バレンティン 持論がヤバい?アメリカと日本の違いの真相とは?

ニュース・事件

バレンティン 持論が注目されています

ヤクルトのバレンティン選手が中日の松坂選手の故障について言及しました。

松坂選手がファンとハイタッチをしている最中に右腕を引っ張られ、右肩を負傷しました。

日本とアメリカでは、ファンとの距離は違うようです。

スポンサーリンク

バレンティン 持論がヤバい?アメリカと日本の違いの真相とは?

ヤクルトのバレンティン選手が、中日の松坂選手の故障について、日本のファンとの距離について話しました。

先日、松坂選手がファンとハイタッチをしている最中に右腕を引っ張られ、右肩を負傷しました。

アメリカのキャンプでのファンとのやり取りはどのようなものでしょうか。

日本では、セキュリティが甘かった結果なのでしょうか。

バレンティン選手ならではの持論がありました。

松坂選手は、開幕戦は出場できないようですね。

残念ですが、また治療して思い切り投げれるようになってほしいです。

 

 

 

 

バレンティン 持論の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

「ニュースは聞いたよ」

 ヤクルトバレンティン(34)が神妙な面持ちでこう言った。

 中日の松坂がファンとハイタッチをしている最中に右腕を引っ張られ、右肩を負傷。ノースロー調整を強いられ、開幕に間に合わない可能性が浮上した。きょうにも球団と今後について話し合いをもつことになっているが、この一件は米メディアでも「異様なケガを負った」と報じられるなど波紋が広がっている。規制強化やファンサービスの在り方が問われる中、日米球界でプレー経験のあるバレンティンはどう見ているのか。キャンプ地で話を聞いた。

 ――松坂の一件、率直にどう思う?

マツザカさんは不幸にも事故に遭ってしまったけれど、ファンはシーズン中、僕たちをサポートしてくれている。僕自身、ファンサービス自体は良いものだと思っている」

 ――マリナーズやレッズなど、米球界でのプレー経験がある。日米のファンとの接し方について違いを感じる部分は?

「キャンプ地でいうと、アメリカの場合はファンとの距離は決して近くはない。柵で仕切られているし、厳重なセキュリティーも入っている。日本はファンがとても近いところにいて、大勢の人が一気にワーッと押し寄せてくることもある。マツザカさんのような例があると、選手もファンを怖がってしまうかもしれない。ただ、サインを書く、ハイタッチをするなど、ファンと接する上で、彼らの行動をしっかりコントロールして、もう少し落ち着いてファンサービスができる体制をつくることができれば、全く問題ないはずだよ」

 ――日米ではファンサービスの形が違う。

「アメリカではファンにサインをする際には、基本的にサイン会を開く。僕自身、ファンに接することはとても楽しいことだけど、アメリカのようにしっかりと警備員を配置したり、ある程度は柵を設けたりということはあってもいいかもしれないね」

 ――日本では9年目を迎える。ファンサービスをする上で戸惑ったりしたことは?

「それはないよ。ただ、僕自身はサインを書く上で、ファンに列をつくって並んでもらったり、一度に多くの人が殺到しないようにすることもある。プロ野球はファンあってのもの。ファンサービスを大事にしていくためにも、やはりファンをコントロールする体制をつくることが大事だと思っているよ」

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  ヤクルトバレンティン選手が中日の松坂選手の故障について言及。
  •  松坂選手がファンとハイタッチをしている最中に右腕を引っ張られ、右肩を負傷、開幕に間に合わない可能性が浮上したもの。
  •  アメリカの場合はキャンプではファンと柵で仕切られているし、厳重なセキュリティーも入っている。
  •  日本はファンがとても近いところにいて、大勢の人が一気にワーッと押し寄せてくることもあるので、警備員を配置したり、柵を設けたりということはあってもいいかもしれない。

のようですね。

 

 

 

 

バレンティン 持論の画像や動画は?

バレンティン 持論の画像や動画を掲載しておきます。

やはりファンは選手に近づくと興奮してしまいます。

松坂選手の手を触れるなんて幸せなことはないです。

キャンプに応援に行くのは、選手を間近で見たいからですよね。

でも選手が野球できなくなっては元も子もないですね。

バレンティン 持論にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

バレンティンは乱闘のイメージなどで怖いと思う方もいるかもしれませんが、ファンの声援に手を振ってくれたりと、陽気な返しをよくしてくれます。本人のユニフォームで球場に行くと喜んでくれます。60本打った2013年にもらったサインは今も大事に飾っています。これからも長く活躍してほしいです。

アメリカのファンはシーズン中に球場のでサインにやり取り見てても思うけど、選手と接する為の距離感もシッカリ考えている感じもするよね。逆に日本はキャンプ施設の移動の際もゾロゾロ付いて回って、あわよくば選手に触れようなんて考えているのもいるだろからね。やっぱり高額な給料を出している球団が選手がケガをしないようにシッカリ対応するしかないのかもね。

野球選手に限らずだろうが、好きな選手や芸能人を前にすると、つい我を忘れて冷静な行動を取らなくなる人も当然いる。
そんな奴はファンじゃないと、ネットでは言ってるが、むしろ熱狂的なファンほどそういう状態に陥りやすいだろうし、そのための事故を防ぐために、もっと警備は強化すべきだし、そのためにはもう少しキャンプの移動中は選手との距離を離していいと思う。

2年前に広島の街中で出会ったと時に、こっちはプライベートだと思ったのでサインのお願いをためらっていたら気づいてくれてこっちに来いと言われサインを書いてくれた。写真まで撮ってくれました。凄いファンサービスだなと思いすごく嬉しかった事を思い出しました。

キャンプを回ってみたが、一番対応がいいと感じたのは楽天。
選手をある程度近くで観れてファンが満足しやすい環境を作っている。
それに加えてスタッフを多く配置するなど選手の安全をしっかり確保。
日本人ファン心理を考え抜いて緻密な計算がされている背景を感じる。

キャンプにはサインをもらうことだけを目的に来ている人も多いので、
バレンティンが言うようにサイン会を開催するはとてもいいと思う。

日本の方が距離が近くて良い面もあるかもしれませんが、怖いくらい熱狂的過ぎる一部ファンの存在を考えると、日本も柵の設置は検討した方が良いのかなと。
松坂投手の腕を引っ張ったファンも悪気は無かったと思いますが、普通に考えてやりすぎ。
好きなのは分かりますが、サインや握手をお願いする程度にして欲しい。

 

 

ファンサービスのおかげで身近に感じて応援する人も多いからねぇ。ファン自体が節度を守ると同時に、各球団が安全な良い方法を探してください。

ヤクルトなんて特に球場のつくり上ファンサービスは盛んだけど、球場で待っているファンは当たり前の光景だからか、ちゃんと節度を守っているように見える。
ファンがちゃんと選手のことを考えていれば、できないことではないと思うんだけどね。

とっても今更な話なんですが、それでもそういうところなんですよね。米国を見習うのは、こういう大切なところでしょう。

米国よりも近い距離でサービスできるのが、魅力だったかもしれない。でも始球式によく出てくれてた女性の方、名前忘れましたが。学生とはいえ殺到するしセクハラするしでしたよね?

その教訓が何もなってない。
理解が追いついてないものを取り入れて、日本式に変える余裕があるなら、身近なものからしっかりしてほしいものです。

ほんとに5月からでも良いので、しっかり治して調整終わってからペナントに松坂さん、参加してほしい

一流の選手はそれなりに自己危機管理するものだと思います。右投げなら左手で握手するなど。シーズンオフにスポーツバラエティーに出演しているのを見るたびに、何かあったらどうするのだろうという気持ちになります。MLBはその辺りも契約できっちりしてるようなので、やはり日本は遅れているなという印象です。選手の本業はファンサービスではなく、プレーで魅せることだと思います。

日本人特有の”お客様は神様”的な考え方が問題だと思う。
一人だと大人しいファンも群集心理が働くと暴徒になってしまうからある程度の制限は必要だろう。
試合で素晴らしいプレーをして勝つことが最高のファンサービスだと言うことをファンも再認識しないといけない。

アメリカでやってた人が比較して日本はちょっと恐いところもあるって言ってるんだから、見直すべき部分もあるのかもしれないね。
全てをアメリカのようにとは言わないが、実際問題が発生してしまった以上、何らかの対応策は必要だね。

 

 

 

 

 

バレンティン 持論がヤバい?アメリカと日本の違いの真相とは?のまとめ

ヤクルトのバレンティン選手が、日米のファンとの距離について話しました。

日米で野球をやってきたバレンティン選手ならではの持論でした。

キャンプとはいえ、きちんと警備員が選手を守っているアメリカ。

松坂選手もスーパースターなのでもみくちゃになっていて、危険を感じていたのではないでしょうか。

日本も、これ以上何か起こる前に、対策をしないといけないのではないかという人も多いようです。

 

 

コメントをどうぞ