エア退社 増加がヤバい?残業代をもらえない残業の理由とは?

ニュース・事件

エア退社 増加が注目されています

スバルで2015年~2017年に7億円以上の残業代未払いがあり、対象社員は3421人だったことが今年1月にわかり、大きな波紋を呼びました。

発覚の発端は、2016年12月にあった群馬製作所の男性(当時46)の自殺が労災認定されましたが、残業時間は0時間だったことからでした。

スポンサーリンク

エア退社 増加がヤバい?残業代をもらえない残業の理由とは?

スバルで2015年~2017年に7億円以上の残業代未払いがあり、対象社員は3421人だったことが今年1月にわかり、大きな波紋を呼びました。

発覚の発端は、2016年12月にあった群馬製作所の男性(当時46)の自殺が労災認定され、そのことを遺族代理人が発表したが、残業時間は0時間だったことからでした。

残業をした本人には、実際の労働時間に基づく残業代請求を行おうとしても証拠を立証できないようにされているそうです。

この男性がうつになるのも分かる気がします。

なぜ日本にはこのようなしくみの大企業があるのでしょうか。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

都会の夜景は残業でできている #夜景 #残業 #コーヒー #はかどる

◢◤ゴールデンジョニー◢◤さん(@golden.johnny)がシェアした投稿 –

残業を毎日のようにしている方はたくさんいると思いますが、無給でやるという仕組みは、早く変えてもらいたいです。

安心して働けるようになってほしいです。

 

 

 

 

エア退社 増加の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

スバルで2015年~2017年に7億円以上の残業代未払いがあり、対象社員は3421人だったことが今年1月にわかり、大きな波紋を呼んだ。2016年12月にあった群馬製作所の男性(当時46)の自殺が労災認定され、そのことを遺族代理人が発表したことに伴い、発覚した問題だ。

亡くなった男性の場合、記録上の残業時間はゼロとなっていた。午後5時の時点でいったん入出ゲートで退出処理をしたうえで自席に戻り、改めて仕事を再開するというのが「当たり前」になっていたとされる。

男性は長時間労働と上司からの厳しい叱責のため、うつ病となり、飛び降り自殺した。帰宅前に家族に送ったメールの時間などから推定すると、うつ病の発症前1カ月は残業が「124時間31分」、2カ月が「100時間39分」だったとみられるという。

今回はスバルで深刻な問題があることがわかったが、他社の残業代未払い事例も度々報じられている。未払いは「論外」だが、それ以前に、退社したことにして残業するのも大きな問題だ。労働問題に詳しい河村健夫弁護士に聞いた。

●立証責任は労働者側に

ーー表向き「退出」としておきながら、残業をさせることが当たり前になっている職場の問題点を教えてください

「サービス残業をさせた上に、証拠の隠滅工作をするとはとんでもない会社ですが、このような会社は時々目にします。常套手段はタイムカードを退勤で押させた後に残業させる方法です。

こんな行為は、もちろん違法です。労働基準法は使用者に労働日数や労働時間等を適正に記入した賃金台帳等を作成し、3年間保存する義務を課します(労働基準法108条等)。使用者の労働時間把握義務は、労働安全衛生法66条8の3でも明示されています。

表面上『退勤』扱いとしつつ仕事をさせる行為は、労働時間を故意に少なく見せかける違反行為です。このような違法行為は、上司にも本人にも不利益を生じます」

ーーどういうことでしょうか

「残業をした本人には、実際の労働時間に基づく残業代請求を行おうとしても証拠がなく、満額の残業代をもらえないリスクが生じます。

残業代を請求する裁判では原告に立証責任がありますので、会社側が嘘の時刻を記載したタイムカードを定時退社の証拠であるとして提出したときには、労働者が実際の労働時間を裏付ける証拠を提出しなければなりません。

また、過労により健康を害しても、虚偽のタイムカードが証拠とされて労働時間が少なく算定され、労災が認められないリスクも生じます」

ーー上司についてはどうでしょうか

「サービス残業を隠蔽しようとした上司には、損害賠償責任が生じます。

上司は時間管理義務についての『履行補助者』と呼ばれますが、故意に履行補助者としての任務(部下の労働時間等を把握する義務)を放棄したのですから、不法行為の加害者として賠償責任を負います。

会社が遅延利息を含む多額の残業代の支払いをした際は、会社の損害の分担を求められることもあります」

●サービス残業は給与額を「低く偽装する行為」

ーー未払いの残業代を会社は簡単に払ってくれるでしょうか  

「サービス残業が横行する職場というのは、労働者の基本的権利である給与についてすら我慢を強いられる職場ですから、在職時に残業代を払ってくれとは言い難いでしょう。どうしても退職時の請求が多くなります」

ーー請求しにくい雰囲気もあるのかもしれませんね。ただ時効の問題がありますよね

「はい。残業代請求には2年の時効があります。つまり、10年間サービス残業を我慢しても、退職時に残業代請求をした場合は2年分しか回収できないということです。

この点については、民法の時効に関する規定の改定に合わせて残業代の時効も5年にしようとする動きもありますが、企業側の抵抗でなかなか前に進んでいない状況です」

ーーサービス残業の蔓延は、企業にとってもマイナスイメージになりますよね  

「サービス残業の横行は企業の側にも損失をもたらします。違法行為が職場で横行することによる勤労意欲の減退や生産性の低下、発覚による企業イメージの低下、発覚により一時に多額の残業代を払わなければならなくなる経営リスクなど、そのマイナス面は多大です。

労働者が自らの働きぶりに関する評価要素として重視するのは、何と言っても『給与』です。サービス残業はその給与の額を『低く偽装する行為』ですから、労働者からすれば使用者による最大の裏切りです。働く側の視点を使用者も忘れないでほしいと思います」

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  スバルで2015年~2017年に7億円以上の残業代未払いがあり、対象社員は3421人だったことが今年1月にわかり、大きな波紋を呼んだ。
  •  発覚の発端は、2016年12月にあった群馬製作所の男性(当時46)の自殺が労災認定され、そのことを遺族代理人が発表したが、残業時間は0時間だったことから。
  •  午後5時の時点でいったん入出ゲートで退出処理をしたうえで自席に戻り、改めて仕事を再開していて、うつ病の発症前1カ月は残業が「124時間31分」だった。
  •  残業をした本人には、実際の労働時間に基づく残業代請求を行おうとしても証拠を立証できない。

のようですね。

 

 

 

 

エア退社 増加の画像や動画は?

エア退社 増加の画像や動画を掲載しておきます。

エア残業の他にもたくさん問題が山積みの日本。

違法行為をしている企業には、何もペナルティがないのでしょうか。

エア退社 増加にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

>民法の時効に関する規定の改定に合わせて残業代の時効も5年にしようとする動きもありますが、企業側の抵抗でなかなか前に進んでいない状況です

この部分、残業代をきちんと支払っていれば何の問題も無いのに、企業側が抵抗するっていったいどういうことなんでしょうねぇ・・。これはつまり、それだけ違法行為を行っている企業が多いと言うことなんでしょう。

エア退社ねぇ。
以前の職場は個人のパソコンで残業時間の目安にしてたから、暗に先ずパソコンの電源を切ってから残業するように促されてた。
残業を制限する以前の問題。

民事裁判はその判決の結果によって利益を得る側に立証責任があるそうだから、この記事の場合、原告=労働者側ということになるのだろう。民事裁判等では、ほぼ提出された証拠物での書類審査しかしないそうだから、嘘でも書類等が揃えられる会社側が有利である。
つまり、労働者側に常日頃から自己防衛の為の準備が必要であり、その為の手段を用意し、或いは個人で争うのではなく組織化して対抗するという行動も起こさなくてはならない。
不満を持っていても現状に甘んじ黙認するなら、それも御自由にだ。自殺した時に遺族が仇討ちするかは知らん。

>サービス残業をさせた上に、証拠の隠滅工作をするとはとんでもない会社ですが

でもその会社がまだのうのうと営業しているんだよね。

一番たぶん問題なのは経営者の能力だと思う。努力と運だけで、きちんと勉強なり経験なりしないで上に行く人が多いので、どうすれば良いのかも分からずに下に丸押付けしている例が多いように思う。

人がいないのに仕事量は変わらずでは、自ずとそういう仕事のやり方になるよね。企業としては昼間に詰めてやってくださいって簡単に言うけど、疲弊する社員はどうすればいいか板挟みになっているのが現状。外国の労働者に頼ろうと政府はしているけど、言葉も通じない状態では教える時間に時間を多大に取られて仕事どころではいかなくなる。政府は企業の上の人たちばかり見るのではなく、労働者として外国の方を呼ぶのだあれば、教育を一定期間させるような施設を整備して、社員一人ひとりの負担が掛からないように工夫をしてほしい。そうじゃないと日本は潰れてしまうよ。これに繋がる日本人の英語力の無さも改善さないと、取り残される可能性が高いよ。

 

 

私も午後6時半に退勤処理をしてから
席に戻って残業するのが日常だった。
夜11時まで仕事する日もあった。
そして土日も仕事を持ち帰り
喫茶店で仕事するのが当たり前だった。
休みの日でも会社携帯には
着信が何件もあった。

去年の年末に
うつ病と診断され、
2ヶ月の自宅療養。
完治はしてないけども
やっと仕事に復帰することになった。
以前のように仕事するのは無理だろうけど
ゆっくりと治していきたい。

私たちは会社に雇って頂いてるので最大限尽くしますって意識があるからこうなるのでしょうね。仕事って自分が生きていくために、活動するために収入を得ているのであって、自分の能力を会社側に提供してあげているから会社もそれに対する対価を払うのです。社員は辞めさせられたら困るからって下手に出るのは古い考えです。実際辞められたら困るのは会社側でしょうから。もっと会社と社員は対等に、また個人の都合は最大限に尊重されるべきで会社側の都合や周りの目がどうこうとか、全員一緒に最後まで頑張る的な精神論は古いです。周りもあいつは‥的な発言をするべきではないです。自分が出来ないからただ悔しいだけ?また、体裁に拘るような仕事も無意味で非合理的なのでやめましょう。時間の割には生産性がないです。エア退社なんて体裁に拘る最たるものだと思います。

昔サービス残業をやったことありますよ。接客と販売の仕事でした。残業をやらないのが一番なのですが、限られな人数と時間の範囲で突発的なお客様からの急ぎや大量の注文があればそれに応えなければなりませんから、良くないこととは思いつつもやってしまっていました。
「他人で部速」が社会問題化しています。外国人労働者の導入という政策を導入したとしても、社会的な仕組みや制度、国民の意識を踏まえたものでなければ付け焼き刃的な対処で終わり、新たな問題が増えるだけではないでしょうか。

企業側のリスクは大きい所は書かれているぐらいである程度網羅されますけど、小さい事も結構ありますね。
例えば電気代の問題。
残業中にまさかロウソクで灯りを確保したり、パソコン等の電気機器を人力で可動させるなんて無理ですので、当然、追加の電気代が必要になります。
後はセキュリティの問題もありますね。
今のセキュリティは時間制の自動制御で動かしている所も結構あり、時間外となると手動で解除する事になります。
そして最後の退社の際に手動で再起動させる事になりますが、もしヒューマンエラーで忘れたら…泥棒さん歓喜の目も当てられない状態になります。
他にも山ほどありますが…ここの文字数制限超えるのでこの辺で……。

会社によって環境は違うと思いますが、若い年代に限ってやたらと権利だけ主張してきっちり残業代貰ったり、仕事ができる人に負担が増えて仕事量が偏ったり、働き方にはいろいろ歪はありますね。
残業厳禁と決めたのであれば、管理職や幹部がそれを徹底すべきですが結局は見て見ぬふりが多いと思います。それでも上司は部下が働いて実績上げれば自分の評価は上がるわけだから不公平ですよね。
もとをただせば経営者の能力不足でしょう。

働く側が何も言われていないのに自主的に過少申告するケースもあります。例えばその方が評価を得られると勝手に想像してしまう場合です。
救いを求める人はルールで救えても、求めない人を救う方法は無いという、根の深い問題です。
また、そうして自主我慢をしてきた人達は、自身が評価する側に回った時に、下の人達にもそれを求める傾向にある気がして難しい問題だな、と感じます。

 

 

 

 

 

エア退社 増加がヤバい?残業代をもらえない残業の理由とは?のまとめ

スバルで2015年~2017年に7億円以上の残業代未払いがあり、対象社員は3421人だったことが今年1月にわかり、大きな波紋を呼びました。

残業代の問題の他にも、低賃金や有休取得が難しいなど、各職場にはたくさんの問題があるようです。

経営者や管理職の能力不足という指摘もあるようです。

だから残業代を払えないのでしょうか。

エア残業とは軽い言葉のような気がしますが、違法行為だということをきちんと言える社会にしていかないといけないですね。

 

 

コメントをどうぞ