スポンサーリンク

香取慎吾 非日常の初個展!「ここでしか生きていけない」真相は?

ニュース・事件

香取慎吾 非日常が注目されています

俳優でアーティストの香取慎吾さんが、3月15日から国内初の作品展『BOUM! BOUM! BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾 NIPPON 初個展』を開催します。

昨年はフランス・パリのルーブル美術館で個展を開きました。

11歳の時から、ルーティーンのない日常を楽しみ続ける秘訣はなんでしょうか。

スポンサーリンク

香取慎吾 非日常の初個展!「ここでしか生きていけない」真相は?

俳優でアーティストの香取慎吾さんが、3月15日から国内初の作品展を開催する。

『BOUM! BOUM! BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾 NIPPON 初個展』。

昨年はフランス・パリのルーブル美術館で個展を開いた香取さん。

劇場での体験型の個展とあって、ファンのみならず、たくさんの芸術好きの方が注目しています。

現在の香取さんは、11歳の頃から、決まりのない、ずっと非日常の生活をされているそうです。

 

最近も、歌や踊りを披露されている香取さん。

インターネット動画配信では、稲垣吾郎さんや草彅剛さんと共にレギュラー番組をされています。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

香取慎吾 非日常の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

俳優でアーティストの香取慎吾が、3月15日から国内初の作品展『BOUM! BOUM! BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾 NIPPON 初個展』を開催。昨年、フランス・パリのルーブル美術館で個展を開いたことでも話題となった。アーティストとして順調な滑り出しに、香取は「以前の自分に感謝」と語る。つねにルーティーンではない“非日常”を生き、人から注目されることが当たり前の香取。自らを「ここでしか生きていけない生き物」と言う真意とは?

■自分の想像を遥かに超える日常、「なんて楽しい人生だ!」

――香取さんは多彩な表現活動に携わる中で、頭の切り替えはどうやっていますか?

【香取慎吾】考えてみると、何一つ切り替えていないかもしれない(笑)。僕にとってはどれもエンタテインメントなので、全部一緒です。例えば、パリでの個展が僕にとって初めてのアートの“個展”と呼べるものだったんですが、会場に行ったら「音楽が欲しいな」と思って、音楽を流したりして。個展を開く作業と、コンサートの演出をする作業とで、あまり違いを感じなかった。初めての個展なのに、いざ始めてみたら「やったことのあること」だったんです(笑)。

――今回は、本来は劇場である会場を使用しての個展。

【香取慎吾】僕にとっても、かなりの難問を突きつけられた感じです。自分発信で「ここでやりたい」と言って成立していることじゃなくて、お声がけいただいたからできること。それを考えると、ちょっと変な言い方ですけど、以前の自分に感謝、ですね。声をかけてくださった人、参加してくださる人は、以前も一緒にお仕事をした人が多いんです。その時の僕がすごく嫌な奴だったら、また一緒に仕事をしてはくれなかったと思う。だから今は、すごく感謝してます、以前の僕に(笑)。

――ずっと前から個展をやるのが夢だったんですよね。

【香取慎吾】はい。でも、この会場に下見に来た時に「おかしいな。今までいろんな美術館、いろんなアーティストの個展に足を運んで、“いつか自分がやるとしたら”ってイメージが色々湧いていたけれど、その中にこんな場所はなかった」って思った(笑)。毎回、僕の日常は自分の想像を遥かに超えてきますね。本当に、なんて楽しい人生だ!

■「11歳の時から、ルーティーンのない日常を楽しんでいるのかもしれない」

――この個展はどういう視点に寄って立って、作り上げていくのでしょうか。

【香取慎吾】何ですかねぇ(少し考える)…“サプライズを仕掛けたい”とか、そんな大げさな発想はないですね。あるとしたら、日常の中の違和感を拾って、それをもっと面白くしていく感じです。普段の生活をしながら、「これがこうだったら」みたいなことをよく考えるので、その延長かもしれない。

――今、“日常”という言葉を使われましたが、香取さんに日常はあるんでしょうか。まるで、“歩く非日常”みたいに見えます(笑)。

【香取慎吾】ええっ? 日常?(絶句)。

――何か、ルーティーンってあるんですか?

【香取慎吾】ないですね。ないから僕の日常は面白い。今日もこんな日(取材会)だと思わずここに来ました。大きなプロジェクトが始まる前、たくさんの方の前で取材を受ける。それは仕事上でのルーティーンかもしれないけど、まさかこんな規模になると思って来てないから(笑)。11歳の時から、ルーティーンのない日常を楽しんでいるのかもしれないですね。

――普通の人が送っているような、ルーティーンのある生活への憧れはありますか?

【香取慎吾】ないです(キッパリ)。

――死ぬほど寝たいとか、もう注目を浴びたくない、とか。

【香取慎吾】本当に、ないです。僕が時々思うのは、何か別の経験を経て僕みたいな仕事を始める人たちは、なかなか大変だろうなということ。僕は、子どもの頃からここでしか生きてないから。人に見られたくない、注目される人生は不自由だ、という感覚を経験してきてない。むしろ、ここでしか生きていけない生き物なんだと思います(笑)。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  俳優でアーティストの香取慎吾さんが、3月15日から国内初の作品展『BOUM! BOUM! BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾 NIPPON 初個展』を開催する。
  •  昨年はフランス・パリのルーブル美術館で個展を開いた。
  •  11歳の時から、ルーティーンのない日常を楽しんでいる。
  •  今回は、本来は劇場である会場を使用しての個展となる。

のようですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

香取慎吾 非日常の画像や動画は?

香取慎吾 非日常の画像や動画を掲載しておきます。

香取さんの絵は独創的で、惹きつけられます。

『BOUM! BOUM! BOUM!』は、フランス語で心臓の鼓動音を表しているそうです。

スポンサーリンク

香取慎吾 非日常にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

来月行きます。香取さん演出のSMAPのコンサートも会場に入った瞬間のあの別世界に入り込んだようなワクワクしたのを思い出しました。今回はどんな世界が待っているのかとても楽しみにしています。

行きます^^

グループのプロデュースも、自己プロデュースもできる稀有な人だと思う。すごい星の下に生まれてきたんだろう。人々を楽しませるために努力を惜しまないところは尊敬に値する。

常にどんな時も慎吾くんの心の基盤には
お客様、ファンが一番なんだというその思い
に触れて、朝から感激です。
アートに対する、観る者へも決して押し付け
ではなく、ただただ喜んでくれることを
一番に考えている。
11才からこの世界で生きてきたことを肯定
できる心の強さ、そう言い切れる前向きな
精神は本当に素晴らしいですね。

お客さん第一という、この考え方こそSMAPの真骨頂だね。今でも全員に生きづいていると思う。後輩グループのような、俺が俺が無い稀有な人たち。

なんだろ この感じ
上手く言い表せないけど 悟りの境地?
大変な世界で 煌びやかな反面
辛い事も沢山あったはずで
色々な事を乗り越えてきた人って感じだよね
いい歳の重ね方してると思う
SMAP時代は修行だったのかな
慎吾ちゃんも吾郎さんもつよぽんも
グループでは主張を控えて 各々の役割を徹底していたプロだった
今は 閉じていた大きな翼を広げ始めた様
3人共 すごく かっこいい
あ、オールフリーのCMがそうだった
勝手なこじつけですが
最近の慎吾ちゃんの発言のいくつかは
大野君へのメッセージかな?と思う時が
ありました もしかすると後輩達へ?かな
ツートップに?かな

 

 

しんごくん、お誕生日おめでとう。
やりたい事の夢の一つが叶って良かったね。
コンサートの時の会場では、今回はどんな感じに仕上がっているのだろうと毎回後ろまでグルリと見て堪能していました。
視覚的聴覚的な立体空間の中いながら、メンバーの動きもMCも、とても楽しかったなぁ。
いつもコンサートには今回はどんな感じかなと、ワクワクしながら参加してました^ ^
本当にありがとう〜♬

いつか気が向いたら、またコンサートの企画もお願いします(^_−)−☆

慎吾ちゃん、素敵だ。
さすがエンタメの申し子!

観に行きます♪

>声をかけてくださった人、参加してくださる人は、以前も一緒にお仕事をした人が多いんです。その時の僕がすごく嫌な奴だったら、また一緒に仕事をしてはくれなかったと思う。だから今は、すごく感謝してます、以前の僕に(笑)。

この言葉が全てだと思う。
慎吾のわがままでライブや紅白辞退なんて言われてるけど、全くのガセって事。

全然SMAPファンとかではないが、とても華のあるこの人が表舞台に出てこない芸能界はおかしいと思うよ。

正直SMAPのときはあまり詳しくは知らなかったけど、彼のインスタをフォローしてから彼のエンターテイメント性を目の当たりにして、ついには個展も行くことにしました。楽しみです。

>>人に見られたくない、注目される人生は不自由だ、という感覚を経験してきてない。むしろ、ここでしか生きていけない生き物なんだと思います(笑)。

>>お客さんがなんと言おうと「これが俺の見せたいものだ!」って自分の主張を貫くやり方もあるじゃないですか。でも、僕はそれはしたくない。

嵐が感じていた息苦しさ、沢田研二がドタキャンしてまで貫いたこだわりなどと比較すると、余り例のない突き抜けたタレント意識であり、エンターティナー意識。思ってたより凄い人かも。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

香取慎吾 非日常の初個展!「ここでしか生きていけない」真相は?のまとめ

俳優でアーティストの香取慎吾さんが、3月15日から国内初の作品展を開催する。

『BOUM! BOUM! BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾 NIPPON 初個展』

劇場での体験型の個展とあって、どのようなものになるのか、行ってみないと分からないようです。

長年コンサートなどのプロデュースをされてきた香取さんならではの演出になるのではないでしょうか。

ただの個展ではない、面白さが詰まっているようですね。

このエンターテイメントの世界でしか生きていけない、それくらい人を感動させるのが好きな香取さんならではの企画ですね。

 

 

コメントをどうぞ