気がいる」と戸惑いをのぞかせた上で、パニック症に対する周囲の理解をより深めるため今回の告白に至った理由を説明しました。

 30代となった現在は、薬に頼らず生活できるほど回復したようですが、当時は「苦しくて怖くていつ過呼吸が起きるか不安でたまらなかった」と恐怖に襲われる日々が続いていたとのこと。周囲からは、「白い目で見られて、肩身が狭く感じていた」と冷ややかな反応もあったようで、思い悩んでいたことも。ブログの最後では、「無理しないで、自分のペースでぼちぼちいきましょう」と同じ症状に悩む人へ向けてエールを送りました。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  10代後半にパニック症を発症。
  •  バラエティー番組「世界一受けたい授業」で、パニック症を患っていた過去の体験談を語っていることを明かした。
  •  30代となった現在は、薬に頼らず生活できるほど回復。
  •  同じ症状に悩む人へ向けてエールを送られました。

のようですね。

 

 

 

 

 

釈由美子 パニック障害告白の画像や動画は?

釈由美子 パニック障害告白の画像や動画を掲載しておきます。

出演者の方々と楽しそうにお話しされている釈由美子さん。

この笑顔からは想像できないほどたくさん苦労されていたのですね。

 

 

 

 

 

釈由美子 パニック障害告白にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

26歳の時に発症したけど、リラックスしてるときに限って発作が起きてた。
はじめての時はびっくりして救急車呼んだけど医者も原因は分からなかった。そのあと脳神経外科でMRIとって、内科、耳鼻科と診てもらったけど結局原因はわからなくて、ネットで調べたら、最初は驚いて救急車を呼ぶが初見の医者が老齢で割と新しい病気のパニック障害を知らない場合は色々な科や病院をたらいまわしにされるっていう今までの行動すべてが合致して自己診断で死にはしないと今まで放っておいたけど数年前約10年ぶりに強い発作が来て夜間病院で点滴打ってもらった。俺まだ完治してないのかな?

パニック障害、本当に苦しいんです。。
だいぶマシになったんですけど、信号待ちとかで電車が止まると心臓のスピード上がって、呼吸が乱れる。。その感覚が抜けなくて、その事が頭をよぎるだけで、また泣きそうになる。
電車の中で落ち着きのない人が居たら、そうなのかもと優しい目で見てあげて下さい。

釈さん、克服されて良かったですね
私も頑張ります!

パニック障害や過呼吸って 自分では普通に生活していても突然やってくるんだよね。

自分の場合 一般的に健康だったのに 突然起きてしまって その時は本当に怖かった 体も動かなくなり息が出来ない。
見えないストレスから来たんだろうけど 二度となりたくないわ。

今では想像がつかないんですが、どうやって克服したんでしょうね。

克服出来て良かったですね。

私も治りました、パニック障害。
苦しんでいる方、どうか希望を捨てないで下さい。

パニック症って本人にしかわからない辛さがあるんだろうなと思う。
彼女を好きなわけではないけど、この内容で顔変わったとかそういうコメントが多いのは残念だな。

パニック障害だよね?
自分もだけど、車乗ってても渋滞になると発作が起きる。
エレベーターでもそう。
スーと貧血みたいになっちゃうんだよね。
薬、飲めば良くなるとは思ってるけど依存するのが怖くて飲んでない。
今は、原チャリだけで行動してる。

私はパニック障害と診断され、もう10年になります。中々周囲には理解されないんですよね。
当事者じゃないとわからない苦しみがあります。

最初は周りから頑張れば早く治る病気だと言われました。でも、今振り返ると、その、頑張れば。。と言われるのがつらいんです。
自分でも薬を飲みながら試行錯誤です。

芸能人の方のこういった発信が、世間に少しでも理解されるようになって欲しいです。

パニック障害とかを就職面接や病院でいうと、精神的なものだから気にする必要ないって言われることが多いです。やっぱり世の中そんなものかと。

目に見えない病気だからこそ辛い、こういう人もいるんだよと理解して欲しいです。

整形もそういうことが影響してるんですかね。綺麗だったのに。もう自撮りを載せなければいいのにと思うけどなかなか闇が深そう…。釈さん嫌いじゃないから穏やかな生活して頑張って欲しい。

なった人でなければなかなか理解してくれない。
過呼吸と動悸、めまいなどで自分はこのまま死んでしまうかも知れないと思う。パニック発作、予期不安、広場恐怖、最悪うつになる人もいる。しかし生命の別状はない。脳の警報装置の誤作動で神経伝達物質異常分泌される事が原因らしい。
しかし、今は良い薬も開発され短期に治る事が出来るようになったと聞く。神経質の人に多いのは事実だ。

この人ほど、なぜ整形するの?整形するたびに変になるって人はいないと思う。
元が可愛いのに勿体無い。
パニック症候群になるくらいだから、きっと自信満々の人達が多い芸能界で、自信無くしてたのかなあとおもう。いまは幸せで何よりです。写真も相変わらず可愛いですね。

 

 

 

 

 

釈由美子 パニック障害告白に波紋!10代でパニック障害発症? まとめ

タレントの釈由美子さんが26日、自身のブログを更新。

10代後半からパニック障害に見舞われていたことを明かされました。

パニック症や精神的な病は周りの理解を得られず、

自分自身も見えない行先に落ち込んでしまいがちですが

釈由美子さんが明かされた過去に少し元気を頂けたような気がします。

釈由美子さんがコメントされているように

「無理しないで、自分のペースでぼちぼち」と過ごしていきたいですね。