スポンサーリンク

堺屋太一 死去で死因は多臓器不全だった?「団塊の世代」生みの親!

ニュース・事件

堺屋太一 死去が注目されています

作家・評論家で、経済企画庁長官も務めた堺屋太一(本名・池口小太郎)さんが8日、多臓器不全のため83歳で死去しました。

「団塊の世代」という言葉の生みの親でした。

スポンサーリンク

堺屋太一 死去で死因は多臓器不全だった?「団塊の世代」生みの親!

作家・評論家で、経済企画庁長官も務めた堺屋太一(本名・池口小太郎)さんが8日、多臓器不全のため83歳で死去しました。

1998年には小渕内閣の経済企画庁長官に民間から起用され、2000年の森喜朗内閣まで務めました。

大阪のためにも、熱心に活動されていましたね。

偉大な作家死去の報道に、お悔やみの声が相次いでいます。

官僚、作家、閣僚など、多岐に渡って活躍された堺屋さんでした。

ベストセラー作家から長官に抜擢されて、すごい経歴の持ち主ですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

堺屋太一 死去の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

団塊の世代」という言葉の生みの親としても知られる作家・評論家で、経済企画庁長官も務めた堺屋太一(さかいや・たいち、本名・池口小太郎=いけぐち・こたろう)さんが8日、多臓器不全のため死去した。83歳だった。告別式は17日午後1時から、東京都港区南青山2の33の20青山葬儀所。喪主は妻で洋画家の池口史子(いけぐち・ちかこ)さん。

 大阪生まれ。東大卒業後、通産省に入省、大阪万博や沖縄海洋博などの企画立案に携わった。在職中の1975年に石油備蓄の必要性を警告した近未来小説「油断!」で作家デビューし、ベストセラーに。76年には、戦後のベビーブーム世代の未来を予見した小説「団塊の世代」を発表し、題名が話題となって定着した。

 78年に通産省を退職し、執筆とイベントプロデューサー業に専念。近未来論「知価革命」(85年)などの経済評論のほか、歴史小説はNHK大河ドラマ「峠の群像」「秀吉」の原作になった。90年には大阪・花と緑の博覧会の総合プロデューサーを務めた。

 政官財界の知己も多く、行革や首都機能移転問題では積極的に発言。小渕恵三・元首相の官房長官時代にブレーン役を務めたのをきっかけに、98年には小渕内閣の経済企画庁長官に民間から起用され、2000年の森喜朗内閣まで務めた。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  作家・評論家で、経済企画庁長官も務めた堺屋太一(本名・池口小太郎)さんが8日、多臓器不全のため83歳で死去した。
  •  「団塊の世代」という言葉の生みの親。
  •  1975年に石油備蓄の必要性を警告した近未来小説「油断!」で作家デビューし、ベストセラーに。
  •  98年には小渕内閣の経済企画庁長官に民間から起用され、2000年の森喜朗内閣まで務めた。

のようですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

堺屋太一 死去の画像や動画は?

堺屋太一 死去の画像や動画を掲載しておきます。

歴史や経済に精通し、才能あふれる堺屋さん。

もう83歳だったとは驚きました。

作家としても、面白い本をたくさん書いて下さいました。

スポンサーリンク

堺屋太一 死去にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

大阪万博成功の立役者である堺屋さん。
次回開催の大阪万博を見ることができなかったのは心残りかもしれませんね。
お悔やみ申し上げます。

歴史に照らして現代を読む視点は、ズバ抜けた才能がありました。

歴史を学ぶ重要性を私に伝授してくれた偉人であります。
ありがとうございました。

再び大阪で万博が開催されるのを向こうで見てて下さい。

大いなる企て、面白かったなあ。さすが経済と政治に詳しい人の切り口で斬新。新しい関ヶ原と新しい石田三成像はこれまでの歴史小説の中で未だに輝いていると思う。素晴らしい作品を残してくれました。私が石田三成を好きになったのもこの素晴らしい作家の影響です。心から御冥福をお祈りいたします。

「経済書作家」としてはものすごい才能あふれる人でした。
経済を語る人はどちらかといえば頑固な人が多く、
自説を曲げないなど陰か陽で言えば「陰」のイメージが
ありましたが、堺屋さんはその自由な発想で周りが
とても考えつかないことを言ったり、時にはユーモア
を交えて話してくれるなど、「めちゃ陽」のイメージで
経済問題を語るなど、唯一無二の魅力がありましたので、
とても印象に残ってます。

ただ、経済企画庁長官を務める前までは「消費者に配慮した
規制改革」を唱えていたはずなのに、その後新自由主義に
賛同してしまったのは残念でした。そこだけは頑固でいて
欲しかったんですが無理でした。

ただ多数の功績を残されたので、その名はこれからも残ると
思います。ご冥福をお祈りします。

経済企画庁長官もやったし、大河ドラマ「秀吉」の脚本書いたのも堺屋さんでしたね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

昔からいろんな意味で影響力のある方だったので、
逆にまだ83歳だったことが意外。

この人の経済の功罪が大きい。
官邸で安倍政権を支えていた人で、「外国人材」を多く入れるべきと提唱していた人です。
これからも、まだまだ外国人が急増して、貧富差の2極化に進み、外国人雇用・永住の米英仏独の二の舞を招いていくので生活が大不安です。

私は行きすぎた小さな政府は反対なので何もかもこの人の言うことは賛成ということでは無かったですが、非常に聡明で分かりやすく東大講義録は面白く自分の知識の幅を広げることができました。早すぎる旅立ちは悲しみ以外の表現が難しいですが、天国でも良い本を執筆しながらみんなの幸せを願ってくれるのでは無いかとおもいます。おつかれさまでした。

「愚者は経験から学ぶ、賢者は歴史から学ぶ」

これを体現された方でした。
わたしの今の人生にも役立っております。
どうぞ安らかに。

小説も、歴史解釈も凄く面白く自分の目の前で起きている現象がどういうものなのかを理解する手助けをして貰った。
新しい著作を読めないのは残念だ。
経企庁長官に就任した時、「政策は経企庁が発表する数字を元に作られる。その数字が正確では無かったらどんな政策も効果を上げる事が無い」と改革に邁進した事を覚えている。

経済学者としてユニークな発想をされていました。日本は長期に亘りGDPが伸びず、デフレにが継続し、最貧国に向かいつつある対策は解っている人(たとえば三橋貴明先生など)はたくさんいますが、いまだ小泉政権の財務大臣のようにグローバリズムの弊害を理解していないような人も多いようです。堺屋先生に説得してもらい日本経済を建て直してほしかったです。残念です。ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

堺屋太一 死去で死因は多臓器不全だった?「団塊の世代」生みの親!のまとめ

作家・評論家で、経済企画庁長官も務めた堺屋太一(本名・池口小太郎)さんが8日、多臓器不全のため83歳で死去しました。

小説「団塊の世代」が出た時には、たくさんの人が衝撃を受けたことでしょう。

官僚と作家と閣僚を経験され、様々な才能あふれる方でした。

また再び堺屋さんの本を手に取りたくなってきました。

 

 

コメントをどうぞ