スポンサーリンク

若者 袋麺離れで前年を下回り続ける真相は?カップ麺に勝つには?

ニュース・事件

若者 袋麺離れが注目されています

2017年に世界中で消費された即席麺はなんと1001億食。

日本は中国、インドネシアに続き3位。年間56億6000万食が消費されています。

「カップ麺」は右肩上がりの販売量を記録しているのに対し、「袋入り」インスタント麺は4年連続で前年を下回っています。

スポンサーリンク

若者 袋麺離れで前年を下回り続ける真相は?カップ麺に勝つには?

2017年に世界中で消費された即席麺はなんと1001億食にも及び、日本は中国、インドネシアに続き3位。年間56億6000万食が消費されています。

「カップ麺」は2014年から右肩上がりの販売量を記録しているのに対し、「袋入り」のインスタント麺は4年連続で前年を下回っています。

カップ麺の売れ行きに対し、袋入り麺はなぜ売り上げが減っているのでしょうか。

 

カップ麺より袋麺の方が美味しい、食べたいと思う時もあります。

食べ比べも楽しいですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

若者 袋麺離れの報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

日清食品が6月から「カップヌードル」はじめ即席麺を一斉値上げすると発表したばかりだが、現在、即席麺は年間どのくらい食べられているかご存知だろうか。世界ラーメン協会によれば、2017年に世界中で消費された即席麺はなんと1001億食にも及び、日本は中国、インドネシアに続き3位。年間56億6000万食が消費されている。

 世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発売(1958年)したのも日清食品で、誕生から60年を超えてロングセラーを続けているのは周知の通り。いまや定番商品だけでなく、数えきれないほどの新商品が多くの食品メーカーから発売され、日本の即席麺市場は緩やかながら、なお拡大しているというから驚きだ。

 だが、近年はちょっとした異変も起きている。

 市場調査会社の富士経済によると、「カップ麺」は新ブランドの相次ぐ発売や、災害の備蓄需要などの要因も重なり2014年から右肩上がりの販売量(2017年は37億500万食)を記録しているのに対し、「袋入り」のインスタント麺は4年連続で前年を下回り、16億6770万食(2017年)とカップ麺の半分以下の販売量に落ち込んでいる。

 どうして袋麺は苦戦を強いられているのか。その背景には“若者の袋麺離れ”が顕著になっていることが挙げられる。

「カップ麺はいつでもどこでもお湯を注ぐだけですぐに食べられる簡便性がある一方で、袋麺はどうしても麺を茹でたり鍋や器を用意したりと調理に時間と手間がかかります。そのため、特に若い人たちは不便さを感じて、袋麺からカップ麺へのシフトが年々進んでいるのです」(富士経済・東京マーケティング本部主任研究員の木下聡氏)

 最近は袋麺を手軽に食べられるレンジ仕様の「ラーメン調理器」も100円ショップなどで売られているものの、商品によって出来上がりの味や麺の食感にムラが出てしまう。

 さらに若年層を袋麺から遠ざけている一因が「パック販売」だ。上位ブランドの袋麺は通常5食1パックで売られているが、「同じ味ばかりでは飽きてしまう」(20代男性)といった不満が多かったのだ。

 袋麺のナンバーワンブランドである「サッポロ一番」を擁するサンヨー食品はこうした声に応え、定番商品に加えて限定商品の個食販売を実施したところ売り上げ増を記録したが、「バラで買うとセットに比べて1食当たりの値段が割高なので、やはりカップ麺を選んでしまう」(30代女性)と、なかなか袋麺のニーズを完全に掴みきれないのが現状。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  日清食品が6月から「カップヌードル」はじめ即席麺を一斉値上げすると発表。
  •  世界ラーメン協会によれば、2017年に世界中で消費された即席麺はなんと1001億食にも及び、日本は中国、インドネシアに続き3位。年間56億6000万食が消費されている。
  •  世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発売(1958年)したのは日清食品。
  •  「カップ麺」は2014年から右肩上がりの販売量(2017年は37億500万食)を記録しているのに対し、「袋入り」のインスタント麺は4年連続で前年を下回り、16億6770万食(2017年)とカップ麺の半分以下の販売量。

のようですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

若者 袋麺離れの画像や動画は?

若者 袋麺離れの画像や動画を掲載しておきます。

袋麺のアレンジレシピはたくさんネット上に上がっています。

安くて楽しくアレンジできる袋麺は、意外と人気があると思います。

スポンサーリンク

若者 袋麺離れにネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

若いときはカップ麺ばかりだったけど、今は袋麺が好きになりました。カット野菜と袋麺のタッグは最高です!

インスタントラーメンが田舎の庶民に広まってきた頃から知ってる世代なんでいろいろ思うことはあるけど、カップ麺の味が格段によくなったのも原因の一つかなと思う。昔はカップ麺で「美味しい」っていうの少なかったもんね。味を優先したい時は袋麺だった。
あとチキンラーメンのCMで麺をそのままばりばり食べるのを「新しい食べ方!」ってやってたけど、あれ昔の子どもは普通にやってた(笑)。下味つけて油で揚げてある麺ばっかりだったからできたんだけど、火を使っちゃいけないって言われてもあれなら食べられたし。妙にクセになる旨さだったな。ベビースターラーメンてこれだよねーとか言いながら友だちとおやつにバリバリ・・・懐かしいな。

昨年の西日本豪雨で、うちの地元の水道設備の流失による断水の影響により、スーパーではカップ麺が品切れになった一方で、袋麺は残ってました。
お湯を注ぐだけで手軽に食べられることや最初から具が入っていることなどから、災害時にはカップ麺が売れるのは当然のことだと思います。
一方、地元の製麺会社製造で、100~200円で買えるパック入り生ラーメンや、500円以内でレンジでチンして食べられる具入り生ラーメンもあるので、それも影響しているのではないでしょうか。

個人的にはガッツリと煮込める分、麺がしっかりしてる袋麺の方が好き。

すっかり袋麺食べなくなってしまったけど、なくならないで欲しいなぁ。
チャルメラやサッポロ一番は袋で食ってこそうまい。

サッポロ一番塩ラーメンは神の味でしょ。
あれと白飯があればご馳走ですよ。
あと味噌ラーメンに野菜や豚肉入れるのも旨いよなあ。

でもマルちゃん正麺に野菜や具を入れると味が濁るんだよなあ。これはトッピングで食わないと。

ラ王はかなり本格的ですよね。ヘタなラーメン屋よりクオリティ高いからね。
料理上手い人がアレンジして作ったら本物のラーメンが出来上がりそう。

 

 

へぇー、びっくりです。カップ麺より美味しいのにな。自宅以外ではカップ麺の方が便利だけど自宅等自由に作れるなら断然袋派です。麺が美味しいから。生麺タイプのカップ麺には負けるけど大半のカップ麺は麺がちょっと。メーカーや商品によっても随分違う。袋麺の麺は大好きです。アレンジもきくし、アレンジすれば栄養面でも多少は補完可能だし。不満があるのは5袋がセットになってる大袋。あれなら中の個別包装はもっとシンプルにコストダウン出来るのになぁ。それに同じ味が5袋ってのもキツい。同じ商品の味違いをランダムで入れて欲しい。独り暮らしなら尚更です。

物心付いた時から見ていたサッポロ一番のCMが刷り込まれている世代です。もちろん味も美味しいし好きで、袋麺ではサッポロ一番が味の基準になっていますね。自分は丼に粉末スープを入れておいて作る派なので、例えば塩味3個、醤油味2個とかのパックでも良いと思う。4人で食べる時も調理上問題無いしね。

インスタント麺はおいしく昔からたくさん食べてきた。袋もカップもどちらも食べてきた。毎日のように食べてきた。糖尿病の症状が出てきた。成分表示で炭水化物がとても多く毎日毎食食べるのは危険だと思う。インスタント麺だけの問題ではなく食生活、生活習慣の問題だが安く簡単で便利というのに頼りがちになる。僕みたいな貧困層にとっては値段が安いのはありがたいが食はよく考えた方が良いと思う。貧困と糖尿病の関連性も強いと思う。安いからインスタント麺を買うという事。お金持ちは食材を選べて健康な人が多くなる。この関連性。

チキンラーメンの場合、器に入れてお湯を注ぐだけで食べられますよね。
他の袋麺もそれが可能になるように麺を改良すれば、売り上げも落ち難くなるのでは。
まぁ…チキンラーメンみたいに麺が細くなってプチプチ切れそうではありますけども(個人的にはあれが嫌い)

ただ、このままでも近い内に下げ止まる気はしますけどね。
手間がどうこうと言ったって、鍋で茹でて器に移すだけですよ。
本格的に料理やるのと比べたら遥かに楽ですし、野菜をぶち込んで食べやすいのも袋麺の特徴。
価格の上がったカップ麺1つで5個入りの安い袋麺1パックが買えてしまう状況ですから、政府の嘘で不景気である事が判明した日本において、カップ麺が延々伸び続けるってのも考え難いかと。

サッポロ一番ならしょうゆ、塩、みそのバラエティーパックがあっても良いかもしれない。

湯があればどこでも食べれるカップ麺の手軽さには袋麺は歯が立たないのは当たり前。
自宅で美味しく調理できるメリットをもっとPR
していくしかないのかもしれない。
スープの量を調整したり麺の固さも自分の好みにできる袋麺、無くなってほしくないですね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

若者 袋麺離れで前年を下回り続ける真相は?カップ麺に勝つには?のまとめ

2017年に世界中で消費された即席麺はなんと1001億食にも及び、日本は中国、インドネシアに続き3位。年間56億6000万食が消費されているということでした。

カップ麺の売れ行きに対し、袋入り麺はなぜ売り上げが減っていますが、根強い人気もあるようです。

ただ、安くて手軽なカップ麺が売れやすいというのが大きいようです。

もっと袋麺を安くしてほしいという声もありました。

 

 

コメントをどうぞ