キユーピー マヨラーの波紋!マヨラーと距離を置くの真相とは?

ニュース・事件

キユーピー マヨラーが注目されています

マヨネーズの味はキユーピー100年の歴史の中で劇的に進化しました。

孤食が増える中でも、「愛は食卓にある」というコンセプトのもと、マヨネーズを作り続けてきたキユーピーですが、マヨラーとは距離を置く方針だそうです。

キユーピーの目指すこれからとは?

スポンサーリンク

キユーピー マヨラーの波紋!マヨラーと距離を置くの真相とは?

マヨネーズの味はキユーピー100年の歴史の中で劇的に進化しました。

孤食が増える中でも、「愛は食卓にある」というコンセプトのもと、マヨネーズを作り続けてきたキユーピー。

マヨラーとは距離を置く方針だそうですが、キユーピーはみんなの健康とこれからを、深く考えてくれていたのですね!

とても愛のある優しい企業ですね。

 

キユーピーの瓶入りのマヨネーズも大人気です。

瓶目当てで購入される方もたくさんいます。

ぜひ今度見てみて下さい。

 

 

 

 

キユーピー マヨラーの報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

マヨネーズの味はキユーピー100年の歴史の中で劇的に進化した。食を取り巻く環境も激変し、食の安全、少子高齢化、グローバル化など課題も山積。次の100年、キユーピーはどのような変貌を遂げるのか。引き続き、創業家の中島周(なかしまあまね)会長に聞いた。(前回の記事は、「マヨネーズは劇的進化 キユーピー会長語る100年」)

--キユーピーが日本で初めて世に出して以来、マヨネーズはすっかり日本の食文化を代表する調味料になりました。日本の食文化といえば、その基盤となる「家庭の食卓」が危機的状況にあるようです。

確かに、最近の食卓の状況は厳しくなってきたと思います。うちで食卓の研究をしている顧問の先生によると、かなりボロボロだとか。孤食といって、一つ同じ家に住んでいながら、家族が個々に自分の部屋や外で食事をする現象も珍しくないようです。テーブルがない家もざらにあるといいます。いまいましき状況ですね。食品企業で働いている人はまだ食事を大事にしているから平均的な姿とは違うだろうけど、世の中一般のことを思うと……。

昨今家庭内食が減っている中、働く人が増えれば、昼も夜も出来上がったものを食べるようになります。マヨネーズは発売当初、「家族だんらんの中の家庭の食事」というイメージとともにブランドを訴求してきましたが、家庭の味が減ってくれば、我々はそれに合わせざるを得ません。となると、今後は中食や外食の事業者さんといっしょに仕事をしていき、そこにうちのソースを供給していきます。いっしょにメニューや味を作っていくということです。

そうした中では、理想ばかりを追求することもできません。いくら薄味がはやっているからといっても、彼らがチェーンオぺレーションで商品を供給していく上で、薄味ばかりを提供できないこともあります。また、ファミリーレストラン業態のような専門のシェフがいない店舗では短時間でぱっと温めてサービスしますが、うちとしてはその方法にふさわしい味のソリューションを提供しなければなりません。従来の家庭用の商品を作っていたときにはなかった制約が生まれ、そうした仕事の割合が大きくなっているのです。外食チェーン店さんらと一緒に仕事することが増えており、うちは黒子に徹しながらもそうした課題を解決することで、新たなブランド力を発揮していくつもりです。

その一方で、「愛は食卓にある」というコーポレートメッセージは変えずに発信してきました。だんだん食卓がなくなっているのに、いつまでこのスローガンを標ぼうするのかということはよく議論しています。それでもあえて我々は、食卓こそが大事であり、そこに家族や友人が集まって会話をすることに価値があるということを、マーケットが小さくなっても伝えていこうと話しています。精神は伝え続けるということですね。
--マヨネーズをこよなく愛する「マヨラー」も登場しました。

ご飯にでもなんでも、あらゆる食べる物にマヨネーズをかけて食べる若者が出現しましたね。マヨネーズをこれほど愛してくれて、こんなにたくさん使ってくれるとはありがたいことです。ほほえましくもあり、びっくりもしました。「マヨラーの活動を支援してください」という依頼もありました。

しかし、うちはマヨラーとは距離を置く方針です。マヨラーが増えることはよくないと思ったのです。「〇〇を食べるとやせる」とか「長寿の人は△△を食べている」とメディアが報じると、翌日には食品スーパーの棚からそれが消えてしまうといった現象がしばしば見られ、そればかり食べる人が続出しました。健康的な食生活を送るためには、あくまでもカロリーと栄養バランスに配慮し、多様な食品を少量づつ食べることが重要です。特定の食品の過剰な摂取は、逆に健康を阻害することにもなるのです。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  マヨネーズの味はキユーピー100年の歴史の中で劇的に進化した。
  •  孤食が増える中でも、「愛は食卓にある」というメッセージは変えずに発信。
  •  マヨラーとは距離を置く方針。
  •  健康的な食生活を送るためには、あくまでもカロリーと栄養バランスに配慮し、多様な食品を少量づつ食べることが重要。特定の食品の過剰な摂取は、逆に健康を阻害する。

のようですね。

 

 

 

 

キユーピー マヨラーの画像や動画は?

キユーピー マヨラーの画像や動画を掲載しておきます。

安定の味、何にかけても美味しいマヨネーズ。

ついついかけすぎちゃいます。

マヨラーを名乗る人もたくさんいます。

キユーピー マヨラーにネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

メーカーとしてちゃんとしてるなあ。
注目されて売れるからって変な食べ方を推奨するようなことはしないっていうこだわりは素晴らしい。

また、ブランドを長くキープするという観点でも、瞬間的な現象には追随しないほうがよいと思いました。うちも仕掛けませんし、そういう人がいれば「そこそこにお願いします、適度な消費をお願いします」と言いたいですね。そういう姿勢がブランドの長期発展につながるのではないでしょうか。

あらゆる業界の人に見てほしい一文だね。
瞬間的なヒットを出すのが大事なときもあるけど、長期発展を意識して無茶な投資や無理なく経営していくっていうバランス感覚も持った人が増えてほしいなと思うばかり。

なんでもマヨネーズというのは、キユーピーにしても味に無頓着な人が増えて、痛し痒しなんでしょうね。

マヨネーズ1g, 7kcalですね。純粋な脂質が9kcalですから、ほぼ油を乗せているようなものです。1日大さじ1杯以上は健康に悪いという研究もあります。

程々ですね。調味料ですよ。

>マヨラーとは距離を置く
最高だ!ますます好きになった。
食品メーカーが悪食ブームになんぞ迎合するべきじゃない。
ああいうのはやりたい人が自己完結するからいいんだよ。

自社の製品に愛情と誇りがある企業だけが持つ信念があると感じました。
売れるからどんどん使って!じゃなく好きな人にも健康に注意して長く愛用してもらう方が企業にとっても嬉しいし安定利益になりますもんね。

マヨはやっぱりキューピーです。

 

 

難しい事は自分には分からないが、食べて(使って)美味しいものは判るよ。マヨラーでは無いが調味料の一つとして登場する。昭和生まれの自分とすれば、正統派を否定できないのは確かだね。

時代の変化に伴い、企業側も見えない部分での方針変更や予算枠の見直し、顧客や社員に対しても真摯に対応していく経営理念、このような企業がまだまだ存在している事に、日本企業としての誇りをかんじます。
杜撰な管理を問われる企業が増えつつあるだけに尚更です。

消費者側としては、微力ながらもこういうメーカーの商品を購入して陰ながら応援していきたいです。

投資すべきところについて、決定に品と格があると思った。
こういう企業の製品なら、他の類似品をおいても購入し続けたいと思う。

金になれば何でも良いというのではない、自社製品でどういう未来を作っていきたいのかということを大切にする企業がもっと増えていってほしい。

マヨネーズのイメージつよいけど、知らない間にドレッシングが種類多いし進化してて、味がとにかく素晴らしい。

我が家のドレッシングはキューピーで固定化されつつある。

パスタソースやら、業務用のコーンスープとか、割と手広い。

『マヨラーと 距離』
っていう言い方はしてないのでは?
ちゃんとした言葉を選んで欲しい。

消費者の健康を考えて
ちゃんとした発言をしてくれてるのに。

マヨネーズ好きです。
適度に嗜みます。

うわぁ・・これが日本を代表する企業ですよ皆さん、流行には乗らない、一時的なブーストなど必要ない、程ほどに末永く愛していただければ良いという姿勢、これは見習うべき。

 

 

 

 

 

キユーピー マヨラーの波紋!マヨラーと距離を置くの真相とは?のまとめ

マヨネーズの味は、キユーピー100年の歴史の中で劇的に進化したそうです。

マヨラーとは距離を置く方針だそうですが、キユーピーはみんなの健康とこれからのことを思ってのことなんですね!

ほとんどの方はマヨラーといっても、そんなに大量に摂取してないですよね。

引き続きマヨネーズを安心して使っていきたいです。

 

 

コメントをどうぞ