スポンサーリンク

中条あやみ ヒロイン感の真相は?170cm9頭身で愛される理由は?

ニュース・事件

中条あやみ ヒロイン感が注目されています

モデルから女優へ転身した中条あやみさん。

170cm、9頭身という抜群のスタイル、そしてその愛らしいルックスを活かし、昨今は主演級の大役に抜擢され続けています。

少女漫画のような作品では“背の高い男子×小柄な女子”という定説がありました。

しかし中条さんには、続々とヒロインのオファーが入ってきています。

 

スポンサーリンク

中条あやみ ヒロイン感の真相は?170cm9頭身で愛される理由は?

170cm、9頭身の中条あやみさん。

『セトウツミ』『覆面系ノイズ』『3D彼女』『ニセコイ』と、連続で漫画実写のヒロイン役を演じ、さらに現在公開中の映画『雪の華』では、薄幸のヒロインを熱演しています。

中条さんの持つ柔らかい表情や“お嬢様感”“お姫様感”“純朴な少女感”は唯一無二です。

若い女性たちの憧れの存在になった中条さんには、どんな魅力があるのでしょうか。

そして低身長のほうがヒロインを演じやすい、という常識はあったのでしょうか?

 

女性ファンが多い中条さん。

かわいいだけじゃなく、かっこいいと評判です。

バラエティー番組にも出られていますが、ステキな印象です。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

中条あやみ ヒロイン感の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

 映画やCMなどの出演数を伸ばし、モデルから女優へ転身した中条あやみ、22歳。170cm、9頭身という抜群のスタイル、そしてその愛らしいルックスを活かし、昨今は主演級の大役に抜擢され続けている。ヒロインと言えば“可愛らしい”イメージを大事した“低~普通身長”女優が多かった。だが、中条あやみの醸し出す”ヒロイン感“が、その“定説”にも変化をもたらしているようだ。

■ヒロインと言えば、汎用性のある“低身長”を重宝 高身長は難しい立ち位置が続いた

 “ヒロイン”といえば、可愛らしくて誰が見ても好感の抱ける女性像が定番。それを演じる女優にもある程度の汎用性が求められるため、“高身長”という個性はほぼ必要とされなかった。目立ちすぎず周囲に溶け込める、一般的なスタイル(に見えるルックス)…特に少女漫画のような胸キュン作品では“背の高い男子×小柄な女子”という定説は絶対的といってもよかった。

 「かつて映画が“銀幕”と呼ばれていた時代は、片岡千恵蔵のように“高身長でなくとも顔の大きな俳優”がもてはやされていた時期があった」と話すのはメディア研究家の衣輪晋一氏。時代劇映え、かつら映え、スクリーン映えするという理由からだが、その後、高倉健(180cm)や石原裕次郎(180cm)、松田優作(183cm)のような高身長の俳優がスターに。しかし80年代頃からまた変化し、近藤真彦(173cm)や三上博史(171cm)など、少年のようなスタイルとルックスの俳優に人気が集まった。80年代後半から90年代に入ると吉田栄作(183cm)や江口洋介(185cm)など高身長の俳優に再びスポットが当たったものの、「複数の芸能事務所の話によれば、高すぎる身長は強烈な個性になってしまう。俳優の身長はほどほどが良いとされてきた」と衣輪氏。かつて阿部寛(189cm)が、「相手女優と釣り合わずラブストーリーに不向き」と言われていた話は有名だ。

 とくに女優であれば、なんとなく男性は背が高いほうがいいという固定観念からか、他の役者と並んだ時の違和感をなくすためにも低~普通身長が重宝されてきた。さらに相手役の俳優への配慮(キャスティング側の配慮)などもプラスされるため、ますます背の高いヒロインは敬遠されがちに。往年の少女漫画のヒロイン像を見れば分かるとおり、低~普通身長で痩せっぽち、胸は控えめというのが定型だ。巨乳やモデル体型、高身長という個性は“ラブストーリーの王道ヒロイン”にそぐわず、特徴的なスタイルゆえ任せられる役が限られるという現実も強かった。

■高身長女優が切り開いてきた“生きる道”

 90年代~00年代にかけて、高身長の女優の主演作品が増えていた時期があった。とくにドラマでは、山口智子(170cm)、松嶋菜々子(172cm)、江角マキコ(170cm)などが人気を博し、モデル出身などすでに同性のファンがついている女優が注目を集めた。その後も小雪(170cm)、天海祐希(171cm)、杏(174cm)、菜々緒(172cm)などが“高身長を活かし”自ら生きる道を切り拓いてきた。持ち前の高身長が“キャリウーマン”や“悪女っぷり”を引き立てる好材料として機能。高身長に付随した長い手足は、走る場面やアクションシーンなどでも映えた。

 だが、高身長の女優の活躍はあったものの、気の強い女性やクセの強い女性、悪女、いじめっ子、キャリア女性などと言ったイメージが濃く出てしまっていた。それらは過去に“高身長女優”たちが、自分たちの生きる道を探してきたおかげであり、「今もそのイメージを利用してオーディションを受ける高身長の女優の卵は多い」と衣輪氏。視聴者が抱く”役柄のイメージ“に、かくも身長は深くかかわっているのだ。

■高身長でも純然たる“お姫様”が似合う希少価値

 そんな中、イギリス人の父と日本人の母を持つハーフで、170cm9頭身の日本人離れしたスタイルを持つ中条あやみが躍進中だ。長身を活かしてモデルとしても活躍しながら、女優としても高身長をものともしない“ヒロイン抜擢”の連続。『セトウツミ』『覆面系ノイズ』『3D彼女』『ニセコイ』と、連続で漫画実写のヒロイン役を演じ、胸キュン設定でもぴったりハマっている。さらに現在公開中の映画『雪の華』では、余命宣告をされた薄幸のヒロインを熱演。高身長女優としては稀有な存在といえる。

 「長身ベイビーフェイスの礎を確固たるものにしたのは新垣結衣さん(169cm)と言えるでしょうが、さらに新しい流れをつくっているのが中条あやみさん。中条さんは新垣さんのように声が高いわけでもないし、ハーフで目元がキリッとしており、ベイビーフェイス的な“かわいい”ではなく“キレイ系”の顔立ち。そして“THEモデル体型”で、お人形のような存在感。こういった女優さんはこれまではヒロインというよりも、ヒロインをいじめる役などを演じることが多かった」と衣輪氏。

 さらに「中条さんの持つ柔らかい表情や“お嬢様感”“お姫様感”“純朴な少女感”は唯一無二。170cmという女性にしては高い身長をコンプレックスに感じているわけでもなさそうな、育ちの良い、愛されて育った感のある雰囲気も若い女性たちに“かわいい”とされている理由のようです」(衣輪氏)

 ベイビーフェイスのヒロイン抜擢の続く今、高身長女優に新たな道をつくったとも言える中条あやみ。これまでは“背の高い男子×小柄な女子”という身長差を生かしたシチュエーション(壁ドンや顎クイ、袖クル、ヒロインが背伸びをして彼にキスなど)がお決まりとなっていたが、このまま彼女の躍進が続けば、今後はそれとは異なる、新たな胸キュンシーンの定番が誕生するかもしれない。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  モデルから女優へ転身した中条あやみさん。170cm、9頭身という抜群のスタイル、そしてその愛らしいルックスを活かし、昨今は主演級の大役に抜擢され続けている。
  •  特に少女漫画のような胸キュン作品では“背の高い男子×小柄な女子”という定説があった。
  •  高身長ながら『セトウツミ』『覆面系ノイズ』『3D彼女』『ニセコイ』と、連続で漫画実写のヒロイン役を演じ、さらに現在公開中の映画『雪の華』では、薄幸のヒロインを熱演。
  •  中条さんの持つ柔らかい表情や“お嬢様感”“お姫様感”“純朴な少女感”は唯一無二。170cmという女性にしては高い身長をコンプレックスに感じているわけでもなさそうな、育ちの良い、愛されて育った感のある雰囲気も若い女性たちに“かわいい”とされている理由。

のようですね。

 

スポンサーリンク

中条あやみ ヒロイン感の画像や動画は?

中条あやみ ヒロイン感の画像や動画を掲載しておきます。

 

「雪の華」では薄幸のヒロイン、「ニセコイ」ではコメディーを、見事に演じました。

どんな役でもこなせる女優さんになりそうですね。

そしていつでも気取らない雰囲気が、好かれる要因でしょうか。

スポンサーリンク

中条あやみ ヒロイン感にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

女優の高身長がマイナスなのは、低身長のジャニタレと共演出来ないからという理由が大きかったのでは。
最近は、そうでなくてもいい作品が増えて来たから、高身長のモデルさんも役つくようになったのでは。

あまり関係ないんじゃない?

低身長でも高身長でも
バランスのいいスタイルの良さ、
万人受けするようなかわいさと
華やかさじゃない?
自分の好き嫌いで大抵は見てるんだよ。

演技力高くなくても
女性が可愛いと思える人だったら
可愛いで済まされる女優やなにしてもOKな女優さんになれる。
無理してキャラ変更しなくてもそのままでいいんだよって言われて庇われる。

逆にいくら容姿がよくても立ち振る舞いがひとつでも悪かったらそれ憎しぶりっこあざといや演技全然うまくならないとかで女優さんをクソミソに叩くもん。

最近は同性受けが大事。
同性に人気だったら安泰で嫌われたら終わりみたいなもんだし。

身長の問題より全体的な魅力の問題じゃないのかな??相手役の俳優さんとのバランスもあるだろうけど、最近は巷に長身の女の子が多くなって来たから、ヒロインが長身でも違和感なく見れます。

長澤まさみもガッキーも、米倉涼子も背が高いでしょ

最近活躍してる女優さんはホントに長身が多いね。

長身の女性は、肢体が伸びやかで綺麗で映える。それに役どころで格好良さと、可愛いさどちらも出せるしね。

今は長身俳優もバンバン出てきてるので、芸能界の平均身長もかなり上がってきてるでしょうね。

90〜00年代のトレンディドラマブームでは長身のカッコいい女性が
同性が好むためにもてはやされたが、結局は元々が女優ではなく
主にモデル出身などが多かったために演技力が二の次感が否めない
人たちが多く、結局はアイドル女優時代の延長線に過ぎなかった。

それが映画界に長身でない演技力のある若手女優の流出が続いた
大きな理由で結果的に日本映画の再興に大きくつながり、同時に
ドラマがトレンディから脱皮してF1層中心でなくなった事により
長身モデル系女優がここ最近は減ってきたのだと言える。

中条あやみはいいと思います。ハーフ系では宮沢りえ以来の
大物ではないでしょうか?

 

 

低身長の女優が多かった時代なんてあった?
元々女優はモデルやってた人も多く、背が高くてスタイルいい人が売れてたけど。

そもそも、女優さんなのか?

今の若い人はバラエティー番組に多く出て、その延長線上でドラマや映画をやる。
そういう場合は女優じゃなくて、タレント。

そうなると例えばこの人の場合は、どんな役をやっても中条あやみにしか見えなくなってしまう。
役柄として、それがプラスに働けばいいが、だいたいマイナスにしかならない。

女優なら、まず女優としての位置を確立して、その延長線上でバラエティー番組に出てくれないと。

モデル上がりの女優俳優が好きではないのだが、阿部寛はバラエティー番組に多く出なかったことで、今の存在を手に入れた。

昨今、売れてくる女優さんは小顔が必須条件になってきてるな。

テレビやスクリーン映えするというよりも他の役者との比較で主役を張る女優はどんどん小顔になってきてる。

小顔の方がファッションモデルの様で見栄えがいいしアップになった時に相対的に目鼻立ちが大きいので表情が豊かに見える。

比率の問題だ。

男優には小顔化はそんなに顕著に見られない。

返って女優の小顔を引き立てる様な大顔の脇役がいた方が良い。

綺麗だけでは女優として売れないので大変だと思う。

時代によって高身長や低身長が
もてはやされたわけじゃなくて、
その時その人が素晴らしい役者さん
だっただけじゃないのかな。
ではブレーク中の浜辺美波は
低身長だけどどーなるの。
無理矢理過ぎるコラムだと思う。

ヒロインに身長は関係ないでしょう。
もし関わりがあるとすれば、男との身長バランスだと思います。
いつだってヒロインは自分の心のオアシスなので基準なんてあるようでない。

女優さんは165センチくらいが一番理想だと思います。低身長の俳優さんでもたいがい165はあるから、どんな身長の俳優さんにもマッチングしやすそう。

 

 

スポンサーリンク

中条あやみ ヒロイン感の真相は?170cm9頭身で愛される理由は?のまとめ

170cm、9頭身の中条あやみさん。

かつては男性俳優との身長差から、高身長の女優さんのヒロインはあまりなかった、とも言われましたが、今やそんな定説はなく、身長関係なく愛されるヒロインがどんどん出てきているようです。

ハーフで高身長で、体形は日本人離れしている中条さんですが、気さくな感じが好感を持たれているようです。

特に同性の支持を得ているようです。

これからますます躍進しそうですね。

 

 

 

コメントをどうぞ