スポンサーリンク

オシム 憤慨の真相がヤバい?サッカー日本代表の現状は!?

ニュース・事件

オシム 憤慨が注目されています

サッカー日本代表の監督を務めた経験のあるオシム氏から、アジアカップの日本チームの戦い方に厳しい指摘がありました。

先日の日本代表の試合を見て、選手たちの覇気のなさを残念に思ったようです。

日本のために、愛のムチということのようです。

スポンサーリンク

オシム 憤慨の真相がヤバい?サッカー日本代表の現状は!?

サッカー日本代表の監督を務めた経験のあるオシム氏から、アジアカップの日本チームの戦い方に厳しい指摘がありました。

世界各国で豊富な指導歴を持つサッカー指導者のオシムですが、日本代表の試合を見て、残念に思ったようです。

確かにアジアカップ決勝で日本は負け、仲良しでサッカーをやっているようだとの指摘もありましたが、選手たちはどうだったのでしょう。

あちこちから監督のチーム作りにも批判が及んだようですね。これからどうチームを立て直していくのでしょうか。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

とても、とてもいい写真。 #イビチャオシム #オシム #阿部勇樹 #ジェフユナイテッド市原

食いしん坊万歳さん(@stoshi0718)がシェアした投稿 –

アジアカップを見たオシムからは、テクニックを披露したいだけ、という厳しい指摘もありました。

日本代表の選手たちは、どうこたえていくのでしょうか。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

オシム 憤慨の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

 アジアカップ決勝で日本が敗れた。勝敗が決まった時、私は少なからず憤慨していた。そして試合から日が経つにつれ、悲しさと、日本の戦い方を残念に思う気持ちが、私の心を覆うようになっていった。日本サッカーを愛する者なら当然だろう。

 決勝のカードを知った時、私は日本が有利であると考えた。大勢の意見もそうであったろうし、もしかしたら選手たちも――意識はしないにせよ――そう思ったのではないだろうか? 

 だが、こうした考えは非常に危険だ。相手がどんなチームであれ、軽んじてしまえば、自分たちの首を絞めることになる。それがサッカーの掟だ。ただ、日本人は真面目で、何事にも全力を尽くし、ベストな結果を出すために入念な用意をする。だからこうした心配は杞憂だと思っていた。

 ところが……決勝戦を前にピッチに降り立った日本を見て、このチームはアジアカップ決勝という重要な一戦への準備が万全ではないと私は感じた。彼らは、最初の1分から全力で走ってはいなかった。車で言えば、ギアは”ロー”のままの発進だった。このことを見過ごすことはできない。日本は魂のないままピッチに降りた。そしてまるで親善試合のようなプレーを始めた。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  オシムからサッカー日本代表への厳しい指摘があった。
  •  アジアカップの日本の戦い方を残念に思う気持ちからだった。
  •  決勝戦前に日本代表を見た時に、アジアカップ決勝への準備が万全ではないと悟った。
  •  日本代表はまるで親善試合のようなプレーで、鬼気迫る雰囲気が感じられなかった。

のようですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

comeback! #オシム #オシムジャパン #サッカー #巻誠一郎 #阿部勇樹 #工藤浩平 #羽生 #水野 #岡本 #ジェフ黄金時代 #フクダ電子アリーナ #フクアリ #古河電工

フクローさん(@ichiro51suzuki7)がシェアした投稿 –

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

オシム 憤慨の画像や動画は?

オシム 憤慨の画像や動画を掲載しておきます。

やはりオシムには、日本へ戻ってきてほしいというファンがたくさんいます。

オシムから学んだことから、たくさんの日本選手が影響を受けているようですね。

 

スポンサーリンク

オシム 憤慨にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

ご指摘のように、あの試合の入り方はとても緩慢で、日本からの”殺気”が感じられなかったですね

蓄積した疲労が原因なのかとも思いましたが、休養日が1日少ないカタールが、非常にアグレッシブでハングリーなプレーをしているのを見て、これはメンタルやチームワークの無さで負けているのだな、と感じました

今回のアジア杯は全体的にロースタートが目立ちました。
特に決勝は失点後もすぐにギアを上げれなかった。
記事の通り敗因はまさに準備不足でしょうね。
準決のUAE戦をしっかり分析していたならカタールの積極的シュートとその精度も予測出来たのでは?
特に2点目は寄せが甘いし、権田がミドルの反応が遅いのも考えて対応して欲しかった。
逆にカタールは日本の中盤プレスを予測した準備で試合をコントロール出来ていた。
後半開始からメンバーを入れ替えなかったのも理解出来なかった。

確かに開始当初は気が抜けた感じでした。入りは最悪だったと思います。
また、1失点目は事故だと思うけど、やっぱりそういった気の抜けた感じが、あの事故を呼び寄せたのだと思います。もちろん相手の創造性と技術が素晴らしかったのもありますが。

堂安律については、大会通してみると私は失望しましたけどね。

厳しいことを言ったがと言っているが、それで気を悪くする日本人はゼロではないにしろすごく少ないと思う。

「オシムだから」というのもあるかも知れないが、それを知らずに読んでも、しっかりチームを試合を見て論理的に説明されてるのがわかるし、内容も凄く頷けるから。

セルジオさんなんかも日本サッカーへの愛があって辛口トークをしてくれるのだけど、彼の場合は愚痴になってるので、賛否が分かれる(笑)

オシムさんは理知的で、建設的に指摘してくれてて、監督復帰は無理としても、末長く日本代表に提言して欲しいと感じます。

俺は圧勝で大会を終えていたらもうこのチームは次のワールドカップまでもたないと考えていたから、中島や香川が不在で苦しい勝ち方を経験して決勝で敗れるというのは、悪くない結果かなって今では思えています。

チーム構築の初期の段階で我々は完成したと錯覚する事が恐ろしいことで、チームのモチベーションの低下は歯止めがなかなか効かないものです。

その為にも常にメンバーの新陳代謝が必要であり、なおかつメンバーの軸もしっかり固定することも大事。
軸は誰でしょう?

大迫、南野、堂安、遠藤、吉田、富安らと個人的には考えます。
正直、今回の堂安にはガッカリしましたが、彼のようなキャラクターはチームには必要に思います。伸び代も大きいと認識していますので。

問題はGKのように思います。
権田選手が悪いプレーをしたとは思いませんが、試合中の彼の表情が気になります。
悲壮感が感じられるんですよね。

オシムの言うとおり、殺気はおろか気持ちが散漫だった気がする。
一点目、二点目共に完全に寄せが甘く、「打たせても入らないだろうな」って気持ちもあったと思うが、そこを決めきれたカタールが結局「強かった」ってことだけど、今大会は終始オフェンスの課題が目立ったと思う。もちろんDF陣も良くはなかったけど、なんだかんだで完封試合も多かったし、一番は決めきれる形を作れなかった攻撃陣に難があったかな。
堂安は確かに走ってはいたし、何度か攻め込む姿勢はあったけど、怖さは無かった。ミドルももっと打って良かったと思うし、南野や酒井とも連携をもっと深めていければよかったけど、何となくチグハグしていた印象。
ともあれ、これを糧にどこまで修正してブラッシュアップできるか。
コパ・アメリカに期待したい。

 

 

大会を通して、最悪のアプローチでしたね。
横綱相撲を取ろうとしたのか、様子を見てという感じが画面越しに伝わってきていました。
救いはオシムさんのように外部から指摘してくれる人がいることと、吉田選手のように内部にもそれを分かっている人が何人かはいたこと。
巻き返しを期待します。

イラン戦での大勝が心理的なゆるみを作ってしまったのもあると思う
ゲームの作り方がかなり悪かったし、必要な事が出来てない印象を感じた
こういう言い方は好きではないが、負けるべくして負けたという試合だった

あと堂安はカットインが強みだけど、そればかりになっていて脅威にはなってなかった気がする
長友みたいなオーバーラップしてサイドを大きく使えるSBの選手と合わせないと、サイドを効果的に使えないと思うから強豪相手になったらさらに厳しそう

試合が始まった後は感じていたが、試合開始前からそれを予想できるとは流石です。一流の経歴がなせる業でしょう。
 指摘はその通りで日本には今試合を動かせる選手がいない。ボランチとかパサーとかそういう意味ではない。香川と長谷部はコーチングで試合を動かし自ら率先することで試合を動かしていた。今の中盤の5人には大きく欠如している。
選手の中でこの素質、実行があるのは長友ゴリぐらいでありこの先の大きな課題である。年齢を考えれば吉田大迫あたりがココらへんはしっかりとやっていなくてはいけない。
この試合で試合を動かしたのは日本自身ではなく「相手チームの疲労」以外の何物でもなかった事は特筆に値する。日本が自発的修正をできないのが顕になった。もちろん選手だけではなく監督の采配含めてである。負けているチームの采配には見えなかった。
負けるべくして負け課題が明確になったのは良い事。負けるほうが成長の機会は多い。

チームプレイに徹したら個で打開出来ないと言われ、個で勝負して上手くいかなければチームプレイに反すると言われる。

しかしながら、オシムさんがおっしゃっているのは揚げ足取りではなくチームプレイに徹するところと個で勝負するところの住み分け的なところかと思います。

物事は突き詰めると必ず矛盾に到達しますから、チームプレイの重要性とは?どういった場面でエゴを出して個で勝負するか?という今までの日本代表では到達出来なかった本質的に素晴らしい境地に達しつつあることと思います。

個人的に若手では南野はチームプレイに、堂安は個に偏りすぎた印象があります。今までそうならないバランスを作っていたのが仕掛けもパスもシンプルにフランクに選択し実行出来る中島なのかと。

それぞれが適切な判断が必要ですね。今回の敗戦を糧にそこにも磨きをかけてコパではネクストレベルに到達した日本代表になることを期待しております!!

日本への愛情をとても感じました。ありがとうございます。
ますます、オシム監督が好きなりました。

本当にオシムの言う通りだな。個人的には監督の力が無いように感じたね。前半悪い内容でもハーフタイムで修正できれば良かったけど森保監督は何もできなかった。もっとサイド攻撃を徹底すれば良かった。森保は監督に向いていないと思うよ。せいぜいコーチがいいところだな。良い監督はオシムのようによく喋るし自分の哲学を持っている。森保に限らず日本人監督は哲学をはっきりと言わない人が多い。柔軟性のあるサッカーとか森保も言っていたが結局何も対応できなかったのは事実だ。個人的には早めに監督を交代させた方が良いと思うね。有能な外国人監督を招集してほしい。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

オシム 憤慨の真相がヤバい?サッカー日本代表の現状は!?のまとめ

先日のアジアカップを見て、サッカー日本代表の監督を務めた経験のあるオシム氏から、日本チームの戦い方に厳しい指摘がありました。

世界で有名なサッカー指導者のオシムが、日本代表の試合を見て、残念に思ったようです。

選手の、勝利に対する気合が足りていない、ということでしたが、ファンからは森保監督の采配を指摘する声もありました。

今後の日本代表の動向が気になります。

 

コメントをどうぞ